公開日:2021.09.03

Keychron K3 のレビュー ~スリムなメカニカルキーボード~

レビュー

こんにちは、社内ブログ初投稿のはまと申します。

今回は私が普段使っているキーボード Keychron K3 を紹介しようかと思います。

キーボードを探していた時の条件はこんな感じでした

  • US配列
  • macとwindows両方で使える
  • Bluetooth接続可能
  • 使い心地が良さそうなの
  • macとwindows両方で使える

特にこの条件を満たすキーボードってほとんどないんですよねー

そして出会ったのが Keychron K3 な訳です

※一緒に写ってるパームレストは純正オプションです

半年以上使っていて気に入っているのが、

MacBookに尊師スタイルでジャストフィット!!

ということです!

パームレストをのっけても

足の部分がちゃんとサイドのフレームのところに乗るようになっていて、

本体のキーボードを押してしまうこともないんですよねー

多分そう作ってるんでしょうね!

(写真のはクラウドファンディングのもので現行品は足の構造が変更されているみたいです。

 写真で見た感じ多分大丈夫だけど、確実に大丈夫かはわからないです。。)

他の魅力はこんなところでしょうか

  • ミニマムなデザインですっきり
  • スイッチが交換可能で打ち心地をカスタマイズ可能(keychron専用スイッチ)
  • キーストロークが短めで、ノートPCのキーボードがメインだった人も馴染みやすい
  • BluetoothでiPad, Androidタブレット, chromebook でも!

高級キーボードは3万円するものもある中、これは1万円ちょいで買えるので手を出しやすいと思います。

一つデメリットとして、購入ハードルが少し高いです。基本は英語の本国サイトから購入することとなります。

(Amazonで売ってたりもしますが高いです。

 今は日本の正規代理店もあるみたいでモデルによってはJIS配列もあるみたい)

ちなみにK3からファンクションキーを省いた、さらにミニマムなK7もプレオーダー中で良さそうー

(実はすでにポチリ済み)

この記事を書いた人

はま

入社年2021年

出身地東京

業務内容web開発

特技または趣味キャンプ

はまの記事一覧へ

レビューに関する記事一覧