公開日:2019.12.20

【E2Eテスト】codeceptjsでシナリオが失敗したときのURLを取得する

テクログjavascript

前提として1つのシナリオ内で1画面のテストをしている状況です。

const event = require("codeceptjs").event;

module.exports = function (options{
    event.dispatcher.on(event.test.failed, async function (test, error{
        let url = await test["steps"][0]["helper"].grabCurrentUrl();
    });
}

変数urlに取得したいURLが入ります。

これでテストが失敗したときに外部API経由でチャットツールに流して、エラーページのURLがすぐに確認する状況を作れます。

参考記事

https://codecept.io/hooks/#api

この記事を書いた人

インドア

入社年2017年

出身地埼玉県

業務内容開発

特技または趣味映画・アニメ鑑賞、ゲーム、散歩、勉強

インドアの記事一覧へ

テクログに関する記事一覧