CORE TECH RECRUIT 社員インタビュー

上司との距離が近い

Webインテグレーション事業部
プロジェクトマネージャー
森 一馬

  1. Q1 入社して大変だったことは?

    前職は畑違いの工場勤務で、全くプログラミングの知識がない状態で4年前に中途入社しました。弟がエンジニアだから自分にできないわけがないと思って腹くくって転職したはいいものの、ショートカットさえわからない状態からのスタートだったので一人で仕事できるようになるまで1年近くかかりました。でかいプロジェクトに入ってからはコツをつかめたので流れに乗って成長できました。

  2. Q2 仕事をする上で大切にしていることは?

    コミュニケーションをとることです。上司はもちろん、メンバーに対してホウレンソウは必ず行うようにしています。最低限円滑に案件を回すために必要だと思っています。幼少期に人に触れる機会が非常に多かったので自然と身についてはいたものの、改めて仕事で、となると意識して取り組む必要があるなと思いました。

  3. Q3 コアテックで仕事をする理由

    チャンスを与えてくれるからです。自分を成長させてくれる環境なので、まだまだ上を目指せると思っています。PMになったのはもともとは先輩からの推薦でした。今いくつか案件を持っているんですが、それらは自分から自発的に取りに行ったもの。積極性や自発性を特に大切に考え、チャレンジに寛容な環境だと思います。

  4. Q4 社内で気に入っていること

    上司との距離が近いところがいいですね。前職では上司との距離も遠くて、なかなか会うこともできなかったので。今社長や役員と一緒のフロアで働いていることが嬉しいです。だからこそ風通しの良い社風で、上司からの評価をきちんと受けられるような気がします。

  5. Q5 これからの課題・目標

    去年台湾支社ができて、今台湾と連携して業務を行っていますが、まだまだスムーズに連携ができているか、というとそうではありません。当面の目標は、お互いの連携や関係性を円滑にして業務をもっとうまく回せるようにすることですね。そのために自ら台湾へ赴いたり、社員との積極的な交流を行っています。