信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • グルメ

    最近増えてきている南インド料理店

    नमस्ते! आप कैसे(कैसी) हैं?ナマステー!初めまして。インフラ担当のまつや です。どうぞよろしくお願いいたします!私は板橋区在住なのですが、近所にインド料理店が沢山あることもあって、週に最低でも1回はインド料理を口にしています。さて、皆さんはインド料理というとどんなものを思い浮かべますか?やっぱり一番に思い浮かぶのはカレーでしょうか。あとは主食としてナーン(よくナンと言われますが、ほんとは長く伸ばします)とか、タンドゥーリーチキンなどがポピュラーですかね。飲み物としてはスパイスの効いたチャーイとか。こんな感じですね。写真の主食はナーンではなくチャパーティーという全粒粉のパンです。ナーンのカロリーが気になる方はこちらに変更できるか聞いてみるといいかも。東京ではインド料理店の看板を掲げている店がかなり多くありますが、大抵は上のようなスタイル、いわゆる「北インド料理」のお店が多いです。これに対して、ここ10年くらいの間に、徐々に増えてきているのが、タミルナードゥ州や ケーララ州などで 食べられている「南インド料理」 のお店です。特に2017年以降、あちこちで見かけるようになりました。南インド料理はこんなかんじです。伝統的にはバナナの葉に盛り付けるらしいですが、写真のものはターリーと呼ばれる定食皿に長粒種の米のごはんとサンバルと呼ばれるカレー、ラッサムと呼ばれるスープ、ポリヤルという野菜炒め、その他 いろいろなおかずが盛り付けられています。英語でミールスと呼ばれています。上にパンのようなものが乗っていますが、これはナーンではありません。パーパドという煎餅のような スナックです。これらをご飯にかけ、混ぜて基本右手で食べます。あとこんなのも。ドーサーという、米粉をクレープ状に伸ばして焼いたものです。カレーをつけて食べたり、スイーツとして食べるやりかたもあるようです。飲み物は北インドのようにチャーイもありますが、南インドではコーヒーを牛乳で煮出した、いわゆる「マドラスコーヒー」がよく飲まれるようです。金属のカップと受け皿に入って出てくることが多いんですが、すごく熱いのでカップから受け皿に移し、またカップに戻す、というやり方で冷まします。お店によってはこれをパフォーマンスとして映えるやり方で目の前でやってくれるところもあります。増えてきているとはいっても、南インド料理は日本ではまだあまりメジャーではないようで、北インド料理店でも出すようなナーンとかタンドゥーリー料理も出しているお店が結構あります。お客さんもミールスとかは注文せず、カレーとナーンのセットを頼んでいるひとが多いですね。もっと知られるようになって南北でうまく棲み分けができるといいなぁと思います。それではまた!फिर मिलेंगे!