信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • レビュー

    哲学者とオオカミ

    常に本を持ち歩いているティップネシストです。ティップネスでもレッスンの合間に読んでます。歩いている時も、一人で飯食っている時も本読んでいます。なんで読むんだろう?と真面目に考えたんですけど、歩くとか食べるってのが退屈で耐えられないっぽいですね。でも、オラ○リーの本は開いた途端に眠くなります。訳文が酷い時がしばしばあるし、そもそもフォントがなんか嫌な気がする。勉強が好きでは無いのかも。最近読んだ中では「哲学者とオオカミ」という本が面白かったです。https://www.amazon.co.jp/dp/4560080569かなり狼の割合が高い狼犬と哲学者が暮らした日々を書いた本で、日常のドタバタなトラブルの話も多くて気軽に楽しめるのですが、狼や他の動物に比べて人間の知性が何故飛び抜けて発達したかの考察が興味深かったです。集団生活で楽して得する為に人を騙したり人間関係をコントロールして支配する為に、「自分がこうすれば相手はこう返して、それに自分がこう返せば相手がこう返すから…」的な事を広く深く考えるから知能が発達した、というお話でした(本当かどうかは知らない)。私はバレるかもと心配するストレスが辛いので嘘つくのは苦手だし支配欲も薄いしで(面倒くさいし)、そっち方面に知能も労力を使っていないんですけど、まあ確かにそういうの大好きな人はいますね、よく分からんけど。とはいえ、先の先の分岐を考えるってのは誰でも普通にやるというか抜きでは生きられない事で、動物は老後資金の心配なんかしないなぁと。そうやって得た知能を有効活用して科学技術が発達したり、素晴らしい芸術が生まれたのだとしたら、折角なんで陰湿な方向じゃなくて有意義な方向に使いたい物だと思います。狼つながりとしては、「狼の群れと暮らした男」も面白かったです。https://www.amazon.co.jp/dp/480671447Xなかなか変わった人が狼と一緒に暮らしたくて、まあ色々努力して狼の群れの一員に認められるというお話。なんか凄かったです。「ピダハン」https://www.amazon.co.jp/dp/4622076535アマゾンの奥地に住む、かなり独自性の強い言語を使う方々のお話。作者の人は現地語で聖書を作って布教する為に来た言語学者なのですが、ピダハンの人々は自分と自分の身近な人の体験しか信じないので(逆に自分の見た夢は自分の体験なんで信じたりする)、布教なんかはまあ無理で、それでもハッピーなピダハンの人々と共に暮らしていたら作者の人の方が終いには棄教してしまうという素敵なお話でした。ピダハンの方々が無垢で平和で悟っている人々とかってわけではなくてドン引きするようなエピソードもいくつも載っていたりはするのですが、色々シンプルな方が幸せになれるのかなぁと「哲学者とオオカミ」と併せて読んで考えたりもしました。本っていい物ですね。では。
  • 旅行

    I LOVE TAIWAN

    先日、二週間ほど台湾の子会社に出張してきました。ブログのカテゴリは「旅行」になっていますが、間違いなく仕事です。誰が何と言おうと仕事です。台湾で一番高いビル(あべのハルカスの6割増しくらいの高さ)、「台北101」で働きました。なんか、凄いできるエリートサラリーマンになった気分でしたね。老母に見せたいと思いました。激務の合間をぬって観光もしました。国立美術館故宮博物院の豚角煮の彫刻同じく白菜の彫刻 十分(シーフェン)でランタンを飛ばしてみたり「台湾のウユニ塩湖」(と言われても元をよく知らないけど)と呼ばれる「高美湿地」に行ってベストキッドの鶴の構えをしたりもしました。台湾には以前にも旅行で行った事があって、その時はリアルに「移住したい」と思いましたが、二週間滞在して生活らしき事をしてみたら控えめに言って永住したくなりました。国籍変えたいレベルです。食事が安くて美味しいとかもあるんですけど、日本より余裕があって人に優しい感じがします。日本だとコンビニで前の人がモタモタしてたら1分でイラっとすると思うんですけど、台湾の人達は全然気にしないんですよね。まあ、日本が特別に余裕がないだけかもだけど。帰りの飛行機で「エンドゲーム」を観る(3回目)という素晴らしいエンドでした。また行きたいな、台湾。いや、仕事ですよ。
  • レビュー

    エアロフォンGO!

    去年に引き続いて今年もGWはラ・フォル・ジュルネに行ってきました。折角の10連休だったのに微熱が続いて遊び切れなかった感が強かったです。なんでよりによってこのタイミングで…。去年みたいに朝から晩まで飲み食いして歩き回って聴き続けるとか無理でした。そんな中で私の心を鷲掴みにしたのがこのエアロフォン。電子ピアノならぬ電子サックス?って感じ。指使いとかはサックスとほぼ同じ(らしい)なんですが、本物よりは色々簡単で、かつフルート、クラリネット、バイオリンとかの音も出せるとかスマホアプリでなんか色々できたりとか。楽器は小中学校の授業のリコーダーしかやった事ないのですが、「BLUE GIANT」(凄く面白いジャズの漫画)とガジェット大好きな私としては相当やられました。で、まあ結局買っちゃいました。PayPayとかビックポイントとかを駆使しつつボーナス一括で。廉価版のエアロフォンGOの方なんですけど。ボーナスの額がちょっと心配です…。GW終盤はずっと教本見ながら練習するつもりだったんですけど、体調悪すぎで全然頑張れず未だにたどたどしい「茶色の小瓶」しか吹けない…。読みたい本も観たい映画も沢山有るし、海外ドラマも消化できないままNetflixに会費だけ払ってるし、鍛えるのもダンスレッスンも楽しいんでジムにも毎日行きたいし、オンライン英会話も始めたし、遊ぶ時間が足り無さ過ぎる。でも埃を被って終わりにはさせないですから!多分…。
  • 健康

    踊るために生まれてきた

    こんちは。ティップネスに入り浸りのティップネシストです。まあ主に通っている店舗はティップクロスってブランドなんすが。通いに通って会社に迫る位の滞在時間です。逆転させられないもんですかね。で、鍛えに鍛えまくってティップネスの体組成計だとプロアスリート並の肉体だそうです。ちょこちょこレッスンも変わるので飽きなくていいのですが、年度替わりはガラッと変わるので今は来期のスケジュール表を前に頭を悩ましております。変わらないで欲しい物もあるのですが春は出会いと別れの季節ですね…。昨年度の終わりには大好きなレッスンが終わりまくりで呆然としつつ、新しい物にチャレンジしようとエアロとダンスをやってみました。結果ダンスにどハマりしてしまいました(エアロは一旦断念)。「UMWD」ってユニバーサルミュージックが提供しているレッスンなんですが、先生がバックダンサーとかされている方々で、アップの時点で動きが違う!真似できん!なにこれ?同じ生き物?って感じで。レッスンの最初に見本を踊ってくださるんですが、もうポカーンとしたりウットリしたりです。何度観ても。無くなったレッスンの代わりに週一のつもりだったんですけど、身体能力は高いし格闘技も強いけど運動神経(嫌いな言葉)は並以下でパッと見てできるようなタイプじゃなく、分かっていたけど向いていないのを再確認したので週二に増やし、それでも足りないので他店舗のレッスンも出るようになり(全店舗使える会員にアップグレードしてしまいました…)、遂には有料補習レッスンにも出てみたりしてでダンス廃人化しております。かと言って上手くなったかと言えば微妙な所なのですが、一回のレッスンで一箇所疑問を解消できたり、ちょっと先生や上手い人を真似できるようになるだけで幸せになれます。最終的には満足とは言わないけど今の自分ならこんなもんかなと納得できる位にはなれてるんでいいのかなと。周りを眺めると、私より年上のダンディ達が上手い下手関係なく楽しそうにやってていいなぁと。まあ新しい事やんないとですね。できそうにないから止めとくとか、できないのにできる振りして誤魔化すとかより、できる範囲でやってみる方がいいですね。仕事でも言えるけど。他人どうこうじゃなくて昨日の自分よりできているってのがいいのではないですかね。他人の目なんて本当にどうでもいい、というわけでアベンジャーズ着て踊ってますけどね。まあ、もうちょっと他人の目気にした方がいいかもですね。やはり。来年度は別のダンスのレッスンも2コマ入れるつもりです。では。
  • レビュー

    ドローンしてますか?

    こんにちは。時代はドローンですね。飛んでるの見ないけど。一応、渋谷に勤めるITの人と言えなくもないのでちょっと前に買いました。まあただのガジェット好きなのですが。と言ってもまともなドローン様は6万〜20万くらいするし、そんなのぶっ壊したり失くしたりしたら泣いちゃうので怖くて買えません。今時のはどうやら自動で障害物避けたりトラブると勝手にGPSで戻ってきたりするらしいですけど、絶対にやらかす自信があるので。あと法律でそういう機種は街中で飛ばしちゃいけないらしいですね。機体の重量とかで決まってるとか。というわけで一万ちょいのTelloってトイドローンを買いました。https://store.dji.com/jp/product/tello?vid=38421業界トップのDJIが技術供与して作ったとかでお値段の割に評判いいらしいです。他の触った事無いから知らないけど。スマホのwifi経由で操作するんでせいぜい数十mくらいしか離れられないし、風に流されまくるし色々制限ありますが写真も動画も撮れるしなかなか楽しいです。こんなのが一万ちょいで買える世の中になったんですね。高いのも欲しくなります。ドローンの一つ二つ失くしてもヘラヘラしてられる位に稼げるようになりたいもんですね。では。
  • イベント

    ラ・フォル・ジュルネ

    旧聞に属し過ぎなのですが、今年のGWは国際フォーラムで行われた「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」に行きました。今更書いているのはカテゴリに「イベント」が有ったからってだけなんですけど。日比谷の国際フォーラムと池袋の芸術劇場、そしてその周辺で常にコンサートが開かれてるって感じのイベントで、フードトラックとかも出ててでなかなか楽しかったです。ハイソなクラシックとか謎のマイナー楽器とかまで。大学生サークルのサンバ(撮影不可)とかも有りましたね。国際フォーラム周辺のビル内や路上でも無料のコンサートが開かれていてパンフ持ってウロウロしました。これは池袋の様子。私は今回オーケストラのクラシック5つ聴ける通し券とか買ったんですけど、無料コンサート沢山有るし、有料チケットを見せると入れるコンサートも有ったしで、一枚チケット買えばずっと音楽聴いていられそうでした。しかも、当日のチケットじゃなくてもいいので三日間楽しめます。フードトラックのご飯も美味しかったし、街中なんでそこらで食べてもいいですし。初日は通しで聴いて、後の二日は映画見たりジム行ったりしつつ聴きたいコンサートに合わせて会場行って、みたいな感じで満喫してしまいました。ガッツリ行ったのは今年が初めてだったので、来年はきちんとスケジュール立てて酒呑みながらずっと居てもいいかなぁと思いました。関係ないけど新トレーニングウェア。着て行ったらイントラさんが目を合わせてくれなくなりました。