信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • レビュー

    最近読んで面白かった本

    サイトリニューアルしましたね!ということで、最近読んで面白かった本を紹介したいと思います。近頃は蚊が出てきましたがちょっと前までは虫もほとんどいないし暑すぎないしで、連休や週末は庭のベンチでダラダラと読書できてました。乱読感があるけれど一応興味のある分野のものです!脳のなかの幽霊V・S・ラマチャンドラン http://amzn.asia/hAb4WJS脳科学などの本でよく引用されてた本です。脳と体について著者が出会った患者の奇妙な症状を実例にわかりやすく解説されててなるほどなるほどと楽しく通読できます。常識とか普通とはなんだ?ということだと思います。内容が若干重複しますが「脳のなかの天使」 http://amzn.asia/5bXW9ARもおもしろいです。 一四一七年、その一冊がすべてを変えたスティーヴン グリーンブラット http://amzn.asia/7Ob9RCe『物の本質について』の著者ルクレティウスや宗教の腐敗などを軸に一冊の本から知る文明史です。切り口も言いたいことも好きです。全米図書賞、ピュリッツァー賞受賞らしいです。リアリティのダンスアレハンドロ・ホドロフスキーhttp://amzn.asia/3VLZyjMホドロフスキーのパワフルな自伝です。映画「ホドロフスキーのDUNE」を見ればこの人の魅力がわかるはずです。イマジネーションの限界を押し広げる啓蒙活動を映画やサイコテラピーで実践している人です。全開でドバドバ出すけどかっこよく締めます。映画「ホドロフスキーのDUNE」→映画「エンドレス・ポエトリー」→映画「リアリティのダンス」→この本→「エル・トポ」や「ホーリー・マウンテン」などを辿るのがいいと思います。ゴダール 映画史(全) ジャン=リュック ゴダールhttp://amzn.asia/6kpFRLr口語文なのでゴダールの小難しい考え方が理解しやすかったです。映画で挫折しててもこれを読めばゴダールに興味が沸くはずです。少なくとも僕はそうでした。全然笑わない人らしいですがなかなか笑えます。映画なら「ウィークエンド」「軽蔑」が好きです。神々の沈黙―意識の誕生と文明の興亡ジュリアン ジェインズ http://amzn.asia/2w3pECvデヴィッド・ボウイの愛読書100冊にも入っているとか。ものすごく独特な意識や無意識の文明史です。良いとか悪いとか正しいとか間違っているとかではなく、かっこいい。という感じです。「意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた」http://amzn.asia/duGkIoW の意識についての仮説とは全然違う。自然の家フランク・ロイド・ライトhttp://amzn.asia/cAy8JKb建築専門用語などもほとんど出てこないし、さっとライトの建築論が読めました。住居と自然。生活するということ。など。引越し先を探しているときなどに読むと選択基準が大きく変わりそうです。エコでいいです。卵のように軽やかに: サティによるサティエリック・サティhttp://amzn.asia/eBnQQFAサティのことを思うとなぜか泣けます。題名もいいですね。性の政治学ケイト・ミレットhttp://amzn.asia/fIyvwIMフェミニズム運動でバイブルのように扱われたケイト・ミレットの本です。長かったけど考えさせられることが多かった本です。そもそもさ。っていうところの話です。火星の人類学者―脳神経科医と7人の奇妙な患者オリヴァー・サックスhttp://amzn.asia/1QDO92Lレナードの朝の原作者としても有名なオリヴァー・サックスです。「最後のヒッピー」「トゥレット症候群の外科医」「火星の人類学者」がとくに面白かったです。ちょっと偏ってるかな、とも感じる所もありましたがおすすめです!芸術・無意識・脳―精神の深淵へ:世紀末ウィーンから現代までエリック・R・カンデル (http://amzn.asia/isW3BH5最近興味のある分野をまるっと包んである本でした。特に芸術についてはウィーン分離派あたり(クリムト・シーレ・ココシュカ)だったのでツボでした。そのへんを絡めてくれるので、脳の話についてもなんとかついて行けたり無理だったりを繰り返しました。良い本だと思います。高いけど。以上です!
  • レビュー

    コアテックコーポレートが生まれ変わりました!

    コーポレートリニューアル後初投稿となります。つらつら社長の自己紹介しても仕方ないので端的に私は①入社7年目②プログラマ入社③この業界の前はコンサルです。昨年11月末に代表指名を受け社長に就任しました。代表になっても私自身はエンジニアとしての気持ちはずっともっていたいですし技術研鑽も今後もしていきます。エンジニアは水や電気と一緒でできて当たり前、動いていて当たり前の仕事で辛い時も沢山ありますが難しい機能やまだ誰もやったことの無い機能を実現し自分の成長を感じられたり、納期ギリギリで苦しい中一緒に仲間とたまにぶつかりつつも頑張り無事リリースできたり、お客様の想像通りの機能を実現して喜んでもらえる時は無上の喜びを得ることができます。今働いてくれているエンジニアの皆さんにはただ機械のように言われた機能を作るだけではなく上記のような喜びを仕事を通して感じ成長を実感してもらいたいし、多くのエンジニアの皆さんがそう感じられる環境を作っていくのが私のミッションです。創業時期から年々売上も利益も増収増益を繰り返しておりますし70名に拡大した今であってもありがたい事に各所から沢山の仕事のご依頼を頂いておりますが昨今の日本のエンジニア不足事情もあり需要に答えるために2018年5月に海外に子会社を設立しました。https://core-tech.tw/設立1ヶ月たたずして既に4名の入社が決まっており年内30名のエンジニア確保を目標として動いております。これからも多くの仲間と一緒に成長し多くのお客様の願いを叶えられるように動いていきたいと思っております。まあ…私はプログラマなので思うのかもしれませんがものづくりって本当に楽しいですよね!コアテックは今年で創立10周年を迎えます。10周年という記念の年にコーポレートサイトをリニューアルしたのは偶然ではありますが、制作会社である以上、発信し続ける姿勢は変わらず持っていたいと考えます。弊社が持っている技術・知識を発信しつつ、コーポレートサイトにて披露して参ります。
  • テクログ

    Amazon Rekognition でサクッと画像解析する!

    皆さん、AWS使ってますか? 今回は 「Amazon Rekognition(レコグニション)」 を紹介したいと思います! 最近バズワードでなくなりつつある AI 系サービスです! 「画像や動画の分析を簡単な API で使っちゃおう!当然サーバレスで!」 みたいな感じです。 主な機能は、  ・画像内の物体、概念、シーンにラベルを付与 ・アダルトコンテンツかを検出 ・どんな顔をしているかを分析 ・有名人かどうかを判定 ・顔が似ている割合を確認 ・画像内のテキストを抽出 ・動画内の物体、人物などを検出 など多岐に渡ります。 料金も非常に安く環境の構築や運用も不要なので、気軽に試せるかと思います。 当社が管理しているサイトでは、ユーザーが画像や動画を投稿するコンテンツがあるので、それらを分析するロジックに活用できないか検討しているところです。 皆さんも是非お試しください! それではまた!
  • テクログ

    古いGitレポなんかにいられるか!私はCodeCommitにさせてもらう!

    この後すぐ、もしくは後半で藪の中とかで死んでるのが見つかるパターン。 …で、CodeCommitにしたいんです。CodeCommitじゃなくてもいいですが、旧Gitから新Gitへ変えたい。…だけどスパッと切り替えられないんだよねーなかなかねー。 …というときのために。新・旧Git両方にpush。です。 ひとことでいうなら『いま使っているレポジトリのリモートレポジトリ設定に新のURLを増やせばいい』ということです。 丁度使ってたSourceTreeの手順を書いてみますね。(1)旧レポジトリで、右上の「設定」を押します。(2)origin を選択して 「設定ファイルを編集」を押します。開くエディタを聞かれるので、開きます。 これが開いたファイルのイメージです。サンプルです。このファイルの、「pushurl」を2行にします(下に一緒にpushしたいレポジトリ指定を追加します)↓こんな感じになります。    編集後、保存してSourceTreeに戻って、pushテストをしてみましょう。新・旧両方に反映されていればOKです! スムーズに移行したい~
  • テクログ

    CloudFront で爆速サイトに!

     皆さん、AWS使ってますか? 今回は 「CloudFront(クラウドフロント)」 を紹介したいと思います! 巷で話題(?)のCDNでAWSが提供しているサービスです。 「全世界に分散配置されているエッジサーバにコンテンツをキャッシュして、アクセス元に近いところから超高速にレスポンス返しちゃおうぜ!」 みたいな機能をサーバレスで簡単に実装できるサービスです。 主なメリットは、  ・サーバレス ・費用対効果が高い ・設定が簡単 ・全世界に展開されたエッジ ・AWSの各サービスと連携できる あたりでしょうか。 DDoS対策としては、AWS WAF や Shield で保護できますし、使わない理由が見当たらない! 当社が管理しているサイトでは、静的なコンテンツ(画像・動画・CSS・JSなど)をCDN配信しており、動的なコンテンツについてもCDN配信に向けて検証中です。 皆さんも是非お試しください! それではまた! 
  • テクログ

    MacをWindows風に使ってやんよVol1

    こんにちわ。パグです。 最近コアテックもWindowsとMacが選択できるようになりました。 私は、プログラマー歴10年目ですが、実はMacを使ったことがなかったので・・・ 思い切ってMacを選択してみました。 というのも、Macって、テストの時にブラウザいじるくらいだったんですけど、 もうキーボード、マウスからしてぜんぜん違う。textに文字打てないやん。て。  今回移行したことによりWindowsってすごい簡単に使えるようになってるんだなぁとか これ、便利だったなぁと思うことが多くて!もうこの際、MacをWindows風に使ってやる〜!!!と 使い倒してやる〜と思った次第です。 これからWindows→Macへの以降を考えている方の参考になれば幸いです。  まず、MacってDIR構成がわからなかったんですよ。どこに何があるのよ!?って。 なので、Windowsと対比するように、自分なりに整理してみました。 WindowsってMyDocumentがあるじゃないですか。 C:¥Users¥の下にある程度その使ってる人の色々なものが入ってるやつ。 これが、あたりを見回してもない・・・ Windowsで一番素晴らしいんだなって思ったことって「エクスプローラー」です。 もちろんMacもDIRを階層的に使うことのできる「Finder」というものがあります。  Finderからなんでも見れるんですけどそもそも探し方がよくわかんない。 「どこに何が!!!」って思った人はまず、自分のDIRの階層を見てみましょう。  Finder>アプリケーション>ユーティリティ>ターミナル.app で黒い画面さんを開きます。 これがWindowsで言う所の、「コマンドプロンプト」的なやつ。画面が起動したら 「ls -l」と打ちます。するとC:¥Users¥配下と同じくユーザーの全てのDIRが出てきます。  これがこのStaffユーザーの全てよ!!!これに簡単にアクセスできるようにショートカットを作っちゃいます。  「pwd」と打つとじぶんが今どのDIRにいるのか確認できるので、Finderさんで見てみます。 移動>フォルダへ移動>から「pwd」で表示したUsersを打ってみます。一番上に表示されているstaffが私のMyDocument的な奴になります。ここで右クリックして「エイリアスを作成」でショートカットができました。ショートカットができたら、Desktopに設置してしまいましょう。これで、いつでも自分のDIRにアクセスすることができます。もし、右クリックしても何も出ないよ〜。となった時は・・・りんごさんマークからシステム環境設定からマウスの右クリックが有効になってない可能性があります。 はい。こんな感じで。ついでに、一つ前の画面に戻ってキーボードもWindows風にしちゃいます。CapsLockの位置がCommandボタンじゃないと慣れるまで打ちにくい・・・Windowsだと「Control+C」とかさ「Control+S」とかさ小指で打てるのに〜〜!!CapsLockを滅多に使わないのであれば、この部分をCommandButtonにしちゃいましょう。これでコピペもサクサク!!ってことで基本設定したとこで、次回はVagrantにApache、PHP入れて環境構築してみますー。ではでは。