信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • テクログ

    windows10 再セットアップ 復習

    先日windows10の再インストールを行った時の事です。windowsが起動している状態だったので普通にメニューから「このPCを初期状態に戻す」を選択したのですが、終わった後に初期セットアップに進むはずですが、エラーが出て一向に先に進みません。このエラーと言うのが、LANに繋いで更新すれば先に進むという感じでしたがLANケーブルを挿しても全く変わらず。何度再起動しても同じエラーがでて先に進む事ができませんでした。この時の失敗したかなと思ったポイントとしては1 更新とセキュリティから再インストールを選択していなかった※shiftを押しながら再起動から再インストールを選択した2 全てのドライブを選択していなかったリカバリ領域まで削除されると思いwindowsがインストールされているドライブのみを選択した1に関してはおそらく問題がないと思われます。各メーカーさんのHPでもその手順を紹介している物もあるのでどちらから入っても問題がないと思われます。2に関しては全てのドライブを削除するので時間がかかると思い選択しなかったので、問題があるとすればコチラかなと思う所です。結局ディスクから再インストールを行い無事に起動しました。起動後に次は別の手順でやり直してみた所問題なくインストールが完了しました。楽なのはHDDリカバリですが、メディアを使ったやり方に慣れている人ならば慣れている分失敗しにくいのではないかと思います。※各メーカーによって若干表記等が違う場合があります。
  • イベント

    TOKYO 2020

    こんにちは。東京オリンピックまで1年切りましたね。皆さんチケットは応募しましたか?サイトが繋がらないとかゴタゴタになってましたけど応募してみました。開会式男子サッカー決勝↑が本命でしたけどとりあえず開会式とサッカーは首都圏開催のやつを全部応募してみました全部当選したら合計〇〇〇万円。。。で忘れた頃にメールが届いてたので開いてみると。。。はい どーん当たっちゃった開会式でも決勝戦でもないけど。。。オリンピック観戦なんて、なかなか経験できないのでヨシとしよあとは好カードを期待するだけです
  • 健康

    読みやすさ

    皆さんこんにちは。梅雨明けと同時にいきなり夏本番という感じですね。ここ数日は体中から酸っぱい臭いがしている気がしてなりません。ゴキブリに追いかけられた夏合宿の記憶が蘇ります‥さて、中高年になると体臭やら頭髪やら健康面で色々な悩みが増えてきます。数ある悩みの中で最も不便なのが【視力の低下】です。若かりし頃は両眼ともに1.5の視力でしたが40歳を過ぎた頃から徐々に低下し、今では0.7程度。体調次第ではもっと見えていそうですが、雨の日の夜に車を運転しているときは気を使ってかなり疲れます。PSなどのゲームをしていても細字は読みにくく、WEBサイトでも同様です。そんな中、数ヶ月前にWEBで「ディスレクシア」という読字障害についての記事をいくつか目にすることがありました。文字の読み書きが難しい疾患でそういう方がいることは以前から知っていましたが、その障害がUDフォントという書体によって改善されることがあるという内容でした。UDフォントとは読みやすさを追求して作られたフォントの総称で、文字の太さが一定、濁点などが大きい、文字のハネが少ないなどの特徴があります。もともとは、パナソニックがフォントメーカーのイワタと組んで、リモコンなど製品用途に開発した書体だそうです。今では色々なフォントメーカーがUDフォントを開発しています。実際のWEBデザインの現場ではどうでしょうか。フォントの選定はデザイナーのセンスの見せ所でもありデザインイメージを左右するものなので、一般的にはUDフォントを優先して採用している場面は少ない気がします。ビジュアルデザインに重きを置いたWEBサイトの場合、積極採用は難しいかもしれません。いっぽうで、ディスレクシアの方々の割合は日本では5~8%程度とのこと。高齢化が進む日本では老化などで細字が読みにくい人などは増え続けます。時代が進むほど「読みやすさ」がリピート率や滞在時間の増加につながりやすくなるでしょう。Windows10はいくつかのUDフォントが標準搭載されており、OSシェアが5割に近づいてきていることも加味すると、クラウドフォントを使わずともfont-familyへUDフォントを加えておいても良い環境が出来てきています。今後、当サイトでも採用できると良いですね。
  • テクログ

    ISUCON8の予選問題について、環境構築してみる

    ISUCON8の環境構築してみたISUCON、ご存知ですか?http://isucon.net/一言でいうと、WEBサービスのチューニングバトルです1回も出たことないですが、毎回盛り上がってるみたいです。今回はISUCON8の予選問題の環境構築をやってみました。公式やGitにもいろいろ書いてあるのですが・・・かなり苦戦しました・・・vagrantが入っていることが前提です。あとPHPです。1.ここに予選のアプリケーションのソースがあがっているので、自分のPCの好きなところにcloneしましょうhttps://github.com/isucon/isucon8-qualify2.ここに各種vagrantの設定ファイル等があるので、今回はisucon8-qualifier-standaloneで(一台構成ver)ファイルを落としてきて1と同じディレクトリにvagrantfileを置きますhttps://github.com/matsuu/vagrant-isucon3.vagrant up どん!4.vagrant up したら、vagrant sshします5.https://github.com/isucon/isucon8-qualifyここ 環境構築に書かれてることをひたすらやる6.PHPで動かしたいので初期でperlが起動しているのを停止してphpを起動sudo systemctl stop  torb.perl sudo systemctl disable torb.perl sudo systemctl start  torb.php sudo systemctl enable torb.php 7.phpでwebサイト見るためにh2oのconfファイルシンボリックリンク貼り直しと再起動sudo rm /etc/h2o/h2o.conf sudo ln -s /etc/h2o/php-h2o.conf /etc/h2o/h2o.conf sudo systemctl restart h2o 8.mariadbが起動していないので起動sudo service mariadb start 9.DBに初期データ流し込むためにシェル実行/home/isucon/torb/db/init.sh 10.vagrantfileに書いてあるIPにアクセスこれで画面が見れるはず・・・!!!!ですベンチもvagrantで実行すると初期の点数が見れるはず・・・です!!
  • イベント

    授業参観

    はい。どうも~。今年も半分が過ぎ、7月も下旬。姫と彦は、1学期が終わりました。夏休みの間は、実家に帰るため、独身気分wそれはさておき、今回も彦から行きましょう。年中になった彦は、母親参観、父親参観のイベントがあり、それぞれ参加。母親参観は平日だが、父親参観は土曜日に開催。これはうれしい!父親参観では、子供たちと体を使ったレクをしました。自分の子供と行うものやチーム分けをして勝敗を決めるものもありました。一時は、大人もムキになり勝ったりしてましたが、最終的には子供たちに勝たせました。参観が終わる時には、制作時間で作った『ペン立て』のプレゼントをもらい終わりました。作ってくれたペン立て※のちほどアップします。そして、姫はというと。。。同じく授業参観があり、理科と体育の授業をみることができました。理科では、『風とゴムの力』についての勉強で、実験に使う車の模型を、一緒に作るものでした。モーターなしのミニ四駆みたいなので、ほとんど一人で作れ手伝う事が無かった!体育は、マット運動で、前回り、後回りを練習でした。前回りは上手に出来てたけど、後回りは、どうしても横に転がっていました。バランス感覚が必要ですから、小3の姫には難しかったようです。普段見ることの出来ない授業風景が見れて良いですね。次は、姫と彦の運動会について、書ければかなと。では。
  • レビュー

    土佐ブログ

    男もすなる日記といふものを女もしてみむとてするなりはじめまして。人類最高の書き出しをつづったのは、今年の4月に入社した紀貫之です。趣味は詠むことです。違います。今年の4月に入社したわいです。趣味は、、すみません。非常によくない始まりです。入社1発目のブログ投稿、とっつきにくい印象を与えてしまうのはご法度。ここからは安心してくださいね。それでは、和歌の話に戻ります。最近よく思うんですけど、平安時代にタイムスリップしてみたい。(注:身分、教養は保障されている。最長でも1ヶ月)行ってみたくないですか?雰囲気味わってみたくないですか?きっとドロドロした世界に違いありませんが、その中にも趣を大切にした優雅な世界が広がっているはずです。そもそも和歌って、卍すぎません?プログラマー1年目である私が、「いとをかし」なことを言いますが、和歌を詠むつもりでコーディングすると良い訓練になるのではないでしょうか。相手の歌を受けて(既存のソースコードに倣って)、相手に気持ちが伝わるように歌を詠む(次読む人が理解しやすいようにコーディングする)。なにより美しいと評価され、そして良いものは後世に残る。といっても、和歌は作者の真意は汲み取るためには行間を読む必要があり、そこに趣があります。しかし、ソースコードにそんなものは必要ありません。誰が読んでもパッと理解できるものほど良いはずです。まあ、言ってしまえば、和歌もコーディングも大した共通点はないのですが、ちょっとくらい平安気分で仕事をするのも悪くないと思います。結局、nullな話しかできませんでした。なんだか空気が悪いので、新卒として決意表明します。とにかくソースを読みます。そして、本や技術ブログもたくさん読んで、勉強します。あ、まだ趣味がなにか言ってなかったですね。そうですね、趣味は「読むこと」にするとしましょう、、以上、わいでした。健闘を祈る!!