公開日:2022.07.26

テキサスホールデムのアツい瞬間3選

雑記

はじめに

こんにちは。

初めてブログ投稿します。えふていです。

今回はテキサスホールデムというゲームを紹介したいと思います。

詳しいルールの説明はなるべく避けていますので、このゲームの面白さがどういうところにあるのかふんわりと伝われば嬉しいです。

テキサスホールデムとは

テキサス・ホールデム(Texas hold ‘em)は、ポーカーの一種。各プレイヤーごとに配られる2枚の手札と、コミュニティ・カードと呼ばれる全プレイヤー共通のカード(最大5枚)を組み合わせてプレーする。アメリカ合衆国のカジノにおいては最もポピュラーなゲームのひとつである。通常は2人から10人で行われる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

テキサスホールデムというゲームを面白くしているのはコミュニティカードというルールです。コミュニティカードは、ゲームが進むごとに少しずつ公開されていく、全プレイヤー共通の情報です。

この公開された情報を頼りに、相手の役はなんなのか、自分の役は相手にどう思われているのかを考えるのがテキサスホールデムの醍醐味です。

そんなテキサスホールデムをやっていてアツい瞬間を3つ紹介させていただきたいと思います。

テキサスホールデムのアツい瞬間3選

テキサスホールデムでアツい瞬間は次の三つです。

  • 強い手札が来た時
  • ペアだった手札がスリーカードになった時
  • 強い役を持っている時に相手に掛け金を上げてもらえた時

順番に説明させていただきます。

強い手札が来た時

テキサスホールデムでは、各プレイヤーに最初に2枚ずつカードが配られます。その配られた2枚が強い時が最初のアツい瞬間です。

特に、2枚の組み合わせがAとA、KとK、AとK、QとQの4通りは「プレミアハンド」と呼ばれ、激アツです。

これらが配られた時が、テキサスホールデムをやっていて一番楽しい瞬間です。

ペアだった手札がスリーカードになった時

配られた2枚の手札が同じ数字でペアだった場合は既にある程度強い手札だと言えますが、コミュニティカードにもう一枚同じ数字が出てスリーカードの役ができた時はアツいです。

ここで、ただのスリーカードではなく、ペアの手札がスリーカードになっているというのがアツいポイントです。

このような状況はスリーカードを警戒しづらいことから「セットマイン」と呼ばれ、ワンペアやツーペアが出来た相手からチップを沢山取れることが多いです。

テキサスホールデムをやっていて一番楽しい瞬間です。

強い役を持っている時に相手に掛け金を上げてもらえた時

テキサスホールデムでは自分に強い役が出来た時には掛け金を上げて利益を増やすことができます。

しかし、いくら自分に強い役が出来ても、相手の役が弱すぎると降りられて終わりです。ここで相手に掛け金を上げてもらえると、相手に降りられる心配が無く自分の利益が増える為、嬉しいです。

特に「ナッツ」と言われる、その状況において最も強い役を自分が持っている場合には最高です。

負ける心配が一切無く掛け金が上がっていく状況は、テキサスホールデムをやっていて一番楽しい瞬間です。

最後に

テキサスホールデムのアツい瞬間3選を紹介させていただきました。少しでもテキサスホールデムの魅力が伝われば幸いです。

最後に、実際にテキサスホールデムをやってみたいと思ってもらえた方にポーカーアプリを二つ紹介したいと思います。どちらのアプリもキャラクターが可愛くておすすめです。

特にポーカーチェイスはPCブラウザでもアプリでも遊べておすすめです。個人的にはトーナメントルール(勝ち残り戦)のランク戦があるのも嬉しいポイントです。

m HOLD’EMはスマホ縦持ちで遊べるのが魅力です。また、UIはこっちの方が綺麗です。

どちらのアプリでもゲーム内でルール説明のチュートリアルがありますので、この記事で少しでも興味を持ってもらえた方は是非一度やってみてください!

この記事を書いた人

えふてい

入社年2022年

出身地埼玉県

業務内容開発

特技または趣味ゲーム(esportsからアナログゲームまで)

えふていの記事一覧へ

雑記に関する記事一覧