公開日:2012.12.21

jQueryとJavaScript4

テクログ

前回では、入力した文字を精査して、
数字3桁が入力されていれば終了していました。

今回はそこから先の処理を考えたいと思います。
処理の内容としましては、
・入力した文字を別の要素に表示
・ランダムで3桁の数字を生成
・入力した文字を配列化
・ランダム数字と入力文字の比較
になります。


【履歴】



「入力した文字を別の要素に表示」は、
jQueryのappend()メソッドを使用してします。
指定したセレクタの末尾に引数で指定した文字列を追加します。


$("セレクタ").append("文字列");

「ランダムで3桁の数字を生成」は、
JavaScriptでMath.random()とMath.floor()メソッドを使用しています。
Math.random()は、0.0以上1.0未満の乱数を生成します。
Math.floor()は、小数点以下の値を切り捨てます。
0~9までの数字を生成する場合は、


Math.floor(Math.random()*10);

「入力した文字を配列化」は、
JavaScriptでsplit()メソッドを使用しています。
今回は区切り文字を「””」として、桁ごとに配列に入れています。


文字列.split("区切り文字");

「ランダム数字と入力文字の比較」は、
jQueryのinArray()メソッドを使用しています。
配列に値があれば、その位置を返し、
配列に値がなければ、「-1」を返します。


$.inArray(比較する値, 比較する配列)

次回は、ゲームのHTMLとJavascriptを記載します。
では、また来月お会いしましょう。。。

この記事を書いた人

core-corp

入社年2010年

出身地東京都

業務内容インフラ

特技または趣味ドライブ

core-corpの記事一覧へ

テクログに関する記事一覧