信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

2012

3

9月

WindowsにLinux(CentOS)環境を構築する。Telnet接続まで。

テクログ

VMware Playerを用いて、Windows上にLinux(CentOS)環境を構築する手順を紹介します。
この環境は、Linuxのコマンド練習や、実サーバにおける作業手順の事前確認に有効です。
VMware Playerの詳細については、以下を参考にして下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/VMware

尚、ローカルに限定された環境を想定している為、セキュリティについては考慮しません。


(1)
▼VMware Player
http://www.vmware.com/go/downloadplayer/
今回は"VMware-player-5.0.0-812388.exe"(73MB)をDLしました。
DL後、インストールを完了させて下さい。
必要に応じてインストール先の変更やチェックボックスのON/OFFを行なって下さい。



(2)
▼CentOS(VMware Image)
http://www.thoughtpolice.co.uk/vmware/
今回は"32-bit: centos-6.2-i386-server.zip"(697MB)をDLしました。
"web download"をクリックするとSourceForgeからDL出来ます。
DL後、解凍して下さい。
尚、誤操作でOSイメージが破損した場合等の為に、このzipファイルは、残しておいて下さい。



(3)
(1)でインストールしたVMware Playerを起動して下さい。
"仮想マシンを開く" > (2)の"centos-6.2-i386-server.vmx"を選択 > "仮想マシンの再生"
と進んで下さい。
各ダイアログは、内容を読んで進めて下さい。

"Choose a Tool" > "Firewall configuration" > "Run Tool" > スペースキー > "OK" > "Yes"
"Choose a Tool" > "Keyboard configuration" > "Run Tool" > "Japanese" > "OK"
"Choose a Tool" > "Quit"
と進めて下さい。
選択は、カーソルキーとエンターキーで行います。

認証情報入力を促す表示がされたら、以下を入力して下さい。

localhost login: root
password: thoughtpolice

(2)のOSイメージがこのパスワードで初期化されているだけで、標準のパスワードということでは有りません。



(4)
rootのパスワードを変更します。

passwd

設定したいパスワードを2回入力します。



(5)
ユーザの作成(今回は、"admin"というユーザを作成します。)

useradd admin
passwd admin

設定したいパスワードを2回入力します。



(6)
telnetのインストールをします。

yum -y install telnet-server




(7)
/etc/xinetd.d/telnetの編集をします。

vi /etc/xinetd.d/telnet

キーボードの"I"を押して下さい。
disable = yesをdisable = noに変更して下さい。
尚、カーソルキーで移動出来ます。
変更できたら、"Esc"キーを押して下さい。
続けて、":wq"と入力して、Enterキーを押して下さい。

念の為、以下のコマンドで内容が正しいか確認して下さい。

more /etc/xinetd.d/telnet



以下のコマンドを実行して下さい。

/etc/init.d/xinetd start




(8)
好きなターミナルソフトでtelnet接続します。
プロトコルはTelnet、ポートは23として下さい。
接続先IPアドレスは以下のコマンドで確認できます。

ifconfig

以下の"inet addr:"に続くIPアドレスを接続先のIPアドレスとして下さい。


(5)のユーザでログインして下さい。



このOSイメージで、FTP設定、SSH設定、Apache + MySQL + PHPのインストール等、
色々と確認が可能です。

この記事を書いた人

マスオさん

coretech

所 属:
WEBインテグレーション事業部
出身地:
渋谷
仕事内容:
Web制作