公開日:2021.12.14

1年前の自分へ伝えたいこと

雑記

早いもので、入社して1年が経過いたしました。(正確に言うと10月入社なので1年と2ヶ月です)

いろんな学びがあった1年であり、入社した頃よりできることが少しは増えて

一丁前に1年前の自分に説教をできるくらいにはなれたような…なれていないような…

ということで来年の自分はもっと成長できていることを願って記録に残したいと思います。

わからないことがあったらどんな些細なことでも聞く

一番伝えたいことはこれでした。

文字に起こすと簡単なことですが、これが結構難しい…

「これ質問していいのかな?」「自分で調べることなんじゃないかな?」と考え込む。

自分で調べてはみるが、見当違いの情報に溺れて結局期待していないことを検索し続けるという最悪な状態。

「質問」という行動のハードルを自分で上げていたんですね。

自分で調べることはとても大切です。調べようとする姿勢も大切だと思います。

しかし迷宮入りするなら聞いたほうがいいとわたしは思います。

どうやって克服したのか、何がきっかけだったのかと振り返りました。

きっかけは2つありました。

  • 「今の質問は良いですよ」とわたしの質問に対してフィードバックをいただけたこと。
  • 「15分考えてわからなければ質問します」というアドバイスをもらったこと。

質問して先輩とコミュニケーションを取ることのメリットは問題解決だけではなく他にもあると考えています。

  • 先輩が問題を解決する方法を間近で見れること
  • わたしが理解していること、理解していないことが伝わる。わかってもらえる。

問題解決方法は一回見ただけでは、はじめ何をしているのかさっぱりでした。

しかし、先輩方が日々丁寧に伝えようとしてくださったおかげで、

少しづつ問題解決方法を盗み、真似できるようになってきたと思います。(あくまでも1年前の自分比)

来年の自分はこのブログを読んで、どう感じるのでしょうか。

もっと強くなって、先輩に頼らずできてることを期待しています。

(と言いつつときには頼ることも大切と考えています)

さて、今日も1日の終わりのビールめがけてがんばろーっと。

この記事を書いた人

まっちゃん

入社年2020年

出身地静岡県

業務内容web開発

特技または趣味魚をきれいに食べること、お笑い観賞

まっちゃんの記事一覧へ

雑記に関する記事一覧