14歳からの哲学

開発課

哲学というジャンルを全くの無知な状態で、ただ興味本位で読んでみた本です。

 

本のタイトルで誤解をしがちなのですが、

14歳をターゲットにしたわけではなく、多感で考える事が芽生えるのが14歳という事らしいです。
調べてみると他にも「14歳から〜」のタイトルの本はジャンルを問わずで多々出てているのがそれにあたるそうです。

 

難しい文章が苦手な自分でも読めるものでしたので、

考えることが何なのかという事の1つの例としては損はないと思います。

 

さらなる興味が湧くか湧かないかは別物として、

哲学だけではなく全くの無知なジャンルをちょっとした時間で読んでみるという意味でもわりと楽しめました。

▼ あー、これはテクってる 関連記事