信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

2020

14

12月

画像認識システムを作ってみた

テクログ

お久しぶりです。

JGです。


夏頃に突然、画像認識システムを作りたいと思い、実際に作ってみました。

画像認識システムは難しい、機械学習なのでPythonで作成するイメージがありました。


しかし、調べたところGoogleのCloud Vision Apiを使えば、

様々な言語(PHP,Python,Ruby)等で、簡単に実現できることがわかりました。

こちらのApiの料金ですが、登録してから3カ月は無料で使えます。


下記のURLの手順を参考に、環境を構築し、サンプルコードを参考にすれば、okです。

https://cloud.google.com/vision/docs/quickstart-client-libraries?hl=ja#client-libraries-install-php


但し、APIの戻り値が英語なので、日本語にするためには

クライアント ライブラリをインストールする際に、下記を追加する必要があります。


composer require google/cloud-vision
composer require google/cloud-translate //これを追加


下記ソースの$file_nameに認識したい画像のファイル名を指定すれば動くはずです。

ちなみに調査から実装完了まで3時間程度でき、画像認識システムが簡単にでき驚きました。

興味がある方は、是非試してみてください。


<?php
  require_once(dirname(__FILE__).'/vendor/autoload.php');

  use Google\Cloud\Vision\V1\ImageAnnotatorClient;
  use Google\Cloud\Translate\TranslateClient;
      
  $image_annotator = new ImageAnnotatorClient();
	
  $file_name = ''; //認識したい画像を指定
	
  $image = file_get_contents($file_name);
	
  $response = $image_annotator->labelDetection($image);
  $labels = $response->getLabelAnnotations();
	
  if ($labels) {
	    echo("認識成功:" . PHP_EOL);
	    $translate = new TranslateClient();
	    foreach ($labels as $label) {
  	       $text =$label->getDescription();
  	
  	        //英語を日本語に変換
  	        $result = $translate->translate($text, [
  	            'target' => 'ja'
  	        ]);
  	        echo ($result['text'] . PHP_EOL);
  	   }
  } else {
  	    echo('認識失敗' . PHP_EOL);
  }


この記事を書いた人

画像:投稿者アイコン

JG

所 属:
WEBインテグレーション事業部
出身地:
神奈川県
仕事内容:
プログラム

RELATED ARTICLE

関連記事

記事一覧へ