採用メッセージ

弊社、代表取締役より採用にあたってのメッセージです。

コアテックでは設立時から“ひとがら”を重視した組織形成を心掛けています。
もちろんスキルがあることも重要。
会社によってはドライにスキルのみを評価して採用するところもあると思いますが、コアテック
はスキルと同じくらい“ひとがら”を重視します。
私はビジネスだけでなく人生全般において、結局行き着くところは人間性であると考えています。
コアテックはこの“ひとがら”に優れた人材が数多く在籍しています。
例えば貴方がコアテックに入社したとします。
新しい会社に入社するなんて、誰でも緊張するものですよね?
しかし、緊張や遠慮をしたままで自分が本来持っているパフォーマンスを発揮できますか?
コアテックでは、まずあなた自身が持っているパフォーマンスを発揮できるよう周囲がしっかりとサポートします。
「自分の入社時はどうだったか?」と親身になって考え、接してくれる先輩の“ひとがら”がきちんと支えてくれます。
環境に慣れたら、今度はあなたが今以上のパフォーマンスが出せるように努力する番です。
肝心な日常の業務ですが、こちらは常に様々なプロジェクトが混在して大忙し。スケジュールも隙間無く埋まっています。
が、
コアテックでは世間に蔓延っている「長時間の労働=成果」という考えは一切ありません。
中途入社してきたスタッフのほとんどが、前職でのネガティブな労働条件を挙げます。
毎日の長時間労働や休日出勤を強いたとすれば、心も身体も疲弊・磨耗し、仕事へのモチベーションも下がるばかり。
やがて会社に行くことが苦痛となり、仕事へのアレルギー症状が出て「辞めさせていただきます」という流れも容易に想像できます。
中小規模の会社で退職者が頻繁に続出すれば、採用費もかかります、新人教育の専任者も必要でしょう、人事スタッフの増員も必要、そうなれば人件費もかさみます。
失う人材とタイミングによっては重要なプロジェクトの進行にも大きな悪影響が出るかもしれません。
何よりもコアテックが選んだ優れた人材を簡単に失うことは避けたいところです。
そういった「負の連鎖」を起こさない為に、コアテックではワークライフバランスにも重点を置いています。
「とにかく報酬にこだわる。その為には血の滲む努力もする」という人には不向きかもしれませんが、「自分の人生、家族のために時間もゆとりも欲しい。その為に精一杯の努力をしていく」という人にはマッチする職場です。
一日頑張ってやるべき仕事が終われば遠慮なく帰ってください。
やるべき仕事が終わらないのなら無理して踏ん張ってください。
「自分のため」「家族のため」という気持ちがあれば、誰が何を言わずとも進んで頑張れるはずです。
そこで頑張れない人間は自然と淘汰されていきます。
最後に「コミュニケーション」について。
世の中にはコミュニケーションが欠如している会社もあれば、コミュニケーション過多の会社もあります。
そう考えるとコアテックは「いい塩梅」なコミュニケーションが得られる会社です。
長々とつづりましたが、興味のある方は是非ご応募ください。

代表取締役兼CTO新納誠一