信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • テクログ

    マテリアルデザイン

    こんにちは。じゅんちんです。マテリアルデザインとは、本当に簡単にいいますとGoogle純正アプリケーションのようなUIデザインです。webでアプリのような見た目を簡単に実装できたらいいですよね。Vueでマテリアルデザインを手軽に適応できるVuetifyといったフレームワークがあります。タブ実装に関して困ったことがあったので共有したいと思います。タブの切り替え実装するv-tabといったタグがあるのですが、リファレンスの中では、スライド以外のアニメーションが紹介されていないと思います。フェードで、内容を切り替えたいのに。。。そんな場合はどうするかというと、自作したアニメーションを以下のように適応する必要があります。v-tab-itemにtransition (タブを進めた時のアニメ)reverse-transition (タブを戻した時のアニメ)を記載します。この属性を自作したフェードのアニメーションCSSと紐づく名前しすればフェードで切り替わるようになります。具体的にはタグは以下のような感じになります。my-fadeがcssの紐付けになります。  <v-tab-item   v-for="i in 2"   :id="'tab-' + i"   :key="i"   transition="my-fade"   reverse-transition="my-fade"     >適応するフェードのアニメーションは以下のような感じでできます。v-tab-itemと同じコンポーネントのcssに記載すればOKです。<style scoped>.my-fade-enter-active, .my-fade-leave-active { transition-property: opacity; transition-duration: .25s;}.my-fade-enter-active { transition-delay: .25s;}.my-fade-enter, .my-fade-leave-active { opacity: 0}.my-fade-leave-active{position: absolute;top:0;}</style>
  • イベント

    台湾、台北101ではたらく

    ごきげんよう、すけさんです。入社して1年半。台湾に来て半年以上が過ぎました。日本の会社の忘年会のため、一時帰国していましたが再び台北101オフィスで勤務します。■出国光り輝く伊勢の海を超えてセントレアを旅立ち台湾へ■核心技術忘年会忘年会会場へ着いたご飯豪華景品有のビンゴ大会 ※私は当選せず(; ・`д・´)1口100元で購入可能な宝くじ抽選など、かなり盛り上がりました。2次会へカラオケバー※普通のカラオケバーです銀だこあるのに驚いたりしながら帰りましたお疲れ様でした。なお、事業拡大につき積極採用活動を行っております。・コアテック求人情報https://core-tech.jp/jobs/career/offer/・現地採用情報https://www.104.com.tw/job/?jobno=65wsu台湾で働いてみたい方には特にお勧めです。
  • レビュー

    スマブラ

    テーレテーテテテテーレーテテーテー↓レーテーテテテテーレテレーテーレレーテテテテーレレレー↑テー↑レレテレレテーレーレレーレーレレー↑楽しいです
  • レビュー

    怖い話の話

    こんにちは、すじこです。急に寒いですね。先日夏日があったせいで最近はかなり寒く感じますが、これでも冬の平均気温なんだそうです。うそん!さて、こんな時期はあったかい部屋でホラー映画です。完全に安心できる環境での鑑賞は、ほんとうに怖いものが好きな方に怒られそうですね。けれど、ゾッとするもの見たさがありつつ、怖すぎるとやっぱり観る勇気が出ないのが悔しいところ…。そういうものは予告を見るだけで精一杯で、廊下の距離がたちまち長く感じます。じゃあそれって楽しめてるのか?というと、あらすじや恐怖となるものの風貌のほか、シチュエーションやアングルでグッと来るものを探して、ひたすらその雰囲気を味わっています。とってもぬるい…(⌒▽⌒)そんな自分が、いままでに観たなかから所感をあげてみようと思います。怖いものが苦手だけど見てみたい!という方はぜひ参考にしないほうがよいかもしれません!☆おすすめ                                「IT」…    子供達vsピエロ。    1990年の旧作と2017年のリメイクがある。    後者は刺激強めだけど、スタンドバイミーな青春シーンが    ちょいちょい挟まっているので和める。    前者はピエロがただただ怖い。「シックスセンス」…    オススメするよりも既に知ってる人がほとんどかも…?    霊感のある少年が、様々な霊のお悩み相談を聞いていく話。    ラストを見たらもう一週したくなる。☆安心レベル                               「クリムゾンピーク」…    舞台が幻想的なので怖さなんて気にならない(?)「イット・フォローズ」…    怖さよりも、薄気味悪さがずっと張りついてる感じ。「パラノーマル・アクティビティ」…    録画画面越しのシーンが多いので安心。    続編につれて怖さ慣れしてしまうので、1がちょうど良い。☆緊張感あり(ちょうど良い怖さ)                     「ライト/オフ」…    電気を消すことがなんとなく怖くなります。「MAMA」…    ファンタジー色かなり強め、後味不穏。「エスター」…    人間が怖い。「キャリー」…    主人公が怖い。「アナベル」…    人形が怖い。「ドッペルゲンガー」…    役所広司の少し昔のスリラー映画。    二人のタイプの違った役所広司が出てくる。選べる。☆ツッコミを入れながら観たほうがよい(怖い)               「呪怨」シリーズ「不安の種」☆ホラーでない                              「SAW」シリーズ…    スプラッター耐性がないととてもキツイ☠    全身がかゆくなるので視聴は十分気をつけましょう。「ロンドンゾンビ紀行」…    老人がすごく強いゾンビ映画。コメディです。「呪怨 貞子vs伽椰子」…    コメディです。今話題の映画「来る」。面白そうだけどなかなか足がスクリーンへ向いてくれません。半年後にもっとちっちゃい画面で見ることになりそうです…。ではー!
  • テクログ

    FuelPHPならvar_dump()よりDebug::dump()のが便利ですよ!

     PHPでデバッグするとき標準のvar_dump関数を使う場合があるかと思います。しかしxdebugをインストールしなければ綺麗に表示されないのでちょっと不便です。例えば下のような変数があったとして、 これをxdebug無しでvar_dumpするとこんな感じになります。 FuelPHPに標準で備わっているDebugクラスのdumpメソッドを使うと綺麗に表示されて見やすいです。使用するときは「Debug::dump($hoge)」で使用します。 どのファイルで何行目かも表示されていて見やすいですね。以外と知らない人は多いのではないのでしょうか。自分も先輩社員が使っているのを見て初めて存在を知りました。そう考えると便利なものを使っている様子を周りに見せつけるのも大切なことなのかもしれませんね。
  • テクログ

    AWSソリューションアーキテクトと不思議のAPNダンジョン

    はいどうも、今日のAPN探訪のお時間がやってきました。渋谷・新宿・梅田ダンジョンよりも高度と噂されるAPNダンジョン、ランダム生成されているのではないかというリンクの海をくぐりぬけ、我々はAWSソリューションアーキテクトの申込みを完了したのであった。。。(つづかない)-----------------------過去問サンプルをみて、「これならいけるかな?」というかんじではありましたが、対策テキストをお借りしまして見ていました。そこはかとなくAWSを使っていて感じていたことが、そういう思想で作られてるんだな、ってのがわかってなかなか面白かったです。ぼんやりと思っていたことが、外部講習などで補強される感じに近いでしょうか。いわゆる「コードだけ書けばいい」と言われることが多くなったように、それを実現するための可用性や内部的なしくみはこっち(AWS)がやるから、もっとバンバン実際に動くところ作っていけよ!というメッセージというか、そういうものだったんですね。『こまけえこたぁいいんだよ、ここは任せてお前は先にいってコードを書け!』という感じでしょうか。「チューニング?まあそれも大事かもしれないけどハードも毎回変わるし大変だろ??(Netflixはやってるってありましたけど)そんなことよりどんどんEC2の世代あげろよ!安いし30%高速だぜ!」みたいなかんじですね。まあ大体の場合が問題ない設定になってるし、と。ぽんぽん変わるのに腰をすえてじっくりチューニングしてもすぐ次が来る、って感じだと思います。間に合わん。クラウドのときは頭を切り替える、些事はほっといて大事なことをやる、ってのが大事だな、と再認識しました。-----------------------完全にポエムですがそういうときもありますよね。