コアテック

新着エントリー

カテゴリー

アーカイブ

Pro Toolsも無償化の時代へ-Pro Tools | Firstが近日ダウンロード提供されるそうです。

Pro Toolsと言えば、DTMを嗜んでいる方々にとってはある意味「高嶺の花」的な存在のDAWであり、実際プロの現場では大体が当たり前の様に導入されているソフトウェアです。 しかし、高嶺の花であるが故になかなか導入するのを躊躇うソフトでもあり、数年前までは特定のオーディオインターフェイスが導入されていないと使えなかったりとか、後年それ...

続きを読む

KORGの秋の新製品はぶっ飛んだものが多い(笑)

9cc17b2ede9a1241d1a69cda61b19026_pc
という訳でまずはこれを見てください。   日本三大シンセメーカーのひとつ、KORGが9月4日に発表した新製品群なのですが、monotribe, minitribe, WAVEDRUM mini, MS-20 mini, MS-20 KIT, volcaシリーズ, kaossilator 2,mini kaoss pad 2等...

続きを読む

『隔週刊ボカロPになりたい!』の評判。

vocalopninaritai_01
さて、先日突如としてこの様なボカロ雑誌が創刊されることが発表となりました。   隔週刊ボカロPになりたい! 雑誌とは言っても通常の雑誌ではなく、所謂デアゴスティーニに代表される「分冊百科」と呼ばれる、シリーズで発行される雑誌となります。 実際の所、こういう「ボカロP入門書」的な書籍というのは今までに色々なところから出ておりま...

続きを読む

ボカロPを始めようとしている方向けのPCセットが出たそうで

お久しぶりです、エセボカロPのとっきーです(笑)。   最近はボカロにかこつけたコラボ商品とかそう言ったものが出回っているご時世ではあり、玩具やらお菓子やら飲みもの、果てやAndroidタブレットまで出てくるご時世だったりするわけですが。 そんな中、DTMの方でも初音ミクV3を軸にした初心者用ボカロセットが販売されたことについて、以前の...

続きを読む

果たしてネットブックにボカロ環境を構築できるのか?!

新年あけましておめでとうございます。 大晦日には偉大なるポップスメーカーである大瀧詠一氏の訃報が飛び込んで来てびっくりしましたが、「ナイアガラ不滅プロジェクト」と言われるオリジナルアルバムの30週年記念リマスターシリーズについては最後の作品である「EACH TIME」のリマスター作業は完了していたという話も出ていますので、彼の作品のリリ...

続きを読む

必要最低限の費用でボカロPを目指したい方へ。

という訳で、最近巷ではVOCALOIDのMac対応や9月には「初音ミクV3」が出たりと色めきだっていると思います。そして中には「ボカロPデビューセット」と称して、「初音ミクV3」(もしくは英語DBもセットになっている「初音ミクV3バンドル」)とMIDIキーボード、オーディオインターフェース、ステレオヘッドフォンのセットを、所謂バンド系...

続きを読む

VOCALOIDが遂にMac対応に!

音の寺子屋
去る7/24にヤマハのVOCALOID新製品発表会があり、そこでかねてから要望の高かったMac対応に関する商品が発表となりました。   VOCALOID Editor for CUBASE NEO(8/5発売) VY1V3 NEO(8/5発売) Mew NEO(9月発売/Windowsユーザー向けMac版インストーラ...

続きを読む

16800円でボカロPになれる?…クリプトン、VOCALOID3ライブラリ「KAITO V3」の中身の凄さ

ども。多分今年で最後の更新でなるであろう「音の寺子屋」です。 それにしても昨日はとてもエキサイティングでした。 というのも、「初音ミク」でVOCALOIDブームの火付け役となったクリプトン・フューチャー・メディアから初のVOCALOID3ライブラリ「KAITO V3」の予約開始が始まったと同時に、その内容について発表され、それがあまりに...

続きを読む

FACTORYのススメ。

音の寺子屋
「風変わりなライブハウスFACTORYへようこそ!」 と言う訳で、今回はFACTORYと言うBSフジで放映されている番組について書いていこうかと思います。 さて、一番最初に書いたFACTORYのキャッチコピーですが、この番組、文字通りスタジオをライヴハウスに模した感じにし、収録ではライヴハウスでのライヴを行うというスタイルをとってい...

続きを読む

VOCALOIDを簡単に人間らしく歌わせる技術、ぼかりす。

VOCALOID界隈をチェックしている方であれば必ず一度は耳にしている言葉「ぼかりす」。 知らない人には「なにそれ?」と言われそうなので説明しますと、産業技術総合研究所と言うところが「ユーザ歌唱を真似る歌声合成パラメータを自動推定するシステム」として「VocaListener」というものを2008年から開発していまして、それの愛称が「ぼ...

続きを読む