CORPORATE MESSAGE JOB WORKPLACE INTERVIEW

INTERVIEW

社員インタビュー

管理部

ITサポート担当

Sato

Q1
仕事内容

他部署からの依頼に沿ってより効率的な結果が出るか等の集計業務や、業務用PCのキッティング作業、社員の皆さんが働きやすいようにPCに不具合が出た際の調査などのテクニカルサポート業務を担当しております。
最近はリモートワークが増えたことで、リモートワークに必要な環境設定や、遠隔操作にてサポート業務を行ったりと新しい業務も増えております。

テクニカルサポート課は社内でも特にフットワークが軽いスタッフが多く、役員自らが不要な段ボールを進んで片づけていたり、自発的な動きが求められるチームです。
これからも人をサポートする仕事が好きな方やフットワークが軽い方と一緒に働いていきたいです!

Q2
仕事のやりがい

知らなかった知識や得た知識を活用して社内でサポート業務ができることにやりがいを感じます。
うまく行かないことに対して調査学習することで知識が増えていくこともやりがいの一つです。
テクニカルサポート課は他部署から業務内容が見えづらいチームかも知れませんが、自分が第一線に立たなくても、他の人ができない部分を助けたりサポートする縁の下の力持ちなところが魅力だと思いますね。

Q3
コアテックに入社したきっかけ

家族との時間を大切にできると感じたこと。

元々仕事が好きだったので前職までは仕事中心の生活だったのですが、子供が生まれることになり働き方を切り替えなければいけないと思いました。前職は拘束時間が長く子供と過ごす時間がなかなか取れなかったのですが、幼いころの記憶は大切だと思い転職を決意しました。コアテックは残業も少なく休みも取りやすい環境だったため、入社を決めました。

また、面接の際に皆さんの人柄が良いと感じました。普段は緊張しやすいタイプなのですが、面接では緊張せずに話すことができそのままを受け入れていただけた点も決め手となりました。
もちろん、自分が持っているスキルが多少でも力になれると感じたこともありましたが、一番は家族との時間を取りやすい点が入社を決めたきっかけとなります。入社後は、平日も休日も家族との時間を取ることが出来、面接時の説明とのギャップはなく働けています。

Q4
ワークライフバランスについて

子供との時間を取りたいと考え転職を決意

今までは仕事中心で生活をしていましたが、コアテックに入社してから家族の為に休みが取れるようになり本当にありがたく思っています。
休日も仕事のことを考えて生活していたのですが、今はそういったことが一切なく、休日・退勤後は仕事のことを考えずに家族に接していられるので、両立というよりも仕事と私生活をはっきりと分けて考えられています。
面接時に「子供が起きている時間に帰宅したい」ということをお話させていただき、今はそれが叶っていますね。

 

充実した趣味が軸となって、アクティブに仕事にチャレンジできる

子供がいると役所に行く機会が多いのですが、コアテックの制度として時差出勤などが利用できるため、働きやすいなと思います。
最近第2子が産まれた際も配偶者出産時の特別休暇を利用して休みを取ることができて当日に子供に会えたました。こうした制度があって良かったと思います。
この制度については自分では気づいていなかったのですが、子供が生まれるというときに上司や人事の方からこういう制度があるよとすすめてもらい利用いたしました。

自分が知らないことも、相談した際に一番メリットがある制度や使い方を案内していただいたり、子供の保育園に提出する際の書類を早くにいただけるなど人事の方や周囲のサポートが厚く有難いです。
上の子が僕のことが大好きなので、今は朝から晩までべったりしながら上の子の面倒を見ています。
テクニカルサポート課はリモートでも仕事ができる環境ですが、リモートワーク時は子供がべったりで仕事ができないので(笑)、全日フル出社しています。フル出社ではありますが、定時に退社して子供との時間もしっかりとれています。

子育てとの両立が叶う職場

他の部署では男性で育児休暇を取っている方もいらっしゃるそうで、僕の場合も上司から育児休暇の取得を進められました。(仕事との兼ね合いで断念しましたが…)家族との時間を大切にしたい方には男女問わずベストな環境だと思います。

お子さんがいて、家族の時間と仕事とのバランスに悩んでいる方がいらっしゃいましたら、残業ができないことや休みを取ることが仕事の足枷にならないコアテックを検討していただきたいと思います。

Q5
休日の過ごし方

子供中心の休日です。子供と公園に行ったり、買い物に行ったり、朝から晩までべったりなので、ずっと一緒ですね。
コアテックに入社したことで、休日など一緒にいる時間が増えてよかったねと家族と話しています。

Q6
今後の目標

今後の目標はテクニカルサポート課の人数も多くなりましたので、自分のことだけではなくチーム全体を見ていけるようになりたいですね。これからコアテックの社員も増え発展していく中で、より多くの人へのサポートをどう実現していくのかを考えられる人になりたいし、そういう課にしていきたいと思います。
プライベートでは、やはり子供との時間を多くつくって思い出をいっぱい残してあげたいと思いますね。

1DAY SCHEDULE

OTHER INTERVIEWS

Sho
Sato
mikit
Cho
Unagi
YOU
TESSY
Wang
SEI
Matsya
Chisa
TOP