プログラムの本

開発課

こんにちは。じゅんちんです。

最近読んでいる本をご紹介します。

 

「プログラムはこうして作られるプログラマの頭の中をのぞいてみよう」
といったタイトルの本になります。

 

この本は、とあるゲームをどのように頭のなかで考えてそれがプログラムになっていくかを紹介する本になります。
試行錯誤で誤って作った実装、それの修正過程までも書かれています。
プログラム言語仕様をまったく知らない読者を前提としており、英語も使われません。

 

プログラムの言語の仕様、実装を紹介する本はたくさんありますが、このような思考過程を紹介する本はあまり見たことがありませんでした。

 

読んでみると説明が過剰ともいえるような印象も受けますが、
言語の機能やフレームワークが持つ機能にも何にも頼らず、何もない所から作り出す感じで、手作り感がありますね~。

▼ あー、これはテクってる 関連記事