信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • 雑記

    初めてのQiita投稿

    どうも!在宅ワーカーのわいです!タイトルの通り、先日初めてQittaに記事を投稿しました。【初めての個人開発】FlaskアプリとTwitterの自動返信BotをHerokuにデプロイした話https://qiita.com/YiwaiY/items/ce790838725aba54c035すごいターゲットが狭いのですが、自分の躓いたところをメモ的に書きました。次はTwitter APIについて調べてもなかなか出てこなかったところを中心にメモを残したいと思います。記事を書いて思ったんですが、自分の言葉でまとめるというのはかなり大変な作業ですね。ちゃんと理解していない固有名詞の多さに驚きました。最後に今年下半期の目標ですが、・漢検2級・世界遺産検定2級・AWSソリューションアーキテクト アソシエイトのどれか一つでも取ります。宣言でもしないと、勉強のやる気が起こりません。ということで、みなさん圧力のほどよろしくお願いいたします。以上、わいでした。健闘を祈る!!
  • 画像:ブログサムネイル

    雑記

    今話題の対馬

    こんにちは。今話題の『Ghost of Tsushima』をひたすらやっています。おすすめポイント①圧巻のグラフィック②多様な戦闘方法③重厚なストーリーまずは何といっても「圧巻のグラフィック」です・・製作は海外らしいのですが、実際の日本より日本っぽいです。海外でよくあるやつ。季節は秋なのですが、紅葉や黄葉がめちゃくちゃ綺麗で景色を見てるだけでも楽しめちゃいます。戦闘の時の血吹雪なんかも凄いです(*^▽^*)正直PS4だと60fpsしか出ないのでもったいないくらいです。PC版ででないかな(´・ω・)まあ風景を楽しみにながら対馬を走っていると所々に敵の拠点が出てくるわけです。そこを潰すために戦うのですが、「多様な戦闘方法」の中から自分で判断して攻め入ります。ステルスで闇討ちするも良し、正面から入って一騎討ちを申し込むもよし。戦闘はかなり忙しいです。暗具と呼ばれる道具を駆使しつつ、敵の武器に合わせて剣を構える型を切り替えたりします。慣れるまでは結構死にます。(´;ω;`)こういう感じの広大なオープンワールドのゲームって結構ストーリーが雑だったりするんですけど、結構「重厚なストーリー」かなと思います。サブクエストだったりとにかくやりこみ要素が多いです!簡単に説明すると対馬に元寇が攻めてきて、支配されてしまいます。こんな感じのおじさんやこんな感じのおばさんと一緒にこんな感じの敵を倒して対馬を取り戻すストーリーです。皆さんも夏休みにぜひやってみては。
  • 雑記

    Amazonプライム

    こんにちは。ディレクターのタクヲです。最近、某ゲームで対馬を馬で走り回ってますが、そもそも対馬と佐渡ヶ島の位置を勘違いしていることに気づきましたお恥ずかしいかぎりですさて、本題唐突ですが、みなさん動画配信サービスは何を利用していますか?Netflixだったり、Huluだったり色々ありますが、私はAmazonプライムを利用しております単純にお急ぎ便利用の為にプライム会員になっていましたが、動画やら音楽やらも利用できるようになりお値段以上の満足感があります本日はAmazonプライム動画で配信されているオススメのタイトルを紹介します!※ベタなものもありますがご容赦ください■ゲーム・オブ・スローンズ海外ドラマを全然見ない私が、唯一ハマって1ヶ月くらいで見終えた有名作ですストーリーはとてもよいですのですが、基本エログロです西洋ファンタジー感満載でドラゴンやら魔法やらも出てきますが、基本エログロですなんか魔物みたいな軍団も出てきますが、基本エログロですでも面白いあと最終章だけまだプライム特典になっていないので、他サービスか有料レンタルしてくださいちなみに私の推しはジリちゃんです■銀と金カイジで有名な福本伸行原作コミックの実写ドラマです2017年にテレビ東京で放送されていた当時は見ていなかったのですが4Kテレビに買い替えた時に4K映像を試すつもりで見てみたら意外と面白いなという感じリリー・フランキーの平井銀二ってどうなの?って思ってましたが、割とハマってるし、原作の平井銀二よりもおっかないというかなんというか原作がかなり昔のコミックなので今見ると、どんな設定だよwとなるところもありますが、そこを割り切れば楽しく見れるかと思いますw■有田と週刊プロレスとくりぃむしちゅー有田さんが過去の1冊の週刊プロレスについて熱く語る番組ですプロレスラーのモノマネをよく披露する有田さんのプロレス知識がすごい上にさすがのトーク力でプロレスを知らない人でも楽しめる番組になってます知人はこの番組見てからプロレスに興味を持ち始めました■相席食堂関西のABCテレビで放送している芸人の千鳥のバラエティ番組ですゲストのタレントさんが旅ロケで地元の人と相席する様を千鳥がツッコミを入れていく、という内容なのですが、これが本当に面白いw普段旅ロケをしなさそうなタレントさんが選ばれることが多く、ロケに不慣れが故にツッコミどころ満載な映像に仕上がったところに千鳥の的確なツッコミがより面白さを引き立てるという、完璧な作り今一番好きなバラエティ番組かもしれませんと、4作紹介させていただきましたまだまだ情勢が落ち着かないので、家にいることが多いと思いますのでもし興味があったら暇つぶしに見てみてください~
  • 雑記

    やりごたえのあるゲーム

    みなさんこんにちは、kaiです。昨今の事情からリモートワークで仕事をしている毎日ですが外出が憚られる反面、通勤時間がないことで趣味に費やす時間が増えました。私は普段ゲームをしているのですが時間に余裕ができたこともあり、以前から興味があった「ダークソウル」シリーズに手を出してみました。このゲームは敵の対処や攻略が非常に難しく、何度もリトライさせられますが決して理不尽なものではなくやっていくうちに敵の動きを覚えていき最後に倒せたときには言いようのない達成感を感じることができます。この辺のゲームバランスが絶妙ですっかりダークソウルの魅力に引き込まれました。また世界観も非常に奥が深くいまだにファンの間で設定の考察などが盛んなようです。こういったコミュニティが活発なのはこのゲームが長く愛されている証拠ですよね。開発のフロムソフトウェアからは他にもSEKIROやブラッドボーンなどダークソウルのシステムを踏襲した名作がたくさん出ているので一通りプレイしようと画策中です。それでは、また!
  • 画像:ブログサムネイル

    雑記

    スクラブマニア

    こんにちは!でらです。私はスクラブのものを集めるのが好きなので今日はお気に入りを紹介したいと思います。【引用】https://www.sabon.co.jp/products/Bath_Bodycare/Body_Scrub/有名なのですがSABONのボディスクラブです。香りの種類がたくさんあるのですが私はムスクが好きです。例えると海外のせっけんみたいな香りです。死海の塩とオイルが入っているのですが、今使っているやつが蓋がゆるんでてオイルだけこぼれて泣きました(´;ω;`)たまにデリケート・ジャスミンの方も使うのですがそっちはいい匂いのする草原って感じです。【引用】https://www.cosme.net/product/product_id/10188438/topこっちはLUSHのリップスクラブです。限定のものがよく出るのですが今はユニコーンというものを使っています。例えるなら海外のお菓子みたいな香りがします。使った後、指と唇が若干紫になります。お値段もお手頃なのでプレゼントにもおすすめです。ではまた!
  • 画像:ブログサムネイル

    雑記

    歌姫伝説

    コロナ感染者数がどうとか、毎日雨だったりとかぱっとしないですね。気の持ちようだ、とも言えますがなかなか難しいですよね。そんな時は好きな音楽に包まれて現実逃避をする麦酒です、こんばんは。歌手、ミュージシャン、アーティスト…呼び方はいろいろありますが、誰にでも好きな歌い手さんは何人かいると思います。では、あなたにとっての「歌姫」は誰ですか?急に本題ですが、今私は「中森明菜」(敬称略)の一択です。私は彼女の全盛期をリアルタイムで見ていましたし、CDも数枚持ってますのでそもそも好きではありました。当時の映像をYouTubeで見ることができるって、本当に素晴らしいです。この自粛期間中にあらためて見て、鳥肌が立つほどの衝撃、感動でした。何がって、・CDより生歌の方が上手かもしれない圧倒的な歌唱力・当時は生意気で不愛想な印象(で売っていた)だったが、 実はとても楽しそうに歌う純粋さ・10代とは思えない艶やかな表情、特に流し目・存在感、オーラもう、全てにおいて次元が違います。「中森明菜って誰?」とか、「知ってるけど曲は知らない」と言っている皆さん。ハッキリ言います。騙されたと思ってYouTube見てください。少しでも興味を持っていただいたあなたに、名曲はたくさんありますが個人的に絶対に外せない4曲をご紹介します。■禁区  1983年それはちょーっとでーきないー相談ねー18歳にしてこの目力。■北ウイング  1984年少し不安よ…       19歳にしてこの憂い。■サザン・ウインド   1984年いたずらぎみに一瞬ウインクをーこんなに笑顔で歌っていたなんて…そしてそして、極めつきのこちら■十戒(1984)   1984年何も一人きりじゃできないー19歳にしてこの流し目…刮目せよ!これ以上の説明は野暮ってものでしょう。ぜひ見ていただきたいです。またまた余韻に浸っている麦酒です。それでは!