公開日:2018.07.20

スクワットのススメ

健康

スクワットの効果とは?

下半身の筋肉が充実してくると、テストステロン値が上がり、気持ちも変わります。

スクワットはテストステロン(男性ホルモンのこと)の分泌以外にも様々な効果があります。

  • 同時に腹筋も鍛えられる
  • 疲れにくくなる(だるい日が減る)
  • 元気になる

この効果によって自信が増し、パワーがみなぎります。

自信が増すので、さらにテストステロンの分泌を促すという 好循環を生みます。

しかも、年齢に関係なくこの効果は出るとおもいます。

なんか最近調子が良くないなーと感じる方は試してみてはいかがでしょう。

最初はかるーく、1日5回とかでいいと思います。

いきなり頑張るとケガに繋がったりしますので。

あとは、誰でもできるところもいいですね。

しゃがめないと言う方は別の方法で痩せていただいてから

挑戦された方が良いです。

長すぎるトレーニングは逆効果

トレーニング時間は1時間以内がいいです。

逆に、1時間以上の長すぎるトレーニングや、長時間の休憩を挟むようなトレーニングは、ストレスホルモンのコルチゾールが急増します。

コルチゾールもテストステロンも、コレステロールによって生成されるのですが、コルチゾールが増えることで原料となるコレステロールを奪い合うことになります。

その結果、テストステロン用のコレステロールがコルチゾール生成のために使われてしまうので、最終的にテストステロン値が減少してしまうということです。

せっかくの筋トレがこれでは台無しですよね。逆効果です!

そうならないためにも、総トレーニング時間は1時間以内に設定してください。

セット間の休息時間は1分程度に短く設定したほうが良いと思います。

あまり長くしてしまうと、めんどくさいなと思ってしまって、

続かないので。

この記事を書いた人

ひなっち

入社年2018年

出身地青森

業務内容インフラ

特技または趣味筋トレ

ひなっちの記事一覧へ

健康に関する記事一覧