公開日:2022.02.21

1000時間以上やりこんだおすすめゲーム

雑記

三度の飯よりゲームが好き、ぽんです。
趣味はゲーム、ゲームが好きすぎて新卒で入った会社もオンラインゲームの運営会社でした。

そんな私はもともとフリーホラーゲームが大好きで数百作以上のゲームを遊んでいました。一つのゲームを長く続けるというよりはクリアしたら別のゲームをという感じでしたが、オンラインゲームハマってからはほかに移るというよりは時間を焼けてやりこむようになっていきました。今回はその中でも1000時間以上やりこんだ神ゲームをご紹介したいと思います。

Dead by Daylight

Dead by Daylight通称DBDはキラー1人とサバイバー4人に分かれ対戦する非対称型サバイバルホラーゲームになります。
サバイバーはキラーに殺されることなくマップからの脱出すること、キラーはサバイバーを殺すことを目的とし対戦します。

 

ハマりポイント

  • キラーの種類が豊富!

ステルス型、罠設置型、高速移動型など様々な特性を持ったキラーがいるため、キラーを使う場合には種類が豊富で飽きない、サバイバーを使うなら毎度キラーに併せて立ち回りを変えるので単調にならない

 

  • レベルを上げると使えるスキルが増える

キラー・サバイバーそれぞれにパークというレベルを上げていくごとに得られるスキルがあり、自分の戦闘スタイルに合わせてカスタマイズできる

 

  • マップが豊富!

様々なマップが豊富にそろっているため地形や広さもバラバラ
そのマップの特徴に沿った立ち回りが求められる

 

見どころ

  • 有名作品とのコラボ

SAWやバイオハザード、エルム外の悪夢など様々な作品とコラボしており、その作品のキャラクターがキラーやサバイバーとなり登場するほか、マップも出てきます
結構再現度が高いので作品のファンで臨場感を味わいたい方は必見です!

 

▼コラボ作品(2022/02/21時点)

作品名サバイバーキラーマップ
『Left 4 Dead』ウィリアム・ビル・オーバーベック
『ハロウィン』ローリー・ストロードシェイプランプキン・レーン (ハドンフィールド)
『悪魔のいけにえ』カニバル
『エルム街の悪夢』クエンティン・スミスナイトメアバダム幼稚園(スプリングウッド)
『SAW』タップ刑事ピッグザ・ゲーム(ギデオン食肉工場)
『死霊のはらわた』アシュレイ・J・ウィリアムズ
『スクリーム』※1ゴーストフェイス
『ストレンジャー・シングス』スティーブ・ハリントン
ナンシー・ウィーラー
デモゴルゴン地下施設(ホーキンス国立研究所)
『サイレントヒル』シェリル・メイソンエクセキューショナーミッドウィッチ小学校
『バイオハザード』レオン・S・ケネディ
ジル・バレンタイン
ネメシスラクーンシティ警察署
– ※2リー・ユンジントリックスター
『ヘル・レイザー』ピンヘッド
『SADAKO RISING』浅川陽一貞子?

※1 K-POPブームや韓国文化の描写のため、DJ SwivelとKevin Wooが監修

Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/Dead_by_Daylight

※2 半分は映画『スクリーム』からの設定を用い、他半分を制作チームによる創作としてリリース

Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/Dead_by_Daylight

初めてハマったオンラインゲームで、フリーホラーゲームであったキラーとチェイスする要素に惹かれ始めたゲームです。脱出ゲート開通後、キャンプされているサバイバーをごり押し救助したい派なので、野良の味方と連携しパークやアイテムを使ってごり押し救助できると面白いです。

キャンプ…キラーが捕まえたサバイバーを確実に殺すため、目の前から離れない行為
野良  …オンラインでマッチした相手のこと

ApexLegends

ApexLegends通称Apexは、3人1部隊の計20部隊で生き残りをかけて戦うバトルロイヤル形式のFPSシューティングゲームです。
基本無料のため、ゲームに対応したコンシューマーさえあれば誰でも気軽に始められます。

ハマりポイント

  • ゲームモードが豊富


ゲームモードは大きく分けて、ランクマッチ・トリオorデュオ・アリーナモード・イベントの3種類あります。

「ランクマッチ」…自分と近しいランク同士で戦えるモードで、キルや生き残り順位に応じてポイントをためていきランクを上げるモード

「トリオorデュオ」…ランクに関係なくマッチでき勝っても負けても失うものががない「カジュアル」と呼ばれるモード。その名の通りトリオは3人1部隊、デュオは2人1部隊。

「アリーナモード」…3人対3人で戦えるモード。20部隊で戦う他のモードと違い漁夫の恐れもないので、単純な撃ち合いの強さで戦える(こちらもランクマッチとカジュアルがある

「イベントモード」…期間限定のイベントモード。定期的に内容は変わり、陣地取りモードや無限リスポーンモードなど様々なゲームモードが遊べる

 

  • キャラクターによってスキルが異なる

敵の位置をスキャンできたり、味方を守るドーム状のバリアが貼れたり、味方を高速蘇生・回復できるなど、キャラによって異なるスキルがある
3人1部隊なので、キャラ同士の相性もあったり、チャンピオンを取るうえで重要な要素になる

 

  • マップが複数ある

広さ、遮蔽の多さなどが異なるマップが4種類ある(2022/02/21時点)
街や建物が多めなマップ、崖や岩が多めなマップ、空に浮かぶ落下地点に要注意なマップ、最も広い南国をイメージした大自然マップなどあり、シーズンや時間帯によって遊べる
見どころ

 

  • Apex大会

国内から海外まで様々な大会が開かれています。
カジュアルやランクとは違う立ち回りとなり新鮮です。
またプロの大会となると、桁違いのプレイを見られます!

 

初めてのFPSでしたがいまだ続けています。体力が多いので即死しにくい、ヘッドショットを狙わなくても勝てる、マップへの理解度が高くなくてもそれなりにやれる…といった感じで難易度もそれほど高くなく、さらに基本無料なこともあり初めてでも試しで始められるゲームです。実際、聞いていてもFPS初心者で始めた人が結構いました。パーティーを組めるならそれに越したことはないですが、ソロでもそれなりに楽しめるしランク上げもできます。

 

気になった作品があったらぜひプレイしてみてください!

この記事を書いた人

ぽん

入社年2018年

出身地東京

業務内容マーケティング

特技または趣味ゲーム

ぽんの記事一覧へ

雑記に関する記事一覧