信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • 画像:ブログサムネイル

    レビュー

    ドローンしてますか?

    こんにちは。時代はドローンですね。飛んでるの見ないけど。一応、渋谷に勤めるITの人と言えなくもないのでちょっと前に買いました。まあただのガジェット好きなのですが。と言ってもまともなドローン様は6万〜20万くらいするし、そんなのぶっ壊したり失くしたりしたら泣いちゃうので怖くて買えません。今時のはどうやら自動で障害物避けたりトラブると勝手にGPSで戻ってきたりするらしいですけど、絶対にやらかす自信があるので。あと法律でそういう機種は街中で飛ばしちゃいけないらしいですね。機体の重量とかで決まってるとか。というわけで一万ちょいのTelloってトイドローンを買いました。https://store.dji.com/jp/product/tello?vid=38421業界トップのDJIが技術供与して作ったとかでお値段の割に評判いいらしいです。他の触った事無いから知らないけど。スマホのwifi経由で操作するんでせいぜい数十mくらいしか離れられないし、風に流されまくるし色々制限ありますが写真も動画も撮れるしなかなか楽しいです。こんなのが一万ちょいで買える世の中になったんですね。高いのも欲しくなります。ドローンの一つ二つ失くしてもヘラヘラしてられる位に稼げるようになりたいもんですね。では。
  • レビュー

    エリック・ホッファー読み比べ

    こんにちは!エリックホッファーという人を知ってるでしょうか。かっこいい作家です。詳しくはwikipediaとかにありますが、作家というよりも沖仲仕の哲学者といった呼ばれ方の方が有名です。日本語で読めそうな本をほぼ読んだので個人的な感想を書きたいと思います。大衆運動http://amzn.asia/d/ddsHijQ大衆運動が起こる条件を分析してる本です。基本的にホッファーは一般大衆側の視点にしっかりと立って考えることを最後まで続けていた人でその原点的な本です。長編処女作。訳の関係もあるとは思いますが堅苦しく結構読み難かった印象です。現代という時代の気質 (ちくま学芸文庫) http://amzn.asia/d/5JrBDwKこれでホッファーにはまりました。読みやすいしガツンときました。訳者が柄谷 行人です。ちゃんと読んだことないですが個人的にこの人の文章があまり得意じゃないのもあってか、もうちょっといい訳だったら最高だな、と思いました。でも内容は笑えるところもあるし長くないので読みやすいです。エリック・ホッファー自伝―構想された真実 http://amzn.asia/d/5fETO3yこれもおもしろかったです。肩肘はらず、押しつけがましくもなく、イラつきや怒りみたいなものを強引に押し通す感じもないけど熱意が伝わってくる感じ。この辺の境地に行くためにもたくさんの知識を得たいと思いました。エリック・ホッファーの人間とは何かhttp://amzn.asia/d/f3Zpf4U読みやいけどちょっと短いです。入門編的なスタンスなのでしょうか。あと題名が題名なんで電車の中で読むときちょっと照れます。内容も自伝、現代という時代の気質と重なっているものが多いです。波止場日記――労働と思索http://amzn.asia/d/7a5QagJホッファーの一番有名な本。おもしろい。僕自身の年齢も関係しているかもしれませんが、もうっちょっと年を取って成熟度が増した後年の随筆などの方がタイプではあるんですが沖仲仕の仕事をしているときに出会う人々を通して思考を膨らませ、それを膨大な読書量から得た知識に照らし合わせて日常にあてはめてく感じとかとてもおもしろいです。こういう視点で生きたいなあ、と強く思える感じ。魂の錬金術―エリック・ホッファー全アフォリズム集 http://amzn.asia/d/j0gJbqVアフォリズムなので、数行で終わる箴言がまとまった本です。読み返すことはほぼないとしても持っておきたい本ってこういうやつだな。って思います。安息日の前に http://amzn.asia/d/6Ifbqd3晩年の日記。年を取って若干愚痴っぽくなってきて人間臭いですが、それも自覚して分析しているところとか好きです。体力的な衰え、弱さが哀愁を感じさせますが優しさも消えてなくて良いです。7冊読んでみておすすめはこれだ、というのは特にないのです。大衆運動以外ならどれから読んでも好きは人ははまるんじゃないでしょうか。以上です!
  • レビュー

    片づける勇気

    アドラー心理学を用いて部屋を片付けられるようになる意識付けの本です。アドラー関連の本をいくつか読んだ事があるのと、効率的に片付けを出来るようになるのかと思って興味本位で読んでみました。即効性のある断捨離的をしたい人向けでは無いように思いますので、モノを捨てられるようになったり買わなくなったりという部分にはあまり期待しない方が良いと思います。前述の通り、心理学を用いた意識付けの内容なので中長期的には効果があるように思います。ですが片付ける事について考えるきっかけになる事は間違いはないです。「読み返せる本」ではあるのですが、なかなか思い出して読むという事は難しいには個人的な問題なのですが。。。まずは、購入したは良いが読まずに「積んでる本」を読んで片づけるように心がけたいと思います。
  • 画像:ブログサムネイル

    レビュー

    軽自動車のナンバー

    通常の軽自動車のナンバーって黄色ですよね・・・あれって、黄色のクルマだったら同色なので似合うんですけどなかなか黄色のボディーのクルマってないじゃないですか。黒とか白とかシルバーが大半じゃないですか!!!(黄色のクルマの人ごめんなさい・・・) でも、なんと!2017/4/3から軽自動車でも白ナンバーを取得できるようになったんです!!!「ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート」「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」この2種類のナンバープレートに変更すれば右上にロゴがつくものの、白ナンバーにすることができるんです。 白くすることによってのメリットはこの二つ①大体のクルマに白は似合う②駐車場のおっちゃんに普通車用駐車場に誘導されるからゆったり駐車できる デメリットはこれ①軽自動車用の駐車場が空いてても駐車場のおっちゃんに誘導されないことがある うちのムーブキャンバスは軽自動車!購入時は白くなくてもいいかななんて思ったんだけど・・・やっぱり白にしちゃおうかな~!! なお、白ナンバーにするには交付料金がかかります。地域により異なりますが、平均すると8000円~10000円くらいとのこと。料金の詳細は、最寄りの運輸局・運輸支局等にお問合わせください。
  • 画像:ブログサムネイル

    レビュー

    おすすめ夜市紹介~台湾~

    大家好!台北に住み始めて2ヶ月、台湾と言えば夜市は外せないだろうという事でいろいろな夜市に行ってみています。目的によって感想は変わると思うのですが、台湾グルメにスポットを当てた個人的なおすすめTOP3を紹介しようと思います。まずは、第3位!「師大夜市」師範大学の近くにある夜市で、ファッション・小物の店が多くあります。 そんな師大夜市のおすすめグルメは「蛋幾ㄌㄟˇ」というお店の蛋餅捲です!餅生地のクレープ?みたいな感じで熱々の生地に卵とハムを巻いてあります。外はサクサク、中モチモチ。夜市の入り口付近にあるお店なので通り過ぎないように。※商品の写真は取り忘れました。。。◆蛋幾ㄌㄟˇ◆住所:台北市大安區龍泉街15號第2位!!「饒河街観光夜市」MRT松山駅の直ぐそばにある夜市です。長さは台北で一番長いらしいです。ここはファッション・小物もありB級グルメもあり皆さんがイメージする夜市はこんな感じだろうなという夜市です。ここのおすすめは・・・・福州世祖胡椒餅の「胡椒餅」です。お店の写真は無いのですが、上の写真の門の下に行列ができていますよね?ここです! 入り口直ぐにあるお店でいつも行列が出来ているのですが回転が速いので5分くらいで買えると思います。黒胡椒がこれでもか!というくらい聞いていて、子供には辛すぎるかもしれませんがネギと肉がたっぷり入った餡が中に入っていておいしいです。入り口で購入して食べながら夜市を回るのが良いのでは無いでしょうか。1位の前に、番外編台北で一番大きい「士林夜市」地下にもフードコートのような場所があり雨の日でも楽しめる夜市です。グルメから服、小物なんでもあって、確かに広い。とりあえず夜市!という人はココにくれば大丈夫かな。雑誌とかを見ると夜市の1位はここなのですが、広いしいろいろあるんだけど・・・無難な感じですw番外編をもう一つ台北の中心地 中山から近い「寧夏夜市」ココはグルメ系のお店が多いのが特徴の夜市です。そこまで大きくは無いのですが、いろいろな食べ物屋さんが所狭しと並んでいてどの店もハズレが無い。と言われています。自分で食材を選んで串焼き/串揚げにしてくれる↓の店で少しおつまみを買い丸椅子で缶ビールを飲むのが最高です♪さて・・・・お待ちかねの第1位!有名ではないかもしれないが・・・「南機場夜市」!!!ここの夜市・・・ちょっと遠いんです。そして・・・・観光客はほぼいない・・・が、声を大にして言いたい。ここがNO1だ!w台湾に来て小籠包を鼎泰豐で食べたり、おいしいと言われている店も行きましたが一番のおすすめのお店はどこ?と聞かれたらココだと答えるくらいの店がありました。※あくまでも個人的にですよ・・・・・来来水餃館の水餃子です。ね・・・ローカルな雰囲気が漂っていますよね。でも美味い!モチモチの皮と絶妙な餡・・・・一度食べたらやみつきになる事間違いなしです!もう何回この店に行っただろう・・・・ほぼ毎週のように週末はココに通っています。10個で70元一人で10個は楽勝で食べれてしまいます。もう一つのメニューは酸辣湯こっちの酸辣湯はあまり酸っぱくないんですが、非常においしいですパクチーが入っているので苦手な人は気をつけて。台湾では水餃子に酸辣湯は付き物らしく、え? 水餃子だけしか頼まないの?って思われるくらいのセットらしいです。このお店・・・列が出来ていたりするのですが、店員さんが席に案内してくれるという事はありません!ではどうするのか・・・空きそうな所の近くでまって勝手に座る。これが正解並んでいる列は、持ち帰りの列なんですね。暗黙の了解?のように列が出来ています。お店で食べる場合は、なんとなく奥に行くキョロキョロする。目星をつける。早く空かないかな~と無言のプレッシャーをかける。空いたら直ぐに座る。注文は片付けに来たおじさんに伝えるか、水餃子を茹でているお兄さんに言うかthe 台湾のおばちゃん っていう店員さんに言うか・・・まぁどうにかなります。台湾では先に会計をする事も多いのですが、ココは後会計です。・・・・・・・・・・・・・・・・今気づいた・・・おすすめ夜市といって始めたものの、ただ来来水餃館愛が止まらない紹介記事になってしまった。まぁいいやw内容がすり替わるくらいのおすすめ店舗です! 台湾に来たら是非 来来水餃館へ!では、再見!!!!
  • 画像:ブログサムネイル

    レビュー

    キーボードのススメ

    こんにちは、kaiです。皆さんは仕事やプライベートでPCを使うとき、どんなキーボードを使っていますか?多くの人が会社で最初から用意されていたものや買ったときについてきたものを使っていると思いますが、時には長時間文字を打ち続けることもあるキーボード。少しこだわるだけで疲れにくく仕事の能率もアップするかもしれませんよ!そこで私が現在愛用しているキーボードについて紹介したいと思います!私が今仕事で使っているのがRealforce 87UBというキーボードです。自宅でもこのRealforceのキーボードを利用しています。指が写ってるのはご愛嬌ということで…Realforceシリーズは日本企業の東プレから出ており、銀行の窓口業務などにも多く採用されているほどの実績のあるキーボードです。シリーズ最大の特徴は、キーが押された判定をスイッチを押す形ではなく、バネが変形することによって生じた静電容量の変化で感知する静電容量無接点方式にあります。なんだか難しい名前ですが、要はスイッチを直接押すわけではないので、パーツの劣化が少なくとても長寿命だということです!キートップをはずして掃除も出来るので長いと10年使っている方もいるとか…打ちやすさもPC付属のキーボードと比べると段違いです!キーの重さも適度に調節されており、一番下に押し込まなくてもきちんと反応してくれるので長時間の使用でも疲れにくい設計になっています。製品によってはホームポジションで小指で打つキーだけ軽く押せるようになっているものもあるので指に力をかけることなくスムーズなタイピングができます。ここまで利点ばかりでしたが、一つ懸念される点を挙げるとするならば、値段です。平均で2~3万円となっています。ただテンキーレスverもあり価格が抑えられていますし、長く使えることを想定すると決して高すぎる買い物ではないかもしれません。色々と紹介してきましたがやはり自分の手にあったものを見つけるのが一番だと思いますので、他の製品と比較しながら検討してみてはいかがでしょうか?それではまた