信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • テクログ

    RDS Performance Insights でパフォーマンス・チューニングが楽しくなる!

    マスオです。Amazon RDS Performance Insightsの使用遂にパフォーマンス・インサイトが Aurora でも使えるようになったので、軽く試したところ超絶便利だったので一部商用環境にも適用を行いました。まずはインスタンス一覧画面でアクティビティ状況が分かるのですがここで逼迫状況がどうかがすぐに判別可能です。次にダッシュボード画面ではCPU負荷 や I/O などで待ちになっているクエリがおまとめされて出力されるためチューニング対象がすぐに分かるようになっています。今まではスロークエリのデータからボトルネックの解析を行っていたのですが、併用する事で費用対効果の高いチューニングが可能となってきました。ただ、いくつか制限がありdb.t2系インスタンスでは使用できないMySQL5.7互換ではしようできない有効化した後に再起動が必要くらいは気を付ける必要があります。みなさんも是非つかってみてください!それでは、また。
  • テクログ

    Aurora Serverless が遂に登場!

    マスオです。Aurora Serverless MySQL の一般利用が開始※画像も上記から引用以前のAWSイベントで発表され限定プレビューだったサーバレス版についてこのほど遂に一般利用が解禁となりました!東京リージョンでも利用可能となったので早速さわってみたのですが、現状での制限が与えた影響などを書いていきたいと思います。パブリックアクセスができない通常はパブリックアクセスするしないを選べますが、そもそも設定できないローカル環境からつながらない!とか言われたので EC2 からつなぐようにしてもらったレプリカ機能がないアプリからのDB接続を Writer/Reader に分散しているが、エンドポイントが一つになる分散していない環境から試し始めたインスタンス型からサーバレス型に切り替えるにはスナップショット経由のみ作成に結構かかった。2~3時間くらいテスト環境とかから試し始めた。本番を切り替える場合どうしようかな。暗号化が必須特に影響なかった「すぐに適用」機能がコンソール上から使えないクラスター名の変更などメンテナンスウィンドウで変更となるCLI からのみ対応可能取り急ぎ再作成とかしたんで、メンテナンスウィンドウもコンソール上から変更できないサポートに聞いたらバックアップウィンドウと共に変更不可との事適応するしかないかサクッと試しただけでも色々と出ました。現状では ACU に上限がありますし、スケールアウト用のレプリカ機能もないのでオートスケール感度によっては本番に適用するのは難しい環境もありそうです。ただ、用途や制限を踏まえてマッチする環境であれば積極的にサーバレス版に切り替えていくべきアップデートかと感じました!皆さんもサーバレス推進するために本機能をガンガン使っていきましょー。それでは、また。
  • テクログ

    Amazon Rekognition でサクッと画像解析する!

    皆さん、AWS使ってますか? 今回は 「Amazon Rekognition(レコグニション)」 を紹介したいと思います! 最近バズワードでなくなりつつある AI 系サービスです! 「画像や動画の分析を簡単な API で使っちゃおう!当然サーバレスで!」 みたいな感じです。 主な機能は、  ・画像内の物体、概念、シーンにラベルを付与 ・アダルトコンテンツかを検出 ・どんな顔をしているかを分析 ・有名人かどうかを判定 ・顔が似ている割合を確認 ・画像内のテキストを抽出 ・動画内の物体、人物などを検出 など多岐に渡ります。 料金も非常に安く環境の構築や運用も不要なので、気軽に試せるかと思います。 当社が管理しているサイトでは、ユーザーが画像や動画を投稿するコンテンツがあるので、それらを分析するロジックに活用できないか検討しているところです。 皆さんも是非お試しください! それではまた!
  • テクログ

    CloudFront で爆速サイトに!

     皆さん、AWS使ってますか? 今回は 「CloudFront(クラウドフロント)」 を紹介したいと思います! 巷で話題(?)のCDNでAWSが提供しているサービスです。 「全世界に分散配置されているエッジサーバにコンテンツをキャッシュして、アクセス元に近いところから超高速にレスポンス返しちゃおうぜ!」 みたいな機能をサーバレスで簡単に実装できるサービスです。 主なメリットは、  ・サーバレス ・費用対効果が高い ・設定が簡単 ・全世界に展開されたエッジ ・AWSの各サービスと連携できる あたりでしょうか。 DDoS対策としては、AWS WAF や Shield で保護できますし、使わない理由が見当たらない! 当社が管理しているサイトでは、静的なコンテンツ(画像・動画・CSS・JSなど)をCDN配信しており、動的なコンテンツについてもCDN配信に向けて検証中です。 皆さんも是非お試しください! それではまた! 
  • テクログ

    AWS WAF を使って悪意あるリクエストからサイトを守ろう!

    皆さん、AWS使ってますか? 今回は 「AWS WAF(わふ)」 を紹介したいと思います! WAF=Web Application Firewall の略です! 一言で表現するなら、  「サイトの訪問者に関所を通ってもらって悪者はサイトに来れなくしようぜ」 みたいな機能をサーバレスで簡単に実装できるサービスです。 主なメリットは、  ・サーバレス ・料金が安い ・簡単かつ即時の実装 あたりでしょうか。 リクエスト内容を見て通信の遮断や許可ができるので、  ・特定の場所(IP)からのアクセス ・特定の文字列がヘッダーに含まれている ・SQLインジェクション ・XSS 等々がサクッと設定できます。 最近ではDDoS対策向け機能もリリースされるなど、常に進化しています。 AWS Shield と併用する事で効果倍増! 後は検知モードから始めて頃合いを見てから遮断させるなども良い点です。 当社が管理しているサイトほぼ全てにWAFが入っています。 皆さんも是非お試しください! サーバレスの理想と現実については、またの機会に・・・。  
  • テクログ

    Lambda でサーバレスな運用自動化を!

    皆さん、AWS使ってますか? 今回は 「Lambda(らむだ)」 を紹介したいと思います! 正確なサービス説明は公式ページを参照して頂ければ・・・なのですが、一言で表現すると、  「サーバ不要でコードの実行環境が手に入るサービス」 になる感じでしょうか。 特に美味しい点を挙げるとすれば、  ・サーバレス ・料金が爆安 ・コードの知識が流用できる ・様々なAWSサービスと連携できる あたりでしょうか。 当社では現在インフラチームが生産性やサービス品質の向上を主な目的として試しつつ効果があれば実用化する取組みを進めています。例えば・・・  ・商用サービスでS3に格納される画像を自動的にロスレス圧縮する ・チャットからAthenaにクエリ実行させて結果をチャットで確認する ・DynamoDBのキャパシティ変更を任意に実行する ・定型タスクを直接実行させたり、チャットにリマインド通知させたりする ・開発チームがAWSリソースを作成した際にインフラチームへ通知する 他にも色々とありますが、今回は割愛します。 まだインフラチームが使い始めている段階なのでプロビジョニングや運用を自動化していく使い方が多いのですが、開発チームにも布教していってサーバレスを広げていきたいですね! ただ、使い始めて判明したサーバレスの夢と現実も色々とありました・・・。 そこについては次回にでも伝えられればと思います!