【仮装祭】10月といえば・・・

 

ハッピーハロウィーンっっ!!!

明日10/31は大人も子どもも大騒ぎするお祭り、ハロウィンですね!

 

その由来や背景などはこの際すっ飛ばして、
コアテックでもハロウィン祭り2015を開催致します。

 

チームごとの予算内で、よりRealに! よりHigh Qualityに!
かつBeautifulでExcitingな仮装を披露してもらいます。

 

業務が忙しい中、参加してくれた精鋭4チームをご紹介いたしましょう。

 

 

まずは【チーム米魂】001

予算1,500円に群がる男たちの図です。

4人だけど、ヤー!!!

 

 

 

お次は、キレイ系男子チーム

【チームマジカルNew face】

002

こちらは一般的に言われるジャンケンの方式で言えば、勝ってます。千円札に。

予算は1,500円です。

 

 

 

今回、唯一の女性チーム【チーム不仲説】

003

むむむ??

他チームは予算1,500円のところ、女子チームは予算5,500円とのこと!!

 

コレがコアテック名物、女性優位のフェミニストシステムでございます。

コアテックは働く女性に優しい企業です。

 

 

 

最後のチームは【チーム中間管理職】

004

予算1,500円を手にしながら、明らかに不利なフェミニストシステム発動を目の当たりにしても、3人の表情からは余裕が感じられます。

板についた愛想笑いは中間管理職経験の賜物ですね!!

 

 

 

 

 

 

さて、各チーム予算を手にしたところで、買い出しに行ってもらいました。

 

 

その戦利品がこちらになります。

005678

ダンボール工作作業を入れてきたチーム。

すでに仮装内容がネタバレしているチーム。

100均で苦戦したのだろうな、と努力の跡が見えるチーム。

パンストで荒業に出そうなチーム。

 

それぞれ予算内で工夫した市販品を購入してきた模様です。

 

 

 

 

 

ここでいよいよ、各チーム思いの詰まった仮装を披露していただきたいと思います!!

 

 

 

 

 

まずは【チームマジカルNew face】

009

THE 出っ歯ドラキュラ☆

 

010

自慢の八重歯まで前に出気味なドラキュラ以外の何者でもありません。

仮装の基本、顔の白塗りに始まり、黒の革靴までの全身トータルコーディネート。

ハロウィンのお手本にしてほしい仮装です。

 

 

 

 

 

 

続いて【チーム不仲説】

011

映画「デスノート」より「L」

顔出し前&顔出し後です。

 

012

唯一の女性チームでしたが、この日のためにロングの茶髪を黒髪ボブにチェンジしたとのこと!!

どのチームよりも下準備の跡が見えるダンボール工作。

5,500円の高額予算に奢らず、時間を手間とプライドを掛けたQualityに拍手でございますっ!!

 

 

 

 

 

 

お次は【チーム中間管理職】

013

奈良県マスコットキャラ・せんとくん

 

014

優しい眼差しと、全身に適度に付いた筋肉。

おでこの出っ張りは暗闇でも光る仕様の「白亳(びゃくごう)」。←正確には毛です。

細かな装飾までこだわって考慮され仮装されています。

さすがサラリーマンのカガミ!よっ!中間管理職っ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ラストは【チーム米魂】

 015

ちょっっっ!!

コレはあかんやつっっ!!

 

 

 

016

あぁ・・・よかった。履いてました。ゴミ袋を。

 

なんの仮装かとお思いでしょう皆様。発表いたします。

 

 

 

アダムとイヴです。

人間の祖です。

 

 

アダムとイヴは善悪の知識の木の実を食べたことから裸であることを恥じ、衣類を身につけたそうです。

今、私は、この2人のために文章を書かなければいけないことを恥じております。

 

 

 

 

 

 

 

何はともあれ、各チーム力を出し尽くして、コアテックのハロウィンを盛り上げてくれたと思います。

017

最後に皆で記念撮影☆ぱしゃりっ!

 

 

 

 

 

それではみなさま、素敵なハロウィンを☆

 

 

 

 

 

 

 

end

もう少しだけこの世界で生きてみたくなりました。

 

 

 

 

 

Cast:

【チーム米魂】 らっくんうがちゃんえべっさんかずくん

【チームマジカルNew Face】 コンボイかとちゃんもっさん

【チーム不仲説】 おっしーちばちゃん

【チーム中間管理職】 ちゃらおぶーちゃんマスオさん

Photo: ちゃらおえべっさん

Writing & Image: くまかとちゃん

 

 

▼ 太平洋で一番テクってる 関連記事