信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • テクログ

    【AWS】ELBのログをS3に保存して、Athenaで検索しよう!

    こんにちは皆さんAWS使ってますか?LB、使ってます??AWSのLBもいくつか種類がありますねhttps://docs.aws.amazon.com/elasticloadbalancing/index.html弊社も大変お世話になっていますそんなこんなでLBのアクセスログをS3に保存するととてもいいことがあります。https://tech.basicinc.jp/articles/46詳しいやり方はこちらのサイト様を参考にして頂いて・・・S3に保存するとAthenaでSQLを使って検索が出来るようになるので非常に便利です。よく使うクエリはこんな感じです。○該当IPがアクセスしているURLを検索するselect  request_ip, url from  ELBログの保存先 where  elb_name = ‘たくさんあると絞ってあげたほうがわかりやすいです’   AND  (regexp_like(request_ip, ‘111.111.111.111’)) limit 1000; こんな感じで○該当URLにアクセスしているIPを割り出す○該当URLにアクセスしているIPのカウント数○該当日時にアクセスしてきたIPやURLを割り出すなどが検索可能です。更に応用としてはUAでGoogleBotがクローリングしているURLを割り出したり(もちろんUAは偽装できてしまうので正確とは言えないですが・・・参考までに)日毎のGoogleBotの件数を見てみたり(↓)SELECT substr(request_timestamp,      1,     10) AS ymd,      count(*) AS cnt FROM ELBログの保存先 WHERE elb_name = ‘たくさんあると絞ってあげたほうがわかりやすいです’     AND user_agent LIKE '%Googlebot%' GROUP BY substr(request_timestamp, 1,10) ORDER BY ymd; あとはprocessing_time(何種類かあります)でorder by descすれば処理が重いページもわかったりします。便利ですね!!皆さんもELBのログをS3に保存して素晴らしいAthenaライフをお送りください!!
  • 画像:ブログサムネイル

    at CORETECH

    Elm読書会が開かれました!

    こんにちは、おっしーです先日、社内で「読書会」を行いました。今回はこちらの本をテーマにしています。「基礎からわかる Elm」https://www.amazon.co.jp/dp/B07P253FPG/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1各自この本を購入し、章ごとに日にちをわけて読書会が実施されました。参加者は任意です。Elmというのは一言で言うと「Webフロントエンド開発のために誕生した言語」です。それぞれその週に指定された章を読み込んだり実践した上で、下記の4点を発表し合いました。①イイと思った点、使えそうな点②良くないと思った点、使えなさそうと思った点③文にはなかったが、読んでいて気になった点、今後でてくる?という点④その他上記にあてはまらないが伝えたいこと気になるポイントは人によって様々だ、ということがわかり非常におもしろかったです!また発表し終わったあとで自由にディスカッションする時間も設けましたが、毎回時間ギリギリまで盛り上がってしまう読書会でした!読書会があれば「読んで行こう!」「触っていこう!」という意識も芽生えますし他の方の感想を聞いて「次はこういう読み方をしよう」と思うことが出来るのでとても楽しいです!こちら第1回の様子こちらが最終回の様子ではではまた近いうちに。
  • テクログ

    AWSが新しいディスカウントプランを発表しました

    こんにちは、おっしーです。皆さん、AWSって使ってますか?だいたいEC2、RDSあたりがよく使われると思うのですが、正直、AWSの料金体系って難しいですよね。予めスペックに対して決まった金額を払うものもあれば、使用した分だけ払う従量課金制のものもあります。小さな規模のサービスを作るなら別ですが、それでもお金がかかるものなのできちんと自分の使用目的と照らし合わせて料金を確認したいところです。そんな中でAWSが新たにディスカウントプランを発表しました!もともとリザーブドインスタンスという料金体系があります。(RI)リザーブドインスタンスというのは、予め一定の額を払っておくと、決まった期間安く使えるよというものです。電車やバスの定期券のようなものですね。そちらに似たものですが、今回2つのプランが追加されました。○Compute Savings Plansリージョンやインスタンスファミリー、サイズなどに関わらず、EC2とFargateが最大66%引きになるプラン○EC2 Savings Plansリージョンやインスタンスファミリーは制限されるが、EC2が最大72%割引になるプラン料金計算をするのは難しく、スマホの各キャリアが打ち出すプランのように複雑ですがこういったものがあると知っておくだけでも幅が広がってより適したプランを選ぶことが出来ますね。無駄なお金は使わない方がいいです。ということで、皆さんも良いAWSライフを!
  • at CORETECH

    福利厚生でインフルエンザの予防接種を受けました

    こんにちは、おっしーです今回は福利厚生の紹介です。これから冬にかけて心配なのがインフルエンザです。毎年予防接種を受ける・受けないで悩むのですが、悩む理由としてはだいたいこのあたりです。・病院を予約するのがめんどくさい・病院に行くのがめんどくさい・4000円弱払うのがためらわれるですが・・・コアテックは関東ITS健保に加入しているので、予防接種を900円でしかも会社の会議室で受けることが出来ます!!なので、結局毎年悩んで悩んで見送っていたインフルエンザの予防接種ですが、今年はもう済ませてあります♪病院に電話して予約するのも、病院に出向くのも不要。事前に総務に900円を支払い、あとは当日、時間になったら会議室に行って予防接種を受けるだけなので待ち時間もありません。これは非常にありがたいですし、今後も受けようと思っています。他にもコアテックには様々な福利厚生があります。https://core-tech.jp/jobs/benefits/そして絶賛社員募集中です!https://core-tech.jp/jobs/それではまた 
  • テクログ

    dockerでwordpressを簡単に構築する

    WordPressの環境が必要になったので、さくっと作って見ました。予めdocker-composeが使える前提です①適当なディレクトリを用意するmkdir wordpress_test cd wordpress_test ②docker-compose.ymlを作成vi docker-compose.yml 以下の通りに設定します。注意としては、mysqlのバージョンを新しくするとwordpressでは動かないので、5.7程度のものを指定するようにしてくださいversion: '3.3' services:    wordpress:      image: wordpress:latest      depends_on:        - db      ports:        - "8000:80"      restart: always      environment:        WORDPRESS_DB_HOST: db:3306        WORDPRESS_DB_USER: wordpress        WORDPRESS_DB_PASSWORD: wordpress        WORDPRESS_DB_NAME: wordpress      volumes:        - ./html:/var/www/html    db:      image: mysql:5.7      volumes:        - db_data:/var/lib/mysql      restart: always      environment:        MYSQL_ROOT_PASSWORD: root        MYSQL_DATABASE: wordpress        MYSQL_USER: wordpress        MYSQL_PASSWORD: wordpress volumes:     db_data: ③コンテナを起動しますdocker-compose up -d ④サイトにアクセスブラウザで「localhost:8000/」にアクセスしましょうwordpressの初期設定画面が表示されるはずなので、言語を選択し、サイト名やアイパスを設定しましょう。以上です!とっても簡単でした。
  • 画像:ブログサムネイル

    at CORETECH

    フロントエンド技術の共有会をしました

    こんにちは、おっしーです先日、課内で情報共有会を行いました。WEBサイトの評価の一つとして「サイト表示速度」は非常に重要ですよね。今回はマークアップ担当エンジニアが施策として入れたフロント側の速度改善についての共有会です。主に・クリティカルパスの改善・jsイベントの間引き処理・複数行3点リーダーをtrunk8の処理からCSSに変更・lazyloadからlazysizesへ変更・css設計このあたりの共有会でした。今回はマークアップ担当エンジニアが、バックエンド担当のメンバーを集めて共有会を行いました。同じ領域を担当するメンバー同士の情報交換はもちろんのこと、ときには同じ案件を担当している領域の違うメンバー同士でも情報交換を行います。週1のチームMTGの場を使ったり、改めて場を設けたり、実施方法は様々ですが気軽に情報交換を行える環境は良いですね。またコアテックでは特に技術に縛りはないので、「こういうのやりたい」「こういうの入れたらもっと良くなる」という技術については積極的に取り入れていく方針です。今回も「とにかく速度をあげて、Googleの点数をあげたい」というオーダーに基づき、マークアップ担当者が調査して施策を入れ、展開まで行ってくれました。ではではまた近いうちに。