公開日:2021.07.28

GASでちょっと大きいシステム作った時の感想とか

テクログjavascript

こんにちは福神漬けです!

Google Apps Script(GAS)の第2弾です。

今回はWebアプリではなく、割とポピュラーに他のGoogleサービスと連携したシステムを作った話をします。

求められた要件などは下のとおり。

要件

・枠が決まったものに対する順番待ちのシステム

・1枠2週間で交代、待ちの人がいなかったらそのまま(交代時間は多少ラグあってよい)

やったこと

・希望者はGoogle Formで送信してもらう。それをGoogle Spreadsheet(GSS)に飛ばす

・GSSでFormからのデータを部署ごととかいい感じに集計

・GASで1時間に1回タスクを実行しGSSのデータをチェック。該当者がいたらGSSのデータを修正してチャットワークに通知

気をつけること

・FormからGSSにデータが入るときに行の挿入がされている。行のズレでうまくいかなかったのでFILTER()を使った

・GASの時間主導でのタスク実行は分秒を決められない

・GASはES6に対応しているが、import / exportが無い、というより全部のファイルを読み込んでしまう

?→大規模なものを作るのは厳しいのかも

FormからGSSに連携したり、GSSからチャットワークに連携する方法などはググるといっぱい出てきます。

これが巷で言われているローコードというやつですが、コスパがいいなっていうのが率直な感想です。

ここまでやってサービス自体は無料なのもすごいですねー。

GSSを使っていてGASを書いたことない、っていう方は何かしら作業を楽にできたりすると思います!

達成したいユースケースからググっても結構情報が出てくるので、気になった方はぜひGASを使ってみてください。

お疲れ様でした!

この記事を書いた人

福神漬け

入社年2017年

出身地チーバくんの目のあたり

業務内容開発やりつつちょっと管理っぽい仕事

特技または趣味ゲームとゲームをしながらゲームをできること

福神漬けの記事一覧へ

テクログに関する記事一覧