公開日:2013.06.03

レコードセット

テクログ

技術ブログ2回目の投稿です。

今回はデータベースへのアクセス操作を行うADOについて書きたいと思います。

ADOの使い方によって、処理速度が結構変わります。

で、そこでポイントなのがレコードをオープンするときのカーソルタイプ(CursorType)です。

 

■カーソルタイプの種類と説明

・adOpenForwardOnly:前方カーソル (デフォルト値)
  レコード移動は前方方向への参照のみ
・adOpenKeyset:キーセットカーソル
  レコード移動は前後可能。ただし、他ユーザーが更新したレコードは参照できるが、追加削除したレコードは参照できない。。
・adOpenDynamic:動的カーソル
  レコード移動は前後可能。ただし、他ユーザーが追加・更新したレコードも参照できる。
・adOpenStatic:静的カーソル
  レコード移動は前後可能。ただし、他ユーザーが更新したレコードも参照できない。

 

総レコード数を取りたい場合、adOpenForwardOnly以外を指定するとRecordCountで取得することができたり、AddNewなどで容易にレコードの追加などが可能になるのですが、処理速度がかなり落ちてしまう原因になったりします。

データ参照だけを行う場合には、adOpenForwardOnlyのほうが早いです。

データ件数が多くなるほど、処理速度の差を実感できます。

このレコード操作はAccessやVBAでも使えるので、覚えておくと便利かも?

この記事を書いた人

core-corp

入社年2010年

出身地東京都

業務内容インフラ

特技または趣味ドライブ

core-corpの記事一覧へ

テクログに関する記事一覧