公開日:2019.04.26

ミノキシジルを使ってみた

レビュー

皆さんこんにちは。

いよいよ明日からGWスタートですね。

旅行やイベントなどの予定のある方、何もしないでぼーっとする方など過ごし方は皆さん色々かと思います。

私は部屋の片付け、水槽のリセット、長男のバースデーなど忙しく過ごしたいと思っています。

少しは痩せるかな。

そんな痩せたい中年が最近取り組んでいるのは「発毛」です。

「育毛」ではなく「発毛」

現状維持ではなく、奇跡を起こす。

それが「発毛」

ちょっと力みすぎましたが、ここ数年徐々に衰退を始めた頭髪がのっぴきならないところに来たと感じたのが昨年。

結婚当時、妻から「禿げたら別れる」と言われていましたので、愛妻家の私にとっては死活問題です。

パーマをかけてボリュームアップを図ったこともありましたが、焼け石に水。

追い詰められた私が選んだのが「ミノキシジル」という成分が入った発毛剤です。「リアップ」や「ミノキ」などの商品名でご存知の方も多いかと思います。

「ミノキシジル」は血管を拡張して頭皮の血行を良くすることで発毛を促すようです。これとは別に「フィナステリド」という成分もありますが、こちらは「脱毛を抑制」する効果があるようで、男性ホルモンに作用するとかなんとか。

この2つを併用するとより効果的なようですが、フィナステリド」は服用なのでやや抵抗感があり、まずは「ミノキシジル」に委ねてみることにしました。いずれも発毛効果が出たとしても使用を止めると効果も消失していくそうです・・・

ネックになるのがお値段です。ミノキシジルを使った発毛剤は1ヶ月分で6,000~8,000程度になり、毎月続けるのはしんどいです。

AGAクリニックに通院し、フィナステリドを処方してもらったほうがお安くすませられるようですが、診察料など含めるとさほど変わらないでしょうし通院も億劫です。

そんなケチでズボラな私向けなのが、並行輸入でミノキシジルを使った発毛剤を購入する方法です。ミノキシジル発毛剤の元祖「ロゲイン」という商品なら、2ヶ月分で6,000弱と半値以下。

並行輸入品で心配なのが本物なのかどうか、ということでしょう。こればかりは自己判断ですが、発送元の国名などがある程度の判断材料になることもあるようです。商品によりますが、米国発送ならOKで中国発送はNGなど。どれだけ情報収集できるかになりそうです。

また、並行輸入時に気をつけるのが【輸入量】です。ミノキシジルを含む商品については個人で使う量が限度となるようで、それ以上は通関できないことがあると注意喚起がされています。検討される方はご注意ください。

使い方は朝晩一回ずつ1mlをスポイトで頭皮に垂らしてから馴染ませるようにマッサージをします。染みることもなく臭いも気になりません。これなんかの成分が入ってるのかな?というくらいにさらっと水っぽい感じです。水よりは気持ち粘り気があるくらい。

肝心の効果のほどですが、昨年末から4ヶ月間継続使用していますが今のところ「発毛実感」はありません・・・

広告によるとおおむね4ヶ月から効果を実感する方が多いようで、一年間の継続使用で8~9割の方が効果を実感していると謳われています。「個人差」というワードに望みを託して、今年の年末までは使ってみるつもりです。

素敵なクリスマスプレゼントが届くのか、ポジティブに待ってみたいと思います。

本投稿が平成最後のコアテック社員ブログとなりました。令和になりましてもコアテックをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

この記事を書いた人

池田岳彦

入社年2009年

出身地埼玉県

業務内容ディレクション統括

特技または趣味腰痛体操

池田岳彦の記事一覧へ

レビューに関する記事一覧