カリンバ

こんにちは!かつたです。

最近暇なときにぼんやりと手を出している楽器があります。

カリンバさんです。

 

kalinba

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフリカがルーツの楽器でムビラとも呼ばれます。

中央の銀色の爪を指で弾いて演奏します。

左右にいくほど音が高くなっていきます。

音色は丸っこい感じのオルゴールのような音です。

音自体オルゴールほどはっきりと澄んでないので、何となく民族楽器ぽさを感じることができます。

 

写真では見えにくいですが、上部にチェーンのようなものがあり、

それを爪の上に乗せながら演奏するといい感じなノイズがのって

より民族楽器感がでます。

本場の手製のモノだと、ノイズ源には貝殻や瓶のキャップなどを使うっぽいです。

 

カリンバとムビラの正確な違いははっきりしませんが、

ムビラの方が爪が大きくいかつくて、丸っこい反響板のようなものを

抱えながら演奏しているイメージがあります。

 

↓はムビラの演奏。

YouTube Preview Image

複数台あつまると音がより綺麗です。

 

気軽に楽しめると思うので興味があったら手に取ってみてください!

それでは。

▼ あー、これはテクってる 関連記事