信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

LIST OF ARTICLES

記事一覧

  • テクログ

    お話アプリ

    今年のGWは10連休でしたね。個人的に興味のあった機械学習による会話アプリを試してみました。「ありがとう」と文字を入力しますと「どういたしまして」のように返答文を考えて、返してくれるアプリです。以下のqiitaの記事を実動作させることを目指します。日本発の機械学習フレームワークchainerでの実装ですね。Seq2Seqといった「ある文章A」⇨「ある文章B」に変換する技術になります。https://qiita.com/kenchin110100/items/b34f5106d5a211f4c004独学で本当に正しいやり方かは保証できませんが以下に試したことを記載します。日本語の語句ごとの分解はMeCabを使用します。pipで入れます。MeCabで生成した際、応答側のテキストは各応答文末に、文の終わりを示すため'<eos>'を入れます。学習にはGoogleのColaboratoryを使用します。Colaboratoryを使用する理由は、設定を変えると無料で(時価70万円相当!?)ハイスペックGPUを使用できるからになります。CPUでも学習は可能ですが遅いです。。Colaboratoryによるファイルのアップロードダウンロードがわかりにくいのですが、以下を実行する感じです。□アップドーロ-----------------from google.colab import filesuploaded = files.upload()-----------------□ダウンロード-----------------from google.colab import filesdownloaded = files.download('{ファイルのお名前.weights}')-----------------□ちゃんとアップロードできたか確認%%bashlsここでの学習のポイントは学習はGPUで行いますが、重みの書き出しはCPU用に変換します。webアプリ化のため機械学習したモデルをDjangoからつなぎ込みますが、ここでの文章生成の推論はCPUで行うとになると思います。-----------------model.to_cpu()serializers.save_hdf5(outputpath, model)model.to_gpu(0)#また処理をGPUに戻してあげる。-----------------またtotal_lossをprintして確認しながら進めました。損失が減っていくとそのデータに対しての学習がうまくいっていることになります。機会がありましたら、続きの学習した重みとモデルを使用して実際に文章を生成するところを記載したいと思います。
  • 健康

    体脂肪率

    こんにちは。キャッシュバックキャンペーンとかあるじゃないですか。。で、最近、、、買ってしまったんですよね。。……体重計を、それも体脂肪率の測れるものを。。。。。。。(こわれている....!?)んんん〜〜〜。と…取り合えず1日のご褒美に買っていたアイスや甘いお菓子をやめることにしました。
  • テクログ

    マテリアルデザイン

    こんにちは。じゅんちんです。マテリアルデザインとは、本当に簡単にいいますとGoogle純正アプリケーションのようなUIデザインです。webでアプリのような見た目を簡単に実装できたらいいですよね。Vueでマテリアルデザインを手軽に適応できるVuetifyといったフレームワークがあります。タブ実装に関して困ったことがあったので共有したいと思います。タブの切り替え実装するv-tabといったタグがあるのですが、リファレンスの中では、スライド以外のアニメーションが紹介されていないと思います。フェードで、内容を切り替えたいのに。。。そんな場合はどうするかというと、自作したアニメーションを以下のように適応する必要があります。v-tab-itemにtransition (タブを進めた時のアニメ)reverse-transition (タブを戻した時のアニメ)を記載します。この属性を自作したフェードのアニメーションCSSと紐づく名前しすればフェードで切り替わるようになります。具体的にはタグは以下のような感じになります。my-fadeがcssの紐付けになります。  <v-tab-item   v-for="i in 2"   :id="'tab-' + i"   :key="i"   transition="my-fade"   reverse-transition="my-fade"     >適応するフェードのアニメーションは以下のような感じでできます。v-tab-itemと同じコンポーネントのcssに記載すればOKです。<style scoped>.my-fade-enter-active, .my-fade-leave-active { transition-property: opacity; transition-duration: .25s;}.my-fade-enter-active { transition-delay: .25s;}.my-fade-enter, .my-fade-leave-active { opacity: 0}.my-fade-leave-active{position: absolute;top:0;}</style>
  • イベント

    ポケモンゲットだぜ!

    こんにちは、じゅんちんです。東京ドームシティという遊園地で、ポケモンのリアル脱出ゲームが開催されていましたので行ってきました。東京ドームシティ内のいたるところに、ポケモンがいてなぞなぞをとくと、ポケモンがゲットできます。集めてたポケモンの協力で、脱出することができます!園内の飲食もポケモン仕様。おまけでバッチとかもらえます(´ω`)無事、閉園手前ぎりぎりに脱出できました!夜の東京ドームシティは綺麗です。このブログを書いている時点では終了したようですが、とても楽しかったので、また開催してほしいですね!
  • 健康

    一年

    こんにちは、じゅんちんです。コアテックに勤めて、ちょうど一年です。一年前のこの時期は、暑くて雨がなかなか降らない気候で、とても緊張したこと思い出します。新しいものごとにどんどん挑戦させてただき、楽しく過ごせた一年でした。中でもPythonを使用した画像処理に関する案件は、自分のアイデアを形にできた心に残るものになりました。あ、あと、このカテゴリのとおりに健康にすごすことができました!!!!一年もたったら、いろいろなことに慣れてるんだろうと思いましたがまだまだですね。あせらず、一歩づつやっていきたいと思っています。