信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • 健康

    読みやすさ

    皆さんこんにちは。梅雨明けと同時にいきなり夏本番という感じですね。ここ数日は体中から酸っぱい臭いがしている気がしてなりません。ゴキブリに追いかけられた夏合宿の記憶が蘇ります‥さて、中高年になると体臭やら頭髪やら健康面で色々な悩みが増えてきます。数ある悩みの中で最も不便なのが【視力の低下】です。若かりし頃は両眼ともに1.5の視力でしたが40歳を過ぎた頃から徐々に低下し、今では0.7程度。体調次第ではもっと見えていそうですが、雨の日の夜に車を運転しているときは気を使ってかなり疲れます。PSなどのゲームをしていても細字は読みにくく、WEBサイトでも同様です。そんな中、数ヶ月前にWEBで「ディスレクシア」という読字障害についての記事をいくつか目にすることがありました。文字の読み書きが難しい疾患でそういう方がいることは以前から知っていましたが、その障害がUDフォントという書体によって改善されることがあるという内容でした。UDフォントとは読みやすさを追求して作られたフォントの総称で、文字の太さが一定、濁点などが大きい、文字のハネが少ないなどの特徴があります。もともとは、パナソニックがフォントメーカーのイワタと組んで、リモコンなど製品用途に開発した書体だそうです。今では色々なフォントメーカーがUDフォントを開発しています。実際のWEBデザインの現場ではどうでしょうか。フォントの選定はデザイナーのセンスの見せ所でもありデザインイメージを左右するものなので、一般的にはUDフォントを優先して採用している場面は少ない気がします。ビジュアルデザインに重きを置いたWEBサイトの場合、積極採用は難しいかもしれません。いっぽうで、ディスレクシアの方々の割合は日本では5~8%程度とのこと。高齢化が進む日本では老化などで細字が読みにくい人などは増え続けます。時代が進むほど「読みやすさ」がリピート率や滞在時間の増加につながりやすくなるでしょう。Windows10はいくつかのUDフォントが標準搭載されており、OSシェアが5割に近づいてきていることも加味すると、クラウドフォントを使わずともfont-familyへUDフォントを加えておいても良い環境が出来てきています。今後、当サイトでも採用できると良いですね。
  • レビュー

    ミノキシジルを使ってみた

    皆さんこんにちは。いよいよ明日からGWスタートですね。旅行やイベントなどの予定のある方、何もしないでぼーっとする方など過ごし方は皆さん色々かと思います。私は部屋の片付け、水槽のリセット、長男のバースデーなど忙しく過ごしたいと思っています。少しは痩せるかな。そんな痩せたい中年が最近取り組んでいるのは「発毛」です。「育毛」ではなく「発毛」現状維持ではなく、奇跡を起こす。それが「発毛」ちょっと力みすぎましたが、ここ数年徐々に衰退を始めた頭髪がのっぴきならないところに来たと感じたのが昨年。結婚当時、妻から「禿げたら別れる」と言われていましたので、愛妻家の私にとっては死活問題です。パーマをかけてボリュームアップを図ったこともありましたが、焼け石に水。追い詰められた私が選んだのが「ミノキシジル」という成分が入った発毛剤です。「リアップ」や「ミノキ」などの商品名でご存知の方も多いかと思います。「ミノキシジル」は血管を拡張して頭皮の血行を良くすることで発毛を促すようです。これとは別に「フィナステリド」という成分もありますが、こちらは「脱毛を抑制」する効果があるようで、男性ホルモンに作用するとかなんとか。この2つを併用するとより効果的なようですが、「フィナステリド」は服用なのでやや抵抗感があり、まずは「ミノキシジル」に委ねてみることにしました。いずれも発毛効果が出たとしても使用を止めると効果も消失していくそうです・・・ネックになるのがお値段です。ミノキシジルを使った発毛剤は1ヶ月分で¥6,000~¥8,000程度になり、毎月続けるのはしんどいです。AGAクリニックに通院し、フィナステリドを処方してもらったほうがお安くすませられるようですが、診察料など含めるとさほど変わらないでしょうし通院も億劫です。そんなケチでズボラな私向けなのが、並行輸入でミノキシジルを使った発毛剤を購入する方法です。ミノキシジル発毛剤の元祖「ロゲイン」という商品なら、2ヶ月分で¥6,000弱と半値以下。並行輸入品で心配なのが本物なのかどうか、ということでしょう。こればかりは自己判断ですが、発送元の国名などがある程度の判断材料になることもあるようです。商品によりますが、米国発送ならOKで中国発送はNGなど。どれだけ情報収集できるかになりそうです。また、並行輸入時に気をつけるのが【輸入量】です。ミノキシジルを含む商品については個人で使う量が限度となるようで、それ以上は通関できないことがあると注意喚起がされています。検討される方はご注意ください。使い方は朝晩一回ずつ1mlをスポイトで頭皮に垂らしてから馴染ませるようにマッサージをします。染みることもなく臭いも気になりません。これなんかの成分が入ってるのかな?というくらいにさらっと水っぽい感じです。水よりは気持ち粘り気があるくらい。肝心の効果のほどですが、昨年末から4ヶ月間継続使用していますが今のところ「発毛実感」はありません・・・広告によるとおおむね4ヶ月から効果を実感する方が多いようで、一年間の継続使用で8~9割の方が効果を実感していると謳われています。「個人差」というワードに望みを託して、今年の年末までは使ってみるつもりです。素敵なクリスマスプレゼントが届くのか、ポジティブに待ってみたいと思います。本投稿が平成最後のコアテック社員ブログとなりました。令和になりましてもコアテックをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。
  • グルメ

    Photoshop CC for iPad

    皆さん、こんにちは。すっかり秋らしくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?私は今日も和利道へランチしに行ってしまいました。いつからか「まぜそば」がメニュー追加されましたが、辛つけめん派のためチャレンジしていません。食べた方いらっしゃれば、感想教えてください。さて、ご存知の方も多いかと思いますが、来年2019にiPadでPhotoshopが使えるようになりそうですね。通常のPhotoshop CCと大きな機能差はなく、PC版と同じように使えるとのこと。Apple Pencilを使う方には良さそうですが、それ以外でノートPCでCC使うケースとどう違うのかピンときません。iPhoneが大型化、ノートPCが薄型化軽量化していく中で、タブレット端末の存在意義が薄れてきていますが、ネット見たり動画見たりはタブレットのほうがお手軽ですよね。風呂に浸かりながらYoutubeやhuluを見るには重宝してます。風呂で画像編集はしませんが、ほぼフル機能のPhotoshopが動くiPadというのに惹かれます。「Photoshopが使えるんだよ、仕事しやすいかも」iPadを買い替える際の説得材料としては使えそうです。そう思うとピンときます。p.s.ブログのカテゴリに「独り言」とか追加してもらえないでしょうか。
  • 健康

    Touch ID

    皆さん、こんにちは。暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?私はここ数年、手荒れに悩まされており、今では指紋がほぼ消えてしまっているほどに進行しています。皮膚科も複数受診しましたが、対処も処方される薬も同じで通院をやめました。指先にまったく湿り気がなく、小銭を掴んだり紙をめくったりするのに難儀します。お年寄りが物をうまくつかめない理由がよくわかりました。運動能力や感覚が衰えるという理由もあると思いますが、指先がカラカラに乾燥していると摩擦がなくなるような感じになり、引っ掛かりが感じられなくなります。これは面倒です。指の腹や手のひらをあわせて使う場合には困りませんが、指先だけを使う場合は相手が乾燥していると長期戦を強いられます。120円の缶コーヒーを買うのに、ブツブツと独り言を言うことになります。もう一つ厄介なのが、スマホです。指紋が消えるとTouch IDも反応しなくなるため、スマホを使う度にパスコードを入力しています。スワイプの反応も悪く、あまりに反応しない際には顔の脂を指先につけて使っています。面倒なうえに、スマホ画面がギラギラして気分が悪いです。Face IDなら便利だと思いますが、現機種の二年縛りも途中ですしスマホを2年で乗り換えるのはちょっと贅沢ですね。今日の格言:不便と闘うことで掴めるものもある。