公開日:2021.05.17

グルメ

こんにちは。管理部のさえです。

前回のブログでは、

インドア生活が続きストウブ沼にハマった話をしたのですが、

実は器の沼にも足を踏み入れてしまいました。

最近は大分県の臼杵焼という焼き物が好きで、

小鉢から大皿までちょこちょこと買い揃えています。

江戸後期に十数年だけ作られていた幻の焼き物だそうですが、

地元の工房が当時の資料を元に再現して販売しています。

和でも洋でもいける素敵な器たちです。

もともと器にはまったくこだわりがなく、

間に合わせで買った100均のお皿をそのまま使い続ける人生だったのですが、

器を変えただけでこんなに優雅な気分になれるものかと今更驚いています…。

器って大事だったんですね。

ではまた。

この記事を書いた人

さえ

入社年2015年

出身地東京

業務内容人事

特技または趣味登山

さえの記事一覧へ

グルメに関する記事一覧