おやしらず

開発課

最近親知らずをぶっこ抜きました。

 

じつは虫歯になったことが一度も無く、歯医者に行くとしたらホワイトニングくらいの歯医者さんとは無関係人間だったワタクシですが。突如尋常ではない頭痛が発生し脳が弾け飛んだかと思いもしや群発頭痛かと思い泣いていた所、優秀な友人が親知らずが悪さをしている可能性を示唆してくれたので、いざ歯医者へ。

 

歯医者さんに症状を伝えると、取り敢えずレントゲン撮ろうぜ?ということで即レンをキメる。案の定、親知らずが悪さをしており上下全ての親知らずが謀反を働いていました。お医者さんによると上の歯は簡単に処置出来るが下が少し問題ですね、ということなのでレントゲンを見てみると。

下の親知らずがゼオライマーのメイオウ攻撃の様な形で生えていて他の歯の神経を完全に圧迫していたんですねぇ~怖いですねぇ~

 

そうとわかれば残る手段はひとつなので処置のチャートをちゃーんと組んでいただいて、まずは上の簡単な歯から抜いて貰うことになりました。

わりとオサレな歯医者さんで見てもらっていたので、こう…音波とかめっちゃかっこいい器具で処置してくれるんだろうなぁ~~~と期待していたら出てきたのは中世の拷問器具と見間違える様なクソデカペンチくん。

しかもなんだか担当の人が初心者っぽい動きで慌ただしくて怪しい、怪しい。

麻酔しますねの言葉もなく歯茎にぶっ刺さった注射器の針に気付くまで2秒、自分の中の何かが諦めを見せた時、麻酔が回り切る前にペンチを口に突っ込んだのだ。『それでは抜きますね~』陽気な声がどこか他人事のようにフワフワと聞こえて…

ブチブチッと身体中に響き渡った瞬間、声とは似ても似つかない様な全く違う”音”がでました。

”激痛”を通り過ぎると痛覚の伝達が追いつかずにまず身体がマシュマロみたいにふわふわ宙に浮くんですね、初めて知りました。

というかなんか『痛かったら右手を挙げてくださいね~』とかの一言もなしに引きちぎろうとするの、完全にサイコパスのソレ。

そこからは残念ながら殆ど記憶が無く、抜いた歯が貰えるみたいなので貰ったら粉々に砕け散ってました。

ちなみにまだこれは上片方の歯なので序章に過ぎません。

次回、『下の歯は埋没しているので歯茎にメスを入れましょうね』

 

銀河の歴史がまた1ページ。

▼ ほどよくテクってる 関連記事