公開日:2018.09.13

色を味方につけよう

雑記

こんにちは♪ キャンベルです。

いい感じに秋めいてきた今日この頃。

今回はファッションの”色”に着目して書きたいと思います。

「なんか今日すごくイキイキしてみえる!」

「あれ、こんなにこの人魅力的だったっけ?」

「体調悪そう・・」

「なんか疲れてる?」

リアルな体調の影響も勿論あると思いますが

人に与える印象は、実はその日着ている服の色の影響が結構大きかったりします。

いわゆる「パーソナルカラー」というもので

その人の肌の色、瞳や白目の色、髪の色や顔立ちによって

似合う色、魅力を引き立てる色というのが存在します。

パーソナルカラーはWEB上で簡単に診断できるサイトがあるので

気軽にやってみてください。(他にもあります)

http://watashino.yamazakura.jp/personal_color/diagnosis

その結果を踏まえて、一覧表を作ってみました。

例えば同じ赤でも、各グループで微妙に色味に違いがありますね。

ここで気をつけないといけないのが、

「好きな色 = 似合う色」 ではない

ということです。

私を例に挙げますと、診断結果はWinterでした。

確かに、昔から母親に「クリアでカラフルな色が似合うわね」と言われてきて

実際に着ると顔色が良く見えたり、周囲から似合うと言われることが多かったです。

なので今のクローゼットの中はとてもカラフル。

逆に似合わないのが黄味寄りのオータムカラー。

アースカラーでまとめた大人っぽいコーデや、極端なパステルカラーは

顔色がくすみ、疲れて見えるので買うのを控えざるを得ず。

似合う方がホントにうらやましい…。

このパーソナルカラーは、人生における勝負の日、

例えば

・何かの記念日

・合コン

・お見合い

・デート

・面接

・同窓会

・発表会

など、緊張する場面で着る服に活かせると、自信を持たせてくれたり、

魅力を底上げしてくれる味方になってくれるはずです。

アパレル業界では、毎年流行らせる色というものを会議で決めていて

メディアでその色のアイテムや服をガンガンアピールしてきます。

でも、その色が万人に似合うわけはなく、客観的に見極めないといけません。

流行に流されすぎず自分の骨格と体型に似合うデザイン&色の服を選んだほうが

一貫性があってオシャレに見える気がします。

似合う色がわからないときは、他人に率直な意見を聞くのが一番。

自分のカラーを見つけて、ファッションを楽しみながら魅力をアピールしましょう☆

この記事を書いた人

キャンベル

入社年2016年

出身地東京都

業務内容デザイン

特技または趣味"特技:イラスト制作と餃子作り 趣味:ハイヒール集め・インテリア・掃除・映画・観劇"

キャンベルの記事一覧へ

雑記に関する記事一覧