信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • 画像:ブログサムネイル

    レビュー

    SDGsについての備忘録

    ビジネスに関するブログテーマを探していたところ、SDGsが気になりました。昨今、テレビのニュース特集やクイズの問題で見かけたり、CMで見かけたりする機会が増えてきました。自分の備忘録も兼ねて、SDGsについて本ブログ記事で簡単にまとめたいと思います。SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の頭文字をとった略称で、読み方はSDGs(エス・ディー・ジーズ)となります。大きな分類としては「世界共通の目標」であり、スローガンやキャッチコピーと理解すると分かりやすいかもしれません。目標の内容としては、環境活動や地球温暖化といったエコ分野を多く扱います。SDGgの特長SDGsの興味深いところは、世界共通の目標として「17の目標」を掲げているところです。世界共通で達成すべき目標を「17に集約した」という点が驚きで、それが成立するまでの過程に思いをはせると、世界中の議論の末にこの項目に決定したということに思い至り、非常に感慨深いです。また非常に面白いのが「17の目標にカラフルな色とアイコンが添えられている」点です。このカラフルなデザインについて、工事現場の注意標識など見かけることもあり、環境に配慮している証としても利用されています。17の目標の簡単な説明ここでは、それぞれの目標の細部には立ち入りませんが、どのような項目が宣言されているかを俯瞰しておきます。目標1 貧困をなくそう目標2 飢餓をゼロに目標3 すべての人に健康と福祉を目標4 質の高い教育をみんなに目標5 ジェンダー平等を実現しよう目標6 安全な水とトイレを世界中に前半部である「1~6」の目標を確認すると、発展途上国を対象にした一般的なボランティア活動に近しい項目が多いことに気が付きます。こうした項目は、常に意識しなくてはいけない世界共通の目標といえるでしょう。目標7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに目標8 働きがいも 経済成長も目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう目標10 人や国の不平等をなくそう目標11 住み続けられるまちづくりを目標12 つくる責任 つかう責任「7~12」の目標は、先進国に課せられる内容が多いように感じられます。経済活動の発展を支援しつつも、経済格差が起きないようにする工夫が求められています。IT技術を扱う私たちに直接関係しそうな項目も、これらの目標です。目標13 気候変動に具体的な対策を目標14 海の豊かさを守ろう目標15 陸の豊かさも守ろう「13~15」は、地球温暖化を始めとした、地球が直面する環境問題についての目標です。これも、世界中で共通認識をもって取り組まなければいけない重要な課題です。目標16 平和と公正をすべての人に目標17 パートナーシップで目標を達成しよう最後に、国際社会における協調の必要性を説いてSDGsは締めくくられます。なぜ、今の時期に話題になっているのか自分なりの解釈においては、大きく三つの理由が考えられます。ひとつの理由は2030年がゴールとなっているので、それに対する着実なアプローチです、長期計画になるので締め切りぎりぎりになって開始しても、到底間に合いません。ロードマップを考えるうえで2021年は残り10年を切っているので、意図的に話題に挙げてるのかもしれません。二つ目は、企業がビジネスチャンスとしてとらえ始めているからです。SDGsへ取り組む企業のイメージは良くなりますし、投資家の間でも「ESG投資」として認知されています。ESG投資とは「E(環境)S(社会)G(ガバナンス)」に配慮した経営を行っている企業に投資をする流れです。最後に三つめが、コロナ禍であるということです。SDGsの宣言を振り返ってみると「持続可能な開発」とあります。持続可能ということは、すなわち「これまでの生活を守る(継続する)」ということも意味します。コロナ禍でこれまでの日常が大きく失われてしまったからこそ、この宣言の重要性がフォーカスされているのではないでしょうか。私たちのビジネスとSDGs私たちが直接関係する項目で、改善しやすい項目は次のニ項目でしょうか。目標8 働きがいも 経済成長も目標9 産業と技術革新の基盤をつくろうIT技術により、社会をさらに成長させていく取り組みとなります。もちろん在宅ワークでの電気を節約することにより地球温暖化を防止する取り組みなども、はじめの一歩といえるでしょう。SDGsへ取り組むことは、企業としても個人としてもデメリットは特にありません。世界全体で解決しなくてはいけない課題を把握することで、日々の生活をより持続可能なもの(サステナブル)にしていくことが可能になると思います。日々の生活の参考になれば幸いです!

  • 画像:ブログサムネイル

    テクログ

    SEO対策のきほん

    ◆SEOとはウェブマーケティングにおいて重要な施策のひとつであるSEO。ウェブ担当者やウェブマーケターにとってはもはや必須のスキルとなっていますね。SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称でざっくりと説明すると、検索エンジンの検索順位を上げたり、表示される情報を増やすことで自社サイトにできるだけ多くの顧客を集客することを目的としたマーケティング手法です。今回は、一番メジャーな検索エンジンであるGoogleをベースに、SEOにおいて基本となる3つの要素について紹介したいと思います。◆検索順位はどのように決まるのか?SEOの主な目的である「検索順位の向上」ですが、この検索順位はどのように決められているのでしょうか?Googleの検索順位が決まるまでには、以下の3つのステップがあります。ウェブサイトを見つけるウェブサイトの情報を持ち帰って整理する整理した情報をもとにウェブサイトを評価するSEOの基本を知るために、まずはこのステップについて理解しましょう。①ウェブサイトを見つける大前提ですがGoogleが知らないウェブサイトはGoogleには表示されません。でも普段みなさんがGoogleで検索すると非常に多くのウェブサイトの情報が表示されますよね。これらはウェブクローラ(bot、スパイダーなどとも)と呼ばれるプログラムが、日々世界中のあらゆるウェブサイトの情報を集めてきているからです。検索エンジンが精度の高い検索結果を表示するために、まずはこの情報収集が重要になります。②ウェブサイトの情報を持ち帰って整理するウェブクローラが持ち帰ってきたあらゆるウェブサイトの情報はGoogleのサーバーに蓄積されていきます。一つのウェブサイトの中でもテキスト、画像、動画など色々な形式の情報があるので、それらを適切な形で整理し、情報の内容(新しさ、テーマ性など)によって細かく分類していきます。図書館の本があいうえお順に並べられているように、Googleも集めてきたウェブサイトの情報を細かく分類していつでも情報を取り出せるように整理しています。③整理した情報をもとにウェブサイトを評価する最後に、整理された情報をもとにGoogleが独自のアルゴリズムを使ってウェブサイトを評価します。そしてより評価の高いページが検索順位の上位として表示されることでランキングが付けられます。これが検索順位が決まるまでの一連の流れになります。◆検索順位を上げるにはこの3つのステップを改善するこの3つのステップを別の言葉で言いかえるとクロールインデックスアルゴリズム(による評価)と言います。SEOで検索順位を上げていくためにはこの3つの要素を理解し、それぞれが最適な状態となるよう適切な施策をおこなうことが重要となります。これがSEOで基本となる3つの要素です。ではここからは、具体的にSEOでどのように最適化していくのか、それぞれの要素に対するSEOの取り組み方について見ていきましょう。◆SEOの取り組み方3つの要素が最適な状態というのはつまり、ウェブクローラが見つけやすくウェブクローラが情報を持ち帰り、整理しやすくアルゴリズムに評価されやすいウェブサイトということになります。この状態を目指すためにそれぞれどんな対策をしていけばよいでしょうか。①クロールの改善検索エンジンのプログラムがウェブサイトの情報を集めることを「クロール」と呼びます。クロールをするので「ウェブクローラ」なんですね。そしてこのクロールのしやすさのことを「クローラビリティ」と言います。ウェブクローラがウェブサイトを見つけやすい状態にするためには、このクローラビリティを上げていくことが大切です。ウェブクローラは、通常ウェブサイトに貼られたリンクやサイトマップXMLと呼ばれるウェブページのURLの一覧などから、新しいウェブサイトやサイトの中の個別のページを発見します。そのため、新しくウェブサイトやページを作った場合は、リンクやサイトマップXMLを使って「ここに新しいサイト(ページ)がありますよ!」ということをウェブクローラに伝えてクローラビリティを上げましょう。②インデックスの改善ウェブクローラが情報を持ち帰り、整理して保存することを「インデックス」と呼びます。クローラビリティと同じくこちらもインデックスのしやすさを「インデクサビリティ」と言ったりします。インデックスされてないウェブサイトはクロールされていても検索結果には表示されません。また、検索順位はインデックスされた情報をもとに評価されるので、ウェブサイトにどれだけ良い情報があるとしても、ウェブクローラが読み取れなかったり、理解できない状態になっていると正しく評価することができません。プログラムであるウェブクローラが正しく情報を理解できるように、HTMLを分かりやすく記述したり、画像や動画には代替テキストを用意するなどでもれなく情報を持ち帰ってもらいましょう。また、実際にウェブページが正しくインデックスされているかをサーチコンソールなどのツールで確認することも大切です。③ウェブサイトの改善Googleにはコアウェブバイタル、モバイルフレンドリー、パンダアップデート、ペンギンアップデートなど一部公表されているアルゴリズムのほかにも数百のアルゴリズムがあると言われています。また、それらも日々アップデートがおこなわれているので、すべてのアルゴリズムに対応したウェブサイトを作るのはとても難しいでしょう。そのため大事なことはアルゴリズムに評価されるウェブサイトを作るのではなく、ユーザーに評価されるウェブサイトを作るということです。Googleは検索エンジンとして「ユーザーの検索意図を理解してユーザーが本当に知りたい情報を提供すること」を重要視しているので、ユーザーのためのウェブサイトを作ることが結果的にアルゴリズムに対しても最適化することにつながります。どんなアルゴリズムがあるかを理解しつつも、ユーザーにとって有益なウェブサイトづくりを目指しましょう。◆SEOで大事な3つの要素 クロール・インデックス・アルゴリズムさて、ここまで検索エンジンで検索順位が決まるまでの3つのステップと、それに対するSEOの取り組み方について書かせていただきました。今回お話したこのクロール・インデックス・アルゴリズムはSEOの基本となる重要ワードになりますので、ぜひ覚えていただければと思います。一般的にSEO対策というと「タイトルタグにキーワードを入れる」「外部リンクを増やす」などピンポイントの施策として紹介されていることが多いですが、どんな施策も本来はこの3つの要素のいずれかを改善するためにおこなうものです。SEO対策をおこなう際は、この3つの要素を意識して「いま自分のウェブサイトではどの要素を改善するべきなのか」を考えながら施策をおこなっていきましょう。今回のお話は「Google 検索の仕組み」というサイトでもっと分かりやすく紹介されています。SEOや検索エンジンについて更に知りたくなった方はぜひご一読ください。▼Google検索の仕組みそれでは、また!

  • テクログ

    Googleアナリティクス4(GA4)の備忘録

    業務でGoogleアナリティクスを使用する機会があり、少し見ないうちに変更されている点が多くありましたので、自分用として調査しました。2種類のバージョンの存在GAには、ユニバーサル アナリティクス(UA)と次世代のGoogle アナリティクス4(GA4)があり、設定次第で両方の画面を確認できます。これまでのUAでは「マイレポート機能」が便利だったのですがGA4では削除され、大きくアプリ寄りになっている印象を受けました。以下の「データストリーム」という設定項目からもわかる通り、順番も「iOS」と「Android」がウェブに先んじています。※GA4は「アプリ + ウェブ」という名称で開発を進められていた経緯があります。GA4の売りについてAI(機械学習)による行動予測機能がセールスポイントです。(1)購入の可能性アプリ/ウェブを訪問したユーザーが、今後7日以内に商品購入に至る可能性を予測する指標。(2)離脱の可能性アプリ/ウェブを訪問したユーザーが、今後7日以内に利用しなくなる可能性を予測する指標。上記機能を試したのですが、残念ながら該当サイトではデータが思うようにまだ蓄積されておらず、AIによる候補表示がうまく機能しませんでした。これからの機能という印象でした(ビッグデータがないと統計的にも有意にならないため)。特にゲームアプリの場合は、月額課金(サブスクリプション)の継続率が重要になるので、離脱予測による事前対策も一考だと思います。便利に感じた機能について分析を開始するに当たって、どのような項目から始めたらよいかを、質門形式で教えてくれます。これは「アナリティクス インテリジェンス」と呼ばれる機能です。質問形式の選択肢は、ユーザーフレンドリーなインターフェイスといえます。データ分析に答えはありませんが、始めにこうした機能が提示されることで、とても扱いやすく感じました。*実際の分析データなども社内資料としては作成したのですが、データは繊細な面があるのでここでの掲載は行いません。今後も最新のGA機能をテストしていきたいと思います。

  • 雑記

    週末の過ごし方(週末俳優編)

    こんにちは、タクです。普段はIT企業でWebディレクターを行っていますが、週末はガラッと変わります。なかなかの振り幅があるので、会社員の多様性という意味でご紹介しますね。週末だけ俳優業を行っているのですが、セリフをいただく機会にも恵まれてきており、相当ハードに過ごしています。毎週、ドラマ撮影やCM撮影が入ることもあって、朝の4時起きはほぼ日常茶飯事です(始発集合はメインキャストの方も同じです)。こんなパターンが、週末俳優の日常となります。【撮影がある日】金曜日の夜に台本を読み込みます。スマホによるカメラ撮影で練習し、入念に役作りを行います(どんな長ゼリフでも、基本はすべて覚えます)。スーツなどの一般的な衣装はほぼ自前になるので、その準備に大忙しです(制服などはもちろん用意されます)。始発で駅に集合し、ロケバスで移動します。地方の養鶏場や学校、飛行場など様々なロケ地へ移動します(もう慣れました)。待ち時間にセリフの暗唱を交えながら、撮影に臨みます。緊張するのは最初だけで、後は楽しい時間が続きます(たまにアドリブの余裕も)。再現VTRやドラマ、CMが多いですが、たまにテレビショッピングのお仕事もあります。【撮影がない日】演技の勉強のため、ドラマや映画をなるべく見ます。お芝居に目がいってしまい、ストーリーが入ってこないという弊害が多々あります。ボイトレ、筋トレなども俳優のお仕事のうちなので、できるだけ取り組みます。宣材写真の撮影や、事務所訪問などもオフの日を利用して行います。オシャレや美容にも(できる範囲で)気をつかいます。これはエイジングとの戦いです。●映像演技の小ネタについて映像演技にはいくつかの暗黙知があります。カメラの向こう側にいかないと分からないことで、お芝居の技術に直結する内容です(自分もまだできていないことが多いです)。少しだけご紹介します。①多人数のロングショット(広角の撮影)の際、周りが動いていない場合は、自分も揃えて動かないようにする。→静止写真(スチール)と同じように、実はカメラの中では動きを控えめにするケースが多いです(舞台演技と大きく異なる点)。周りが動いていないのに、自分だけ細かく手を動かす演技をしてしまうと、悪目立ちしてしまうからです。自分にフォーカスしている――抜きのショットのときはお芝居をするのですが、ロングショットのときは要注意です。現場ではプロとして扱われ、流れるように進行していきますので、誰もこうした基本所作は教えてくれません(カット確認後に、もう一回くださいと指示されるだけです)。②まばたきも控えめに→まばたきにも意味があるので、通常のお芝居のときは意識して控えめにするよう心がけます(ここもスチールと同じ)。動揺しているときの演技に、まばたきや目の動きを用いるためです。③泣く演技について→演技をきちんと勉強して訓練すると、数分かけずに涙を流すことができます。泣くということは感情が大いに乱れているわけで、その状態からセリフを思い出そうとすると、せっかくの感情の糸が切れてしまいます。感情を先行させ、セリフが自然と口から出てくるように練習しておく必要があります。④意外と難しいシーンについて→消え物と呼ばれる、飲食の撮影が実は大変です。準備された食材に限りがある上、飲み食いを繰り返すと思いのほかお腹が苦しくなるのです(撮影は、ワンカットで終わることはありません。寄りと全体の2カット以上が一般的にあります)。また、食べながらのセリフは、思いのほか難しいです。口に物を入れてしゃべると、飛び散ってしまうからです。なお、お酒のシーンで本物のお酒が出ることはまずありません(ノンアルコールや、疑似ドリンクを用います。撮影は長丁場なので、酔っぱらうことはできません)。以上、週末の過ごし方と、とりとめのない演技談義でした。お芝居は、思っている以上に難しいものですね♪

  • 画像:ブログサムネイル

    レビュー

    最近読んだ本のご紹介「幸せになる勇気」

    皆さんこんにちは!ディレクターのタクです。最近読んだ本のご紹介となります。アドラー著「幸せになる勇気」という本で、「嫌われる勇気」という人気作の完結編になります。自己啓発本であり、多様な示唆に富んだ本なので細かい言及はとてもできませんが、以下の言葉がとても心に残ったのでご紹介します。「教育とは尊敬である」若手を教育するときに、細かいことに立ち入って指導する前に、その相手の興味・関心ごとに興味を持ち、ひとりの人格として尊敬することから始めよ、という教えになります。これは耳が痛い。。。ということは実はなく、これまでに常に意識して実践していることなので、自分の中では自信がある項目かもしれません。お時間のある時にぜひ!

  • 画像:ブログサムネイル

    雑記

    平和な日常を取り戻すことを夢見て

    皆さんこんにちは!ディレクターのタクです。在宅ワークだと、ヘルスケアやストレス解消について気をつかうことが多いと思います。普段であれば一番良い気晴らしのひとつに、日光を浴びる散歩が挙げられると思いますが、まだまだ外出には気をつかう必要があります(執筆時は4月中旬)。そこで、今後の先を見据えてテンションが上がるように、帽子をネットで購入しました!※KANGOLのネイビーカラーがお気に入り。竹とアクリル素材によるメッシュ仕上げになっており、通気性もGOOD。この帽子をかぶって自由に外に出かけられる日を夢見て、毎日頑張っています。何でもないようなことが幸せだったと思うー♪という曲が世の中にはありますが、まさにその通りだと痛感しています。「平和な日常を取り戻すことを夢見て」気が滅入ってしまうことがないように工夫して、一緒に乗り切りましょう!