信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • 雑記

    ゲインロス効果

    こんにちは学校や職場、家でもそうですが「教育」が絡む現場ではこういう言葉を耳にしませんか?「●●ちゃん、すごい!成長したね」元々出来なかったことが出来るようになったときに使われる言葉なので確かに●●ちゃんは成長したと言えますし、それは素晴らしいことです。ですがこの言葉が「評価」として使われ始めるときに、自分は立ち止まって考えようと気をつけていることがあります。皆さんは「ゲインロス効果」という言葉を聞いたことがありすか?人の心理状況において、プラスとマイナスの変化量が大きければ大きいほど、人の心に与える影響の度合いも大きくなる、と心理学では言われています。例えば①普段真面目な人②不良この2名がゴミ拾いをしていた場合、どちらのほうが心が動かされるでしょうか。多くの人が「不良がゴミ拾いをしていた場合」だと思います。これはまさしく不良ということでその人の印象がマイナススタートしているところから「ゴミ拾い」というプラス要素への振り幅が大きいことで、こちらの心理が受ける影響の度合いも大きくなるという状況を表したものです。ゲインロス効果については様々な実験結果がありますが、ここでは割愛させて頂きます。話を戻しますと、誰かの成長について「成長したね」と言うことは確かに大事なのですが、それを評価しなければいけない場合は、我々にはこういう心理が働くことを理解した上で、「その人は本来求めるレベルまで成長したのかどうか」をきちんと見極める必要があると感じています。また逆も然りで、この心理でいくと元々優秀な人は少し良いことをしても評価されにくい側面があるということも意識しなければいけないなと思う日々です。

  • 雑記

    最近ハマっているもの

    ポケットオペレーターというものにハマっています。それは何かというとスウェーデンの電子楽器メーカーTeenage Engineeringから出ているとっても小さなシンセサイザーです。コンパクトながら音はそこそこ分厚く、ステップシーケンス、エフェクト、内臓スピーカー、シンク機能など搭載していて別の機器とオーディオ信号でシンクロさせることができます。ポケットオペレーターはシリーズ化していて10種類以上あるので、自分の好みのものを複数台購入してシンク機能で拡張していける面白さが魅力です。https://www.minet.jp/brand/teenageengineering/top/操作性も簡単で触ってるだけでも楽しく、ガジェットとしても魅力のあるフォルムなためコレクション欲求を刺激されたようで、プレゼントで1台もらったところから始まって、そこから約1ヶ月で3台購入してしまいました。現在の所有内容は以下です。PO-32 tonicPO-33 K.O! ×2PO-12 rhythmサンプラー2台とドラムマシーン2台というような構成です。最近物欲がなくなってきていて、そんな感覚をわりと気に入っていたんですが、だめです。この流れで、「さらにこれをこうするためにはこんな機器が必要。つなげるためにはこんなケーブルも」みたいに物が増えていきます。エフェクター3台とオーディオインターフェイスを手も入れ、まだまだ欲しいものがamazonやらサウンドハウスのカート内に溜まっています。まあでも、音楽機材ってきれいに使っていると購入時と同じくらいの値段で売れることも結構あるし、ものによってはプレミアがついて高く売れたりもするので、どんどん増えてくけど最終的に売れるしいいかな。とか思ってしまい高価な機器を狙い出すので気をつけます。

  • レビュー

    ドニー・ダーコ

    2001年の映画でジェイク・ギレンホール主演(実姉のマギー・ギレンホールも出演)の映画です。1度みただけではわからない難解な映画としてよく名前があがる有名な映画です。物語はある日、銀色のうさぎに「世界の終わりまであと28日と6時間と42分12秒」と告げられて始まります。登場人物も特徴があったり伏線があります。考えたりするのが好きな人やサスペンス系の映画が好きな人なら楽しめると思いますが、とにかくよくわからなく鑑賞した人に映画を考えてもらいたいというメッセージがあるように思えます。難解な映画は他にもありますが、このドニー・ダーコは公式からの物語の説明が存在しています。※たしか海外サイトだったので英文だったように思います自分で考えた事の答え合わせをする事が出来ますので説明の内容はともかく、「答え合わせの出来る映画」としては楽しめるのではないかと思います。自分の場合ですが、公式の物語の説明の内容を見てびっくりしました。

  • 画像:ブログサムネイル

    雑記

    人生時計を紹介します

    はじめまして!2020年11月に入社しました、しょーきです!初めてのブログ投稿になります!何か新しい事を始める時に、「今からでも大丈夫なのかな」と不安になること今までに無かったでしょうか??「転職」が僕にとってはその不安のタネでした。前職がWebとは無縁の仕事からWebエンジニアへと転身しましたが転職を決めたのは27歳後半で当時は既に前職を辞めて時間が経っており年齢やブランクを考えると遅いかもしれない、と不安になりました。(実際、ネットにも年齢がモノを言うと書いてあってなお不安に。笑)そこでやってみたのが、人生時計(http://s-deck.jp/lifeclock/)です。↑サムネイルおしゃれにする為に、載っけてます!笑平均寿命を24時間で計算して今の自分は何時何分を生きているのかが分かるというもの。客観的に自分の年齢や、この先の人生の長さが実感できるのでなかなか面白いです。これを元にすると転職を決めた当時の僕は、午前8時過ぎだそうです。コアテックは10時始業で世の中9時始業が多いと思うので、まだ仕事が始まっていません。起きて支度して、これから家を出るような時間でしょうか。人生100年時代と言われているので、もっと時計は巻き戻るかもしれません。朝の家で過ごす時間が準備期間なのだとしたらまだまだ自分の人生これからだなって思えるようになってきて遅いとか思ってたけど、むしろタイミング良いんじゃないかとさえ感じるようになりました。それから自分なりに精一杯頑張って、おかげさまで無事にコアテックに入社する事が出来て非常に充実した時間を過ごしている中でこのブログを書いております。笑僕の祖母は、既に人生時計2日目に突入していますが水泳大会シニアの部で優勝したそうです(笑)昨年からはスマホでLINEをするようになりました。趣味はスポーツジムとトレッキングとカラオケだそうです。いや、ファンキー過ぎるぜおばあちゃん!!笑ただ、そんな祖母を見ていると何を始めるにも生きてりゃ遅いなんてことはないって、強く思い知らされます。スマホにLINEだなんて、一般的に高齢の方々が毛嫌いしてしまうようなものにも好奇心を持って実際に使ってみるその行動力は自分も何歳になっても持ち続けていきたいなと思います!是非、一度ご自分が今何時何分を生きているのか覗いてみてください。そしてやりたいことをお持ちでしたら明日ではなくすぐに行動へ移してみることをお勧め致します!!

  • テクログ

    超便利なツール「Magnet」って知っていますか?

    初めまして!11月からコアテックに入社しました、りょうたです。今回はMacの使い勝手をよくする Magnet というツールを紹介させてください!パソコンで作業している時、複数の画面を同時に開いて作業したい時ってありませんか?僕はエディタとブラウザを同時に開いて作業することが多いです。そういう時、みなさんはどうしていますか?えっ、手動で画面表示サイズを調整しているんですか!!それ、めっちゃくちゃ面倒じゃないですか、、僕も最初はそうしてたんですよ。でも頻繁に画面を切り替えたり見比べるので、それはもう骨が折れすぎて粉々になるくらい面倒な作業でした。一応Macには標準で画面分割する機能があるのですが、これが使いづらい、、そんな悩みを解決するのが、このMagnetというツールなんです!!ショートカットキーで画面を簡単に分割できるんですよ。例えば、controll・option・←または→ で左右分割、controll・option・↑または↓ で上下分割、controll・option・U, I, J, K でそれぞ左上・右上・左下・右下に4分の1分割といった具合にやることで、左右に分割:左上・右上・下に分割:こんな感じに一瞬で分割してくれます。一つの画面だけを全体表示にしたければ、controll・option・Enter 同時押しです。難点は、、、有料(500円)です(泣)でも僕は10秒使って思いましたね、「ああ、元とったわ」って。作業効率が上がること間違いなしなので、是非試してみてください!探すのが面倒な方はこちらからどうぞhttps://apps.apple.com/jp/app/magnet-%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88/id441258766?mt=12

  • イベント

    箱根駅伝の完全に個人的な感想

    初めまして!まっちゃんです。昨年、10月に入社させて頂き、記念すべき1回目のブログです!宜しくお願いします!今回はタイトルにもあるように第97回箱根駅伝の完全に個人的な感想を書きたいと思います!【大八木監督率いる駒澤大学逆転劇!!】これを無くして今回の箱根駅伝は語れないでしょう。まず往路優勝の創価大学は箱根から一切の順位を落とさずアンカーへ襷をつなぐラストランナーに襷が渡った時の2位の駒澤大学との差はなんと3分以上おそらく誰もが創価大学の優勝を確信したと思います。それが、なんと3分あったはずの差が1分に縮まっている!選手の顔を見たら一目瞭然!創価大学の小野寺くんの顔が険しい・・・一方、駒澤大学の石川くんは前だけを見て、走っている。「これはひょっとするのか?」ラスト2キロ。ひょっとしました。ドラマでしたね〜もう泣いちゃいました。笑※個人的には大八木監督大好きです!【常勝軍団 青学の復路の追い上げ】常勝と言われていたエメラルドグリーンの青山学院大学去年は素晴らしい戦いの末、総合優勝はやっぱり青学。青学強い今年も青学か?しかし、往路の出足からどうも青学の調子が悪い。1区は6位 2区は13位 3区は11位ん?青学が全然上がってこない。様子がおかしい。どうやらキャプテンが年末に複雑骨折をしてしまい出場出来なかったことが影響していると判明往路の結果はまさかの12位おかしいと誰もが感じていながら二日目スタート結果はなんと12位から4位へ素晴らしい追い上げ復路で見せつけてくれました。青学の底力。来年のエメラルドグリーンが楽しみです。【個人的要チェック選手】東京国際大学 華の2区を任された ヴィンセント(通称ヴィンちゃん)すごい。速すぎる。笑あっさり6人抜いていき、走り終えた後も肩が上がっていない。来年も出ます。要チェックです。(ちなみに東京国際大にもう一人ヴィンセントさんがいるのはびっくりしました。笑)1区区間賞 法政大学 鎌田くんかなりのスローペースでスタートした今回の箱根駅伝途中あれ?俺抜かしていいの?なんでみんなこんなゆっくりなの?のような表情に見えたのは私だけかもしれませんが、2区に襷を渡した後のガッツポーズ堂々の1位来年も楽しみです。青山学院大学 近藤幸太郎くん走り終えた後、楽しそうだったんですよ。3人も抜いて、20k以上走ってきたのに、楽しそう。笑まだまだ走れるんだなと勝手に余力を感じました。笑今年まだ2年生。来年も快走期待しています!以上、つらつらと駅伝熱を語ってしまいましたが、なんといっても、このコロナの中で大会が開催出来た事が何よりだと思います。とても一視聴者として楽しませて頂きました!来年こそは、沿道の応援復活!そしてやっぱりアンカーが走ってきたゴールの先は仲間と監督に迎えられてみんなで抱き合っている姿を見たいなぁと思いました!(今回はコロナ対策の為、チームメイトは会場ではなく別控室でゴールを見守る形でした)「勝負は下駄を履くまで分からない!」来年も楽しみたいと思います!!