公開日:2013.02.18

HTML5の要素について

テクログ

技術ブログ、初投稿です。。。
初というのは何事も緊張してしまいますw

本題に入りまして・・・
HTML5で追加・変更・廃止された要素について書いてみたいと思います。

では、追加された要素をピックアップ

section, article, aside, hgroup, header, footer, nav, figure, figcaption
video, audio, source, embed
mark, time
ruby, rt, rb
command
details, summary
datalist, keygen, output

(API用)
canvas
progress, meter

ふむふむ、ここで覚えておきたいのはheader、footer, sectionでしょうか。
個人的にな話ですが、rubyは電子書籍作るときに使ったことがあります・・・。
API用のcanvasは図を描くときに使うので、今後よく使われるんでしょうね~。

次は変更された要素

a, address, b, hr, i, label, menu, small, strong

これは役割が変更されたようです。
b要素などは文字を太くするために使ってたけど、商品名や機能の名称などの
キーワードを意味するようになったようですよ。

最後に・・・廃止された要素

basefont, big, center, font, s, strike, tt, u
frame, frameset, noframes
acronym, applet
isindex, dir

centerなどは使ってた人は結構いるのではないでしょうか??
ちなみに私は使ってました。。。
廃止になってるので、使ってた人は心掛けてくださいね。

以上、html5の要素についてでした。

この記事を書いた人

core-corp

入社年2010年

出身地東京都

業務内容インフラ

特技または趣味ドライブ

core-corpの記事一覧へ

テクログに関する記事一覧