信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • グルメ

    魚を捌きたい!

    皆さんお久しぶりです。最近釣りに興味が出てきたので始めようかと思ったのですが、釣った魚を食べるには魚を捌けるようにならなければ…と完全に目的が変わって魚を捌く練習を始めましたw(結局釣りは始めていませんw)捌くためにまずは包丁を用意しようと自宅キッチンを漁ったのですが、我が家には三徳包丁しかありませんでした。[三徳包丁]どうやら魚を捌くには出刃包丁なるものを使うらしい( ^ω^)・・・「せっかく練習するなら出刃包丁を使いたい!」という欲を抑えられず、増税前に楽天でポチリ。持ち手が独立しておらずオールステンレス製(^○^)お値段は2000円弱で評価も良かったです(包丁の相場が分からない)包丁の初回使用ってなんか慣らし的なことするのかな?(車のタイヤ履き替えた時みたいに)と思って調べたんですけどよくわかんないからいいや(^○^)まずは入門編で近所のスーパーでアジを購入しようとおもったのですが・・・台風の影響で売り切れ・・・なぜかイサキがいたのでいきなりイサキを捌くことに・・・包丁単体で写真撮り忘れたのでこちらをご覧ください↓[イサキと出刃包丁]まずは鱗を包丁の背で落としていきます。これが大変。鱗飛び散りすぎィ!!「鱗取り」という便利な道具もあるそうなのですが、今回は包丁で頑張りました。[鱗を取られたイサキ]鱗を取った後は、各種ヒレを切り落とします[イサキとキッチンバサミ]この後は頭を落として、お腹を切って内臓を取り出すのですが色々とグロいので割愛しますw苦労しながらも何とか三枚におろしました。[三枚におろされたイサキ]今回は生でいただくので皮を剥ぐ必要があります。皮引きですね。これが一番難しかったです。刃を浅く入れると全然皮が引けないし、深く入れると身も一緒に引いてしまいます。格闘すること10分。(鮮度的に大丈夫なのか)何とか皮を引きました。(一部引けなさ過ぎて諦めました)適切な大きさに捌いて盛り付け。[イサキと琉球ガラスの皿]やっぱ身が崩れてしまう(´;ω;`)口に入れれば同じか今回はネギたっぷりなカルパッチョにしていただきますー![イサキとヒラマサのカルパッチョ](ヒラマサはプロが捌いたやつ)暇だったので唐揚げも作りましたとさ[唐揚げから望むカルパッチョ]おわり
  • レビュー

    愛車紹介

    こんにちは!今回は趣味の1つである車をご紹介させて頂きます。新卒の初給料でローン組んで買ったロードスターです!(初任給で車を買うのはオススメしません)2000年式のNB後期で古いですが走行距離も35000kmくらいで状態良好でゲットできました。さすが国産車はエンジンも丈夫です。まだまだ走れます。土日はよくこれで箱根や房総に行ってます(=゚ω゚)ノタイヤを14から17にインチアップしたりライトを変えたりと日々改造を楽しんでいます。やっぱタイヤはギチギチまでデカくしないとですね!(車検は通るサイズです)ボディも小傷はあるのですがめちゃめちゃ磨きまくってピッカピカです!笑ついこの前は念願のフォグランプも取り付けました!青いイカリングで威圧感満載( *´艸`)(運転している人間はヒョロヒョロですが)これからも大事にしていきたいです!
  • イベント

    鳥のいる生活

    皆様初めまして「ふ。」と申します。突然ですが、鳥を飼っていらっしゃる方おります?※養鶏ではありません飼っていらっしゃる方は私が何を言いたいのか薄々気づいていることでしょう。飼っていない方はニワトリを想像していることでしょう。ニワトリを想像していた方、いいんですそれでいいんです。今はそれでいいんです。これから私が申し上げることに刮目して下されば、それでいいんです。そう皆様お気づきのとおり、私は鳥が大好きなんです。(特にインコやオウム、あと猛禽類)↓インコ(マメルリハたん)↓オウム(キバタンたん)↓ミミズクたん何故鳥なのか?もちろん犬猫も好きですが、やっぱり彼らは哺乳類じゃないですか?哺乳類同士は仲良くなれて心を通わすことが出来るのは当然っちゃ当然なんですよ。だって同じ哺乳類だもん。だけど鳥って鳥類ですよ?種族を超越して心を通わすことができるって何だか神秘的じゃないですか?まずこれが大前提です。大前提。付属要素として鳥の好きな点を下記にまとめたのでご査収ください。①何だか良い匂いがするはい、焼き鳥の匂いだと思った方は反省して下さい。あのね、体臭が凄くいい匂いなんですよ、、、「鳥!!」「野生!!」って感じの独特な香りで、これは視聴者の皆様にお伝えするのが非常に難しい。鳥はお風呂に入れない(シャンプーしちゃダメよ)ので発せられる香りが鳥そのものなんですよ。これを楽しめるのは飼っている人の特権ですね。ちなみに我が家の鳥ちゃんは毎日私と一緒にお風呂入ってます。(22時半位になると風呂入れてと騒ぐ)②キメの細かい、もふもふ感犬猫でももちろん、もふもふ感は味わえますが、鳥はひとあじちがいます。もふもふのキメがとにかく細かい! 鳥って常には、もふもふはしてないんですよね。リラックスしている時は、もふもふしていますが、ビックリした時や何かに注視している時などは毛が「シュンッ」ってなります。↓もふもふしているオカメインコたん  では、何故キメの細かいもふもふなのか?それは犬猫とは毛の構成が違うからです。↓毛の構成の違いちなみに力作です。犬猫は地肌から毛が直接生えているのに対し、鳥は筒のようなものが肌に生えておりそこから軸となる毛が生え、さらにそこから派生して細かい毛が生えています。(あくまで個人で観察したデータです)そのため、毛先一本一本までキメの細かい上質なもふもふ感を構成することができます。この点が鳥の大きな優位性となります!!③かわいい仕草鳥の仕草は全て可愛いです!その中でも特筆すべきなのは「首をかしげる」という仕草です。ヘドバンじゃないです。↓首をかしげる十姉妹たんしかもその首をかしげる理由がこちら「分からないから」可愛くないですか?? 自分には分からない事が起きると首をかしげちゃうんです。シーンとしては、普段聞きなれない音が聞こえたり、見慣れないものを見せたりすると首をかしげちゃいます。超かわいいですよね!大の大人がそんなことしたら蹴られそうですが、鳥なら許されるんです!!④音真似をする「インコ飼ってる」と言うと「しゃべるの?」と聞かれる方がいらっしゃいますが、、、基本的に喋るのはオウムです。(オウムでも喋らない子もおる)でも音真似はします! うちの子は舌打ちの真似とか最強に上手です!例えばあなたが、いらいらした時に舌打ちをしたとしますよね?そしたら飼っている可愛い可愛い鳥ちゃんが「チッ!」って真似するんですよ??どうですか?イライラも吹っ飛んじゃいますね!この様に鳥は「歩くマイナスイオン」なんです。ここ大事ですメモしてください。気づいたんですがこのまま書き続けると止まらないと思うので今回はこの辺にしておきますwどうですか? 最初にニワトリや焼き鳥を想像されていた方、確かに可愛いし、魅力もたくさんあるし、鳥飼うのもありかも! と思いません?あ、ちなみに、、、自宅ではコザクラインコという手乗りインコを飼っています!名前は「らぶちゃん」です!↓らぶちゃん次回は「これから鳥を飼う人へ~入門編~」でお会いしましょう!