ヒールに魅せられて

毎日更新ブログ

こんにちは。デザイン課のキャンベルです。

今回は、わたしの生き甲斐のヒールパンプスについて

勝手に語りたいと思います。

 

ご覧ください。我が家のシューズクローゼットの一部です。

IMG_7523

持っている靴のうち、95%がヒール。なんとも異様な眺め。

 

最も歩きやすく愛用しているのが、9センチヒールのパンプス。

これは色違いで6足揃えています。

なぜかというと、とにかく歩きやすいから。

足型がまるで自分用に誂えたような心地よさなのです。

 

購入したお店では、おなじ足型を使ってオーダーができるため、

季節ごとに色と素材のサンプルを見ながら、新しい一足を考えます。

約半月~一ヶ月ほどで、自分だけのパンプスが完成します。

お店に受け取りに行き、実物を見せてもらって

試着するときの幸福感といったら…♪♪♪

 

なぜこんなにヒールに魅せられるのか。

 

窮屈で痛いし、まるで拷問。

苦痛だからパーティー以外では履けないっていう女性のほうが多いです。

でも、脚に合っていればそこまで苦痛じゃありません。

ちょっと苦痛なくらい(笑)

 

わたしはぺたんこ靴を履くと、生きている心地がしません。

歩き方もガサツになります。

女性的で美しいフォルムのヒールの靴を身に纏うだけで

歩くことがとてもアートになります。 

 

どうですか?完全に自己陶酔の世界でしょう。ヘンタイでしょう?

誰のためでもなく、自分のために、わたしはこれからも

ヒール靴を履き続けます。

 

ちなみに、2017年春はこちらの一足をオーダーして先週完成しました。

IMG_7522

甘すぎない、ちょうどいい大人色のスウェードピンク。最高です。

 

いつか、近いうちに、

ルブタンの目の覚めるようなブルーのヒールパンプスを買います。

10万くらいするけど。夢です。

 

そのためにも、頑張って働きます☆

▼ テクテクテクってる 関連記事