信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • グルメ

    魚を捌きたい!

    皆さんお久しぶりです。最近釣りに興味が出てきたので始めようかと思ったのですが、釣った魚を食べるには魚を捌けるようにならなければ…と完全に目的が変わって魚を捌く練習を始めましたw(結局釣りは始めていませんw)捌くためにまずは包丁を用意しようと自宅キッチンを漁ったのですが、我が家には三徳包丁しかありませんでした。[三徳包丁]どうやら魚を捌くには出刃包丁なるものを使うらしい( ^ω^)・・・「せっかく練習するなら出刃包丁を使いたい!」という欲を抑えられず、増税前に楽天でポチリ。持ち手が独立しておらずオールステンレス製(^○^)お値段は2000円弱で評価も良かったです(包丁の相場が分からない)包丁の初回使用ってなんか慣らし的なことするのかな?(車のタイヤ履き替えた時みたいに)と思って調べたんですけどよくわかんないからいいや(^○^)まずは入門編で近所のスーパーでアジを購入しようとおもったのですが・・・台風の影響で売り切れ・・・なぜかイサキがいたのでいきなりイサキを捌くことに・・・包丁単体で写真撮り忘れたのでこちらをご覧ください↓[イサキと出刃包丁]まずは鱗を包丁の背で落としていきます。これが大変。鱗飛び散りすぎィ!!「鱗取り」という便利な道具もあるそうなのですが、今回は包丁で頑張りました。[鱗を取られたイサキ]鱗を取った後は、各種ヒレを切り落とします[イサキとキッチンバサミ]この後は頭を落として、お腹を切って内臓を取り出すのですが色々とグロいので割愛しますw苦労しながらも何とか三枚におろしました。[三枚におろされたイサキ]今回は生でいただくので皮を剥ぐ必要があります。皮引きですね。これが一番難しかったです。刃を浅く入れると全然皮が引けないし、深く入れると身も一緒に引いてしまいます。格闘すること10分。(鮮度的に大丈夫なのか)何とか皮を引きました。(一部引けなさ過ぎて諦めました)適切な大きさに捌いて盛り付け。[イサキと琉球ガラスの皿]やっぱ身が崩れてしまう(´;ω;`)口に入れれば同じか今回はネギたっぷりなカルパッチョにしていただきますー![イサキとヒラマサのカルパッチョ](ヒラマサはプロが捌いたやつ)暇だったので唐揚げも作りましたとさ[唐揚げから望むカルパッチョ]おわり
  • テクログ

    gitの仕組みとかよくわからないけど、とりあえず使ってみる人用

    はじめにこれまで、gitってあまり触れてこなかったんですが、codecommitにlambdaコードを管理してるので、デプロイとかいろいろ便利なのでやってみました。gitってしっかり使いこなそうと思うと結構複雑なんだなとー理解はあとでいいから、とにかく使う!というところを書いて行きます。登場人物codecommitjenkins(デプロイでつかう。今回はほとんど登場しないです)sourcetree使った流れcodecommit(AWS)に、リポジトリを作って、ブランチを切ります。↓sourcetreeというgitを使うためのツールを使って、そのブランチにコードを置きます。↓jenkinsに作ったジョブでデプロイをします。という流れでつかいました。今回は、gitコマンドを中心にしていきます。他のツールは説明に必要な部分だけ使いかたとか書きます。細かく知りたい方は他のページをご参考に実際にやったことcodecommitでリポジトリを作る(これは、ブランチを入れるための箱のようなものです。)その中で、ブランチを作成。(これは、コードの置き場と作業場所のようなものです。と今は思っていただければいいかと思います。)sourcetreeを使って、リポジトリを自分のローカルに持ってきます。(ツールはgitが使えて、codecommitに繋げればなんでもいいかと)で、sourcetreeのホーム画面の右上にある、端末を使います。すると、黒い画面(CUI)が出ます。GUIよりも実はとっつきやすかったりしますよ。こういうやつここで、git checkout -b 新しいブランチ名 :新しいブランチを作成して、そのブランチに移動します。 masterという名前のブランチがあると思いますが、基本そこには何も置かないし作業もしないと思ってもらえればいいと思います。(運用の仕方にもよるので一概には言えないですが、基本的にはということで)git branch -a : リモートとローカルブランチの両方のあるなしが確認できます。あと、自分が今いるブランチの場所を*で教えてくれます。 ざっくり、リモートブランチは、codecommitにあるブランチローカルブランチは自分のPCにあるという感じのイメージです。ローカルブランチにcodecommitに置きたいファイルなどを持ってきます。たとえば、ファイルダウンロードして、そのディレクトリから、ローカルブランチにコピーとかで持ってきます。そしたら、git add . します。これは、今自分がいる階層にあるファイルをaddするよって意味です。git commit -m "最初のコミット" これで、コミット(確定させるみたい感じの意味です)して、これはなにをしたのかを -mオプションをつけて書いておきます。他の人が見た時に概要が掴めるようにです。git push -n :実際にpushするときは -nを取って実行する。 最後にpushします。-nはdry-run(実際にはpushしないで、もししたらどうなるかの結果を表示してくれます)これで、codecommit上に、自分が更新、作成をしたファイルを置くことができます。そしたら、デプロイしましょう。まとめリポジトリ作成↓リポジトリクローン↓ブランチ作成↓git add↓git commit↓git push↓デプロイ現場からは以上です。
  • グルメ

    新橋で天国を見つけた

    こんにちは。ディレクターのタクヲです。天下一品のラーメンが好きなのに毎年10/1に行き忘れます。ちょっと前になりますが、こんな記事を見かけました。https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/henmichieco/19-00219おいおい、なんだよここは、天国かよ・・・こんなけしからん場所にはすぐ行くしかない、ってことでほんとに行ってきました。なんとも適当な写真ばかりですが、素敵な空間であることはお分かり頂けたかと思います。席数はあまり多くないので、行かれる際は予約することをおすすめいたします。ではまた
  • テクログ

    dockerでwordpressを簡単に構築する

    WordPressの環境が必要になったので、さくっと作って見ました。予めdocker-composeが使える前提です①適当なディレクトリを用意するmkdir wordpress_test cd wordpress_test ②docker-compose.ymlを作成vi docker-compose.yml 以下の通りに設定します。注意としては、mysqlのバージョンを新しくするとwordpressでは動かないので、5.7程度のものを指定するようにしてくださいversion: '3.3' services:    wordpress:      image: wordpress:latest      depends_on:        - db      ports:        - "8000:80"      restart: always      environment:        WORDPRESS_DB_HOST: db:3306        WORDPRESS_DB_USER: wordpress        WORDPRESS_DB_PASSWORD: wordpress        WORDPRESS_DB_NAME: wordpress      volumes:        - ./html:/var/www/html    db:      image: mysql:5.7      volumes:        - db_data:/var/lib/mysql      restart: always      environment:        MYSQL_ROOT_PASSWORD: root        MYSQL_DATABASE: wordpress        MYSQL_USER: wordpress        MYSQL_PASSWORD: wordpress volumes:     db_data: ③コンテナを起動しますdocker-compose up -d ④サイトにアクセスブラウザで「localhost:8000/」にアクセスしましょうwordpressの初期設定画面が表示されるはずなので、言語を選択し、サイト名やアイパスを設定しましょう。以上です!とっても簡単でした。
  • テクログ

    素敵だら! Linux コマンド ~基本編 その3~

    こんにちはうなぎです。IT開発者にとって避けては通れない数ある Linux コマンドのうちから、厳選してご紹介する不定期コーナー“素敵だら! Linux コマンド”。今回も前回に引き続き「~基本編 その3~」です。■find私の一番好きなコマンド find。その名前からもわかる通り、ファイルやディレクトリなどを探すコマンドです。まずは基本的な使い方から。今いるディレクトリの中から admin ユーザーが作成した、test_{日付}.txt ファイルってどこにあったっけ?を調べるときはfind ./ -user admin -type f -name test*.txt のようにします。`-name` は探す対象の名前を指定するオプションで、ワイルドカードが使用できます。※ `-regex` を使えば正規表現も可能です`-type` は探す対象の種類を指定します。種類は以下の通りです。ファイル `f`ディレクトリ `d`シンボリックリンク `l`これだけでも結構便利なんですが、 `find` コマンドの肝はなんといっても `-exec` オプション。これを使えば検索した結果に対して、コマンドを実行できます。例えば先ほどの test.txt をすべて削除したいときは、find ./ -user admin -type f -name test*.txt -exec rm {} \; といった具合です。この例でいうと、 `{}` に検索結果のファイルが一つずつ置き換わり、 `rm` によって削除されます。末尾についている `\;` は何かというと、セミコロンが `-exec` オプションの終了を意味し、バックスラッシュはエスケープだそうです。   参考: https://stackoverflow.com/questions/20913198/why-are-the-backslash-and-semicolon-required-with-the-find-commands-exec-optio`\;` の代わりに `+` を使用することで、コマンドに渡していた検索結果を、一つずつではなく、まとめた形で渡すことができます。上記の例でいえば、 `\;` はrm test1.txt rm test2.txt rm test3.txt となり、`+` はrm test1.txt test2.txt test3.txt となります。他にも検索するディレクトリの階層の深さを指定する `-mindepth` `-maxdepth`特定のディレクトリ検索対象から除外する `-prune`更新日からファイルを探す `-mtime`など、機能がとても充実しています。以上、細かい要望にも応えてくれる素敵な `find` コマンドでした。
  • at CORETECH

    時差出勤日の過ごし方

    こんにちは。ゆっけです。先日はコアテックの福利厚生の一つ、「時差出勤」をつかってみました!出勤時間を7:00~12:00の間で選べる制度(週1回)なので、早く帰って自分の趣味の時間にしたり、午前はのんびりしてから出社することもできる素敵な制度です。今回は8:00~17:00にして早く帰ることにしました。空がまだ明るい時間に帰れるのは嬉しいですね。帰り道、今日は何をしようかなーと悩みましたが、近所のファーマーズマーケットで買ったお野菜で、たまには晩ご飯をきちんと作ることにしました。ファーマーズマーケットは、地元の新鮮なお野菜が並んでいますが、たまに少し変わったお野菜も並んでいて楽しいですよ。今回のレシピですが、トマトが無性に食べたい時期にオススメのレシピです。(トマトが無性に食べたい時期とは...)/***********************************/トマトとミントのパスタ材料(※材料を計量するという基本を学んでこなかったため、目分量になっております。ご了承くださいませ。)《パスタ》パスタ・・200グラム塩・・・・・・・・お湯に対して1%くらいオリーブオイル・・大さじ1《オイル》オリーブオイル・・大さじ2にんにく・・・・・1かけ《ソース》トマト・・・・・・3コパクチー・・・・・ワサッワサッくらい(茎有りで3束ほど)ミント・・・・・・1パックレモン汁・・・・・1コ分塩・・・・・・・・ミルでがりがりがりがりがりくらい(2つまみほど)ナンプラー・・・・大さじ2~3①パスタを30秒ほど長めに茹でて、氷でバッチバチに締める。②オイルを作る。 1.オリーブオイルに刻んだニンニクを入れ、キツネからゴリラまでいかないぐらいの色になるまで火を入れる。(どんな色なのか...)③《ソース》を作る。 1.トマトを0.5~1cm角に切って水気を切っておく。 2.パクチー、ミントを刻む。飾り用に葉を少し残しておく。(残さなくても許されます) 3.トマト、パクチー、ミントを合わせる。 4.塩、ナンプラー、レモン汁を入れよく混ぜる。④パスタにオイルとソースを合わせて完成。冷たいパスタにオイルとソースを合わせるだけの、簡単レシピです!ちょっと多めに作っておいて、次の日パスタ茹でて合わせるだけにしておくと便利ですよ。/***********************************/17:00に退社できると、ゆっくり買い物とお料理をしても時間に余裕があります。次の時差出勤の日は何をしようか考えると楽しいですね。午前ゆっくり過ごしてから出勤するのも、早く帰って自分の趣味に時間を使うのも自由です。コアテックではこのように、仕事とプライベートどちらも充実できる制度が用意されているので、私のように自分の時間も大切にしたい方には非常に良い環境かと思います!そんなコアテックでは絶賛社員募集中です!https://core-tech.jp/jobs/