公開日:2021.03.04

春の思い出

雑記

お疲れ様です。

3月となりました。

まだ寒い日もありますが、早春の日差しと、春の風が香るのを感じます。

春は、つくし、タケノコ、フキノトウ、タラの芽、ぜんまい。

つくしは卵とじ。

父方の親戚の家で新聞紙の上に広げたつくしの、節節にまとっている弁のようなもの(はかま、といういうそうです)を取り除いて、

手を緑色の胞子だらけにしました。

フキノトウはやはり天ぷら。塩をつけ、苦みをかみしめ、味わう。

父に連れられて、よく山へ山菜取りに行きました。枯草、雑草の中目を凝らし、見つけるたびに誇らしい気持ちになります。

他にもタンポポの葉を天ぷらや、サラダで食べたりもしました。

よく道端で見るタンポポにも2種類あって、蕚(がく)が上向きに張り付きまとまっているのがニホンタンポポ、

張り付かず垂れ下がっているのがセイヨウタンポポ。

ニホンタンポポは葉が柔らかく、えぐみがあまりありません。

セイヨウタンポポは、食べたことないのでわかりません。

という春の、子供のころの思い出でした。

この記事を書いた人

うなぎ

入社年2018年

出身地愛知県

業務内容開発

特技または趣味煮物

うなぎの記事一覧へ

雑記に関する記事一覧