公開日:2020.03.27

日本人に生まれたからには

雑記

とくに生け花やお茶を習っているわけでもなく、セレブでもありませんが

年齢を重ねるにつれ、着物に対する憧れが強まってしまい

普段着として気軽に着物を着られるようになりたい!という夢を叶えるため

今年に入ってから着付け教室に通い始めました。

なぜ着物にこんなに惹かれるんだろうとよくよく考えてみると

幼少時から好きでよく観ていた時代劇の影響が大きいような。

時代物作品にありがちな勧善懲悪の人情溢れるストーリー展開や 

殺陣のシーン、役者の存在感等々魅力は沢山ありますが、

一番熱心に観ていたのは役者さんが着ている”着物”。

着物には四季やTPOに合わせた格や柄デザイン、色や素材があり、

柄そのものにも深い意味があって

とにかく組み合わせは無限と思えるほど奥が深いので、

歴史を学ぶだけでも相当面白いです。

また、着物だけではなく、着物を着た人たちの

所作の美しさにも日本の美が滲み出る不思議。

  • 襖を開けるとき、閉めるとき 

  • お茶をたてるとき

  • 人とすれ違うとき

  • 雨のなか急いで歩くとき

  • 座るとき 

日常のなんでもない動作ですが、着物を着るだけでガラリと変わり

風情と人間の色気のようなものがプラスされる気がします。

洋服のほうが圧倒的に手軽で便利ですし身体もラクなのですが

着物を着ると、なぜかすごくしっくりと馴染んで

ずっと着ていたくなるのは、これこそ日本人のDNAなのでは…と感じます。

会社のメンバー全員が和服姿で仕事していたら、すごく赴きがあって

面白いだろうなぁと ひとり妄想してニヤニヤ。

教室ではまず基礎となる10月~5月に着る袷の着物と

二重太鼓の帯結びの着付け練習からスタートしました。

ようやく自力でなんとか着られるようにはなりましたが、

工程が多くてなかなか覚えきれません。

時間がかかりすぎるうえ、まだまだ仕上がりが甘いので

もっと短時間で美しく着られるように鍛錬を積もうと思います。

ちょうど、今は思うように外出できない非常事態ですので

状況が落ち着くまで しばらく教室に通うのをお休みしています。

そんなわけですので、自宅の和室に籠って、ひたすら着付けの自主練習に勤しみます。

こういう時はインドア派も悪くありません。

あ~着物って楽しい♪

この記事を書いた人

キャンベル

入社年2016年

出身地東京都

業務内容デザイン

特技または趣味"特技:イラスト制作と餃子作り 趣味:ハイヒール集め・インテリア・掃除・映画・観劇"

キャンベルの記事一覧へ

雑記に関する記事一覧