戦国面白い話

開発課

■桶狭間の戦いはあったのか
有名な桶狭間の戦いですが、これも実際にあったのか、謎とされています。
桶狭間の戦いは、数千人ほどの織田信長軍が、
二万人の今川義元を奇襲で破ったとされる戦ですが、
記録としては織田家の記録にしかなく、
他の記録に桶狭間の戦いはどこにもないとのことです。
織田家の名を轟かせたというほどの戦だったとしたら、
他の記録にも記述がないとおかしいのです。
もちろん、戦争や火事などで失われた記録もありますが、
現存する記録もありますから、
どこかしらに桶狭間合戦の記述があるはずなのです。
また、今川義元は当時、東海一の弓取りと言われたほどの優秀な大名で、
雨の中で地形を活かした奇襲とは言え、
数千の信長勢に負けるというのは考えにくいのです。
一説に、織田家から降伏に出向いた使者が実は刺客で、
降伏のために今川義元と対面した時に、
暗殺したのではないかというものがあります。
織田家としては良い記録を残したいので、
暗殺であっても戦で勝ったという偽の記録をしてしまい、
その記録を元にした作り話が江戸時代に流行り、
現在多数の資料にその作り話としての歴史が
残っているのではないかということです。
これも真実は分かりませんが、上の仮説が真実だったとしたら、
桶狭間の戦い自体存在していなかったことになり、
歴史の教科書も間違いということになります。

 

▼ 感じるほどテクってる 関連記事