公開日:2021.05.06

GW中親バカの件

雑記

GW中、外出の自粛が求められる中、原宿にいるハリネズミカフェに行きました。

原宿に行くのは何年ぶりです。

このお店はけっこう有名だそうです。日本のテレビ番組にも取材されました。

コロナ前、海外からの観光客からも人気のスポットなんです。

お店に入ったら、カップルに対して雰囲気がちょっといい、かつハリネズミが多いです!

かわいいハリネズミと気楽に触れ合えるのは、カップルにも人気あるそうです。

最後、一匹の結婚適齢期の一歳の女の子を迎えました。

このようなカップル出入りの多い有名店、私一人で行くのは、我が子の花嫁さんを探すためです。

実は、うちでは、ハリネズミ飼っています。男の子の春馬君と女の子のきなこちゃんです

元々、彼らをお見合い結婚させる予定ですが、春馬君はどんどん大きくなってきましたが、きなこちゃんは偏食になってあまり成長していないです。

このため、もう一匹の健康なお嫁さんを迎え、春馬君とお見合いすることが決めました。

ハリネズミカフェのハリネズミの価格は、ペットショップより物凄く高いです。たぶん、つぎの給料日まで、貧乏飯しか食べられないです。

それでも、迷わず支払いました。本当に親バカですね。

四書の《大学》曰く:

「人之其所親愛而辟焉、之其所賤惡而辟焉、之其所畏敬而辟焉。

之其所哀矜而辟焉。之其所敖惰而辟焉。故好而知其惡、惡而知其美者、天下鮮矣。

故諺有之曰、人莫知其子之惡、莫知其苗之碩」

人は親しみ愛する人に対しては、愛情で偏ったことをする。

人は身分の低い者にたいしては、賤しみ蔑みの感情で偏ったことをする

人は身分の高い者に対しては、畏敬で偏ったことをする

人は困窮している者に対しては、憐憫で偏ったことをする

人は疎遠の者に対しては、無関心でして偏ったことをする

したがって、好ましい人にも欠点があり、嫌いな人にも美点があることを知る人は少ない。

諺にも曰く、「わが子の悪を知らず、わが家の苗が大きくなっていることに気づかず」と

なぜか、高畑淳子の「親はバカな生きもので」の言葉を思い出しました。

わが子に対して正しい判断が難しいなぁ。とにかく、一夫二妻でみんな仲良くしてね

この記事を書いた人

ハリ

入社年2021年

出身地中国

業務内容システム信頼性

特技または趣味園芸と旅

ハリの記事一覧へ

雑記に関する記事一覧