公開日:2021.08.03

『湊かなえ』おすすめ作品ランキング

雑記

こんにちは!

『夏休みを本を読みなさい』『読書の夏!』と、

小学生の時によく聞かされていた言葉でしたが、

みなさんはこの夏 読書をされていますでしょうか?

後輩が、昼休み中に小説を読んでいることに影響を受けたのか、

最近僕も 読書が習慣づいてきました。

中でも、映画『告白』などの原作者である『湊かなえ』さんの作品にどっぷりハマってしまい、

その面白さをぜひ共有したく、

この場でランキング形式で紹介させて頂きたいと思います。

ちなみにジャンルはミステリーが主ですが、

『イヤミス』という、読んだあとにイヤ~な気分になるものが多く、

湊かなえさん独特の雰囲気がとても癖になってしまいました(←たぶん性格が歪んでいる)

☆オススメランキング

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5位:『ポイズンドーター・ホーリーマザー』

6話からなる短編集ですが、1話1話のクオリティが非常に高く、読み応えがあります。

人間なら誰もが共感してしまう『人の心の闇』を考えさせられる作品です。

ちなみに6話のうち一番オススメなのは『ベストフレンド』という話です。

4位:『少女』

『因果応報』がテーマの作品。

読み終わった後、

「知らない間に、自分は誰かを貶めている、

そんな自分にもいつか罰が訪れるのではないか?」

と恐怖心に駆られてしまいました。

3位:『リバース』

湊かなえさんには珍しく、男性が主人公の作品。

最後の1ページで大どんでん返しがあり、

個人的に最も、『イヤミス』な作品でした。

2位:『花の鎖』

1位にするか迷ったくらい、オススメの作品です。

序盤に散りばめられた伏線が、後半で徐々に集約していき、

「そういうことだったのか!」と、どんどん読み進めてしまいました。

解説にもありますが、『告白』が湊かなえさんの「黒」の代表作であれば、

『花の鎖』は湊かなえさんの「白」の代表作です。

1位:『豆の上で眠る』

仲の良かった姉が突然失踪してしまい、

数年後に無事保護されました。

ただ主人公の妹は、以前の姉とは何かが違うことに違和感を覚えます。

その「何か」が後半に明かされるミステリー。

1位にした理由は、物語の面白さだけでなく、

最後の1ページで妹が問いかけた一文に、とても考えさせられたためです。

以上、ランキングでした。

独断で選抜してしまいましたが、

興味のある方がいれば、ぜひ上記ランキングを参考に

読んでみて頂けると嬉しいです。

この記事を書いた人

入社年2020年

出身地神奈川県

業務内容WEB開発

特技または趣味掃除

潤の記事一覧へ

雑記に関する記事一覧