公開日:2021.08.27

Google MeetをYoutube Live配信しよう! ~Mac編~

テクログmac

こんにちは!福神漬けです!

みなさんWEB通話の内容をYoutube Live配信したいな???

って思ったこと多いと思うんですよ。

Windowsだとそんなに大変じゃないみたいなんですが、

macでやった際にそれなりに手間だったので今回書いてみようと思います。

ちなみに配信PCはMacbook proです。

今回はこちらの方の記事を120%参考にさせていただいております。

https://blog.monochromegane.com/blog/2020/03/03/minimum-start-for-online-event/

あとLive配信に慣れないうちは入念にリハーサルするのをオススメします!!!

使うツール、サービスは下記です。

・Youtube Live

・Google Meet

・OBS Studio

・BlackHole (仮想オーディオデバイス)

・できればMacとは別にもう1台Google meetを使える端末。スマホでよい

① まずはYoutube Liveと OBS Studioを連携しましょう。

やり方は検索すると素晴らしい記事がたくさんヒットします。

② BlackHoleをインストールします。

2chと16chがありますが16chでよさそうです。

③音声周りを設定します。

一番怖いのがOBSやmeetに音声がダブって入ることなので、思い切って下記の感じにします。

・OBSの設定からマイク → マイク2を作成してBlackHole 16chで設定。

・OBSのマイク1をミュートに

・MacOSの音声出力をBlackHoleに変更

・MacOSの音声入力をミュート(直接音を拾えなくする)

・配信PCでのGoogle Meetの設定確認(出力は既定でBlackHoleになってるはず)

・配信PCのGoogle Meetはマイクをミュートに

④じゃあどうやってMeetするんだ、という話ですが、配信PCとは別の端末からMeetに入ってそっちで通話します!

なんせ配信PCはMeetの出力をBlackHoleにしているので、Meetの音声が直接聞こえないんですね。

配信PCから音を出したい場合は追加で設定が必要なのですが、難易度が高そうであまりお勧めしません。

(というか自分は逃げました)

これでMeetの会話をLive配信できているはずです!

上にも書きましたがリハーサルは入念に行いましょう!

お疲れ様でした!

この記事を書いた人

福神漬け

入社年2017年

出身地チーバくんの目のあたり

業務内容開発やりつつちょっと管理っぽい仕事

特技または趣味ゲームとゲームをしながらゲームをできること

福神漬けの記事一覧へ

テクログに関する記事一覧