信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • レビュー

    フレンチホラー

    こんにちは。最近フレンチホラー周辺の映画鑑賞にはまって色々見ています。2000年代初頭にホラー映画不毛の地であるフランスで巻き起こったフレンチホラー。この新たなムーブメントの特徴はスタイリッシュな映像、グロテスクなゴア描写、そして当時の既存アメリカンホラーとは異なるシリアスなストーリーやタフなヒロインなどです。間抜けでセクシーな女性が何か(殺人鬼など)に慄きながら泣き叫び続け、逃げ回った末に基本的にはラッキーで生き残るという定番ストーリーではなく、何か(イカれた人など)にズタボロにされ、もがき苦しみながらも自力で生き延びようと奮闘する強い女性を、新たなヒロインとして描いています。フレンチホラーを今見ても目新しさはさほどなく、すごく怖いわけでもないのですが気になってどんどん漁ってしまう魅力がまだあります。有名な作品4つアレクサンドル・アジャ監督の「ハイ・テンション」ザビエ・ジャン監督の「フロンティア」パスカル・ロジェ監督「マーターズ」ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ監督「屋敷女」レンタルしているお店が少なくてDVDも高値で取引されている為なかなか希少な「屋敷女」は未視聴です。どうやらノーカット版が今年の7月に公開するようです。予告編 ※苦手な人もいると思うので閲覧注意https://youtu.be/_Y7cjH8lX1A所謂フレンチホラーという括りでのおすすめはありませんが周辺映画でいうとパスカル・ロジェ監督の「ゴーストランドの惨劇」「トールマン」、アレクサンドル・アジャ監督の「ピラニア3D」等は好きでした!おすすめしないトラウマ級の胸糞だったダントツの1位は「マーターズ」(リメイクじゃない方)です。見たことを後悔するほど苦手でしたが良くできた映画です。凄い映画でした。。もしもハマりだしたらフレンチホラームーブメントを追ったドキュメンタリー「BEYOND BLOOD」もおすすめです。それでは。

  • 雑記

    最近ハマっているもの

    ポケットオペレーターというものにハマっています。それは何かというとスウェーデンの電子楽器メーカーTeenage Engineeringから出ているとっても小さなシンセサイザーです。コンパクトながら音はそこそこ分厚く、ステップシーケンス、エフェクト、内臓スピーカー、シンク機能など搭載していて別の機器とオーディオ信号でシンクロさせることができます。ポケットオペレーターはシリーズ化していて10種類以上あるので、自分の好みのものを複数台購入してシンク機能で拡張していける面白さが魅力です。https://www.minet.jp/brand/teenageengineering/top/操作性も簡単で触ってるだけでも楽しく、ガジェットとしても魅力のあるフォルムなためコレクション欲求を刺激されたようで、プレゼントで1台もらったところから始まって、そこから約1ヶ月で3台購入してしまいました。現在の所有内容は以下です。PO-32 tonicPO-33 K.O! ×2PO-12 rhythmサンプラー2台とドラムマシーン2台というような構成です。最近物欲がなくなってきていて、そんな感覚をわりと気に入っていたんですが、だめです。この流れで、「さらにこれをこうするためにはこんな機器が必要。つなげるためにはこんなケーブルも」みたいに物が増えていきます。エフェクター3台とオーディオインターフェイスを手も入れ、まだまだ欲しいものがamazonやらサウンドハウスのカート内に溜まっています。まあでも、音楽機材ってきれいに使っていると購入時と同じくらいの値段で売れることも結構あるし、ものによってはプレミアがついて高く売れたりもするので、どんどん増えてくけど最終的に売れるしいいかな。とか思ってしまい高価な機器を狙い出すので気をつけます。

  • 雑記

    コントロールできるものとできないもの

    クーリエ・ジャポンの記事私たちはたいてい“自分でコントロールできないこと”に悩んでいるhttps://courrier.jp/news/archives/159473/?utm_source=article_link&utm_medium=textlink&utm_campaign=articleid_159446これがなかなか面白かったのでストア派関連の本を数冊よみました!ストア派哲学入門https://www.amazon.co.jp/dp/B072MJZ89G/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_Dfg7EbQDRHE7A毎日少しずつ読み進める系のやつでしたが面白くて一気読みしました。わかりやすくてよかったです。迷いを断つためのストア哲学https://www.amazon.co.jp/dp/B07QFQW4GV/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_xfg7EbDPW7CNJクーリエ・ジャポンのやつだったので期待してましたが思ってたの少し違いました。相性かもしれません。ギリシア・ローマ-ストア派の哲人たちhttps://www.amazon.co.jp/dp/4120051579/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_zfg7Eb74NBWS4時代背景やストア派まわりの哲学者について詳しく書かれていました。特に後半がよかったです。自省録 (岩波文庫)https://www.amazon.co.jp/dp/4003361016/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_Gug7EbGHD5S3Tマルクス・アウレーリウスの有名な本です。これは読めました。しかも面白かったです。生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)https://www.amazon.co.jp/dp/4003360710/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_yzg7EbCFBAACTセネカの本です。これも面白かったです。短いです。語録 要録 (中公クラシックス)https://www.amazon.co.jp/dp/4121601726/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_Dug7Eb6NEZMS1エピクテトスの本。いろんな本で引用されてて期待してたんですがなんとなくしんどくてまだ完読できたてません。「ストイック」という言葉の語源になっているストア哲学。別にストイックにいきたいとかではなくてコロナで自宅待機だったことも関係して自己啓発や生きる意味とは系に走ったっぽいです。大変な時期はまだ続いていますが、個人的には働き方とか住む場所なんかについて色々考えることができてよかったと思います。

  • 健康

    鎖骨

    こんにちは。社員旅行で沖縄に行ったときにスケボーで転んで左の鎖骨を折ってから2ヶ月がたちました。プレートで固定する手術をするかギブスで固定して保存療法にするか選べたのですが、お医者さんと色々話して保存療法を選びました。保存療法の場合、僕の症状では2ヶ月で両手バンザイができると言われたのでてっきり2ヶ月で完治するのかと思ってたのですがちょうど2ヶ月ほどたった現在まだ完治してません。手は上がります。けど違和感は大分あります。手を上げる角度によってはちょっと痛い。といった感じです。あとは局部を強めに押されたり、風呂場でツルッとコケて左手でフォローしたりしたらまたぽっくりいってしまいそうな不安もあります。。時間かかるなあ。人それぞれらしいですが年取ると治りが遅め&喫煙者は明らかに治り遅めらしいです。禁煙してます。ちょっとグロい可能性があるのでレントゲン写真は貼りませんけどけっこう豪快に折れたもんで完治してもボコッと骨折部が浮き出て見えるとおもいます!鎖骨の形といえば特攻の拓のワンパンのアキオが好きなタイプを聞かれて答えた「鎖骨”の”きれい”な女・・・・・・・・かな」を思い出します。あと個性的な鎖骨といえばケンドー・ナガサキ。これは今後のプランが変わってしまう怖さと社員旅行中に骨折という恥ずかしさで打ちひしがれてたときに「ケンドー・ナガサキみたいな鎖骨になるんじゃないですか(笑)」と言われて笑えたと同時に救わた気分になったエピソードからです。スケボーにもまた乗りたいので、体を鍛えて骨にも気を遣っていこうとおもいます。それでは。

  • レビュー

    ミニクルーザー

    こんにちは。数ヶ月前に、(2回前のブログ投稿で紹介した)電動スケボーを盗まれてしまいました。ひどい人いるもんですね。で別のやつとかも買ってみたんですがしっくりこなかったので電動スケボーは卒業しました。しかしスケボーの魅力は忘れられなかったので何かないかなぁ、と探していると、どうもクルーザーというジャンルのスケボーがあるということで見つけたのがペニーです。 https://pennyskateboardsjapan.com/ 見つけたと言っても見たことはありました。みなさんもありますよね。プラスチックのちっこい、オシャレ感のあるなんともいえないやつ。これ数年前に流行って、なかなかいけ好かない感じだったので買うときは大分ためらいました。が、買ってみて、乗ってみたらとても楽しい!22インチ買って、27インチも買って、なぜかもう一台22インチ買ったり。小さいのでどこにでも持って行けてそれがまた愛着を増します。すでに国内・海外旅行に同行させてます。調子に乗ると怪我しそうですがおすすめです!若くなくてもいけました。

  • 画像:ブログサムネイル

    旅行

    ギリシャ旅行

    数ヶ月前ですがリフレッシュ休暇という素晴らしいお休みを頂いたのでそれを利用してギリシャに行ってきました。ギリシャというと地中海の美しい島々のイメージが強いですが、僕がいった時期はまだまだ肌寒くて海を楽しめるようなタイミングではなかったので、じゃあ何しよう、ということになりました。とりあえず現地に行かないと気候もよくわからないし、とりあえず行ってみようということで、予定もほとんどたてずにアテネへ。セグウェイでアテネ観光したあと、どうもスキーができるらしいという情報をネットで見つけてツーリストインフォメーションに行き、詳細情報を色々教えてもらいました。山岳列車で雪山の麓の町へ町スキー場雪の状態も、人の少なさもよかったですスキーしたあとも、いろんなところに行きました。メテオラとか。バスにもたくさん乗りました10日間のギリシャ旅行楽しかったです!アテネのベイプショップそれでは!!