公開日:2019.12.17

~神話と妖怪の住処~島根・出雲の旅

旅行

今年の晩夏になりますが、法事のため

飛行機と列車とバスを乗り継いで島根県出雲市へ旅をしました。

出雲といえば 日本を代表する『出雲大社』が有名であり、

島根県といえば ゲゲゲの鬼太郎で有名な水木しげるさんの故郷というのもあって

妖怪やもののけ、不可解なものと人々が共存してきたという伝説が

今も語り継がれている神秘的な場所です。

個人的に、見えないものや科学で証明できない物事は信じるタイプなので

出雲が自分のルーツの一部だということがちょっと嬉しくもありました。

この出雲大社には かの有名な

『因幡の白兎』という神話を表した像が存在します。

ご存じない方、うろ覚えの方はわかりやすい動画がありましたのでぜひ

https://www.youtube.com/watch?v=z7Dys3tR5MU

そのため 出雲大社の境内にはウサギが沢山います。

 

といってもホンモノではありませんが、ウサギ好きにはたまらないスポットです。

かわいい… かわいいよウサギ?

表情豊かで愛らしい♪

ウサギの像をひたすら撮影しまくっていた怪しい熟女…それは私。

そんなこんなで、しっかり参拝したので

冒頭にもお伝えしたように、島根県は水木しげる先生の故郷ということで

鉄道から街丸ごと ゲゲゲの鬼太郎ワールド化している観光スポットに向かいました。

JR堺線は目玉おやじ仕様

社内アナウンスも鬼太郎メンバーの声という嬉しさ。

各シートでおやじがキャッキャはしゃいでます。

駅に着くと水木先生と鬼太郎とねずみ男の像が。

頬杖をつく鬼太郎がとてもチャーミング♪

あっ・・ 街灯が…??!!(夜コワイ…)

 

水木しげるロードの最後のほうに記念館があります。

中はとてもこだわって作ってあり、見ごたえたっぷり。

他にも楽しい仕掛けや体験ゾーンがありますので

島根を訪れることがあったら ぜひ立ち寄ってみてください。

世代を超えて 想像以上に楽しめると思います。

肝心の法事も無事終わり、無事に帰路につきました。

一時間に1~2本しか走らない一畑電車の車窓から見える景色に癒されながら

妖怪と神話の世界に魅了された とても充実した旅になりました。

島根、また行きたいです。

この記事を書いた人

キャンベル

入社年2016年

出身地東京都

業務内容デザイン

特技または趣味"特技:イラスト制作と餃子作り 趣味:ハイヒール集め・インテリア・掃除・映画・観劇"

キャンベルの記事一覧へ

旅行に関する記事一覧