公開日:2019.06.19

お昼すぎは眠すぎて昼寝ってしまう。

健康

どーも

お久しぶりです。

お昼過ぎは眠くて眠くてしょうがないマーくんです。

最近は休憩の1時間をフルで使ってお昼寝タイムを満喫してしまいます。

別にお昼寝タイムを取りたいわけではないですけどねー

本当は勉強するなり、ちょっと調べ物をしたりして有意義な休憩時間にしたいんですけどねー

でも、とってしまう。。。

だって眠いんだもの!!

それに、寝ないと午後の仕事のパフォーマンスが落ちてしまう。

寝たいわけじゃないけど、うとうとしてしまう。。。

みなさんもそんな経験ないですか?

僕はもう毎日のようにあります。

なんで、こんなにお昼は眠くなるんでしょうね。

============================================

眠くなる原因ってなんだろう

  • 疲れ

  • 睡眠不足(基本6時間以上の睡眠が理想)

  • 自然なリズムによる眠気(そもそも14時頃は眠くなる)

  • 血糖値の乱高下(食後に眠くなる原因、眠気というより気だるさがくる)

============================================

そもそも昼寝をするメリットはあるのデメリットはあるの

 

■メリット

  • 30分程度のお昼寝習慣があれば、後々の心臓病や?認知症のリスクを軽減してくれる

  • お昼寝をすることでストレスを引き起こすホルモン増加が防げる
  • 衝動的な食欲が抑えられる

  • 20~30分程度の昼寝後は注意力、精神力的にもハッキリとし、3~4時間は高い生産性で活動することができる

■デメリット

・長く眠りすぎると逆に起きた時疲れる、また、認知症のリスクなども昼寝をする人よりも高くなるとか

・昼寝を取るタイミングが遅くなりすぎると、夜の寝付けが悪くなってしまう

とか

============================================

自然なリズムによる眠気が原因である時点でもうしょうがないね

昼寝自体にはメリットもデメリットもあるぽいので

昼寝をする時には自分にとって最適な時間を考慮するのが大事らしいです。

ぜひみなさんも、楽しい昼寝ライフをお過ごしください

この記事を書いた人

マー君

入社年2017年

出身地千葉県

業務内容開発

特技または趣味食べ歩き

マー君の記事一覧へ

健康に関する記事一覧