公開日:2019.06.26

世界最初のグミを知っていますか

レビュー

実はグミが大好きなじゅんすですこんにちは。

皆さんは世界で最初に作られたグミってご存じでしょうか。

コンビニやスーパーでよく見かけるあのグミですよ、ほらあれ。

一度は見たことがあるかと思います。

そう、ハリボー(HARIBO)です!

名前や画像を見て「あ~!」と思ったでしょう。

今では何十種類もありますよね。

片面がマシュマロっぽい生地のタイプや砂糖の粒が塗されているタイプ、「世界一まずい」とよくネタにされているタイヤみたいなタイプ等など。

僕の好きなグミの1つでもあるハリボーですが、なぜ「ハリボー(HARIBO)」という名前なのか知ってますか?

その昔、ドイツでは歯の病(虫歯や歯周病)が流行っており、その主な原因は咀嚼力の低下でした。

噛む力が弱いと咬み合わせが悪くなり、結果として歯の病を患ってしまうのです。

それを見かねた「ボン(Bonn)」という町にいた「ハンス・リーゲル(Hans Rigel) 」さんは、

「子供のうちから咀嚼力を高めてあげれば解決するだろう」

と思い、咀嚼力を高めるキャンディーとしてグミを作ったのです。

ここで気づいたと思います。

なぜ「ハリボー(HARIBO)」という名前なのか。

そう、「Hans Rigel」と「Bonn」の頭の文字から名付けられたのです!

ほぇ~~って感じですよね。

僕も同じですもん。

世の中には作成者の名前から名付けられたものが数多くありますがハリボーもその中の1つなんですよね。

とまぁ、ほぇ~っとなるお話でした!

因みにハリボー以外で好きなグミは「果汁グミ」「コーラアップ」です。

弾力のある固めのグミが好きなのでどれも冷蔵庫で冷やしてから食べてます。

(冷やさなくても十分弾力ありますが、さらなる強さを求めているので)

この記事を書いた人

やまじゅん

入社年2018年

出身地東京都

業務内容web制作

特技または趣味サイクリング、読書、料理

やまじゅんの記事一覧へ

レビューに関する記事一覧