信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

2020

31

8月

ゲームのはなし

雑記

お久しぶりです、よっしーです!




前回投稿してから3ヶ月経過しました。ジメジメから解放されたと思ったら...

毎日あつい…自分は暑がりなのでリモートワークには頭が上がりません。

突然ですが、皆さんはお盆休みをどのように過ごされましたか?

コロナのせいで、大半はおうちで過ごされたと思いますが私も同様におうちで過ごしてました。


家ですることは限られてくるので

お盆休みの大半は対馬を駆け回って蒙古を蹴散らしたり、荒廃した世界を旅していました。(全てゲームの話です)


最近では、外出する機会がめっきり減ったので必然的にゲームする時間が増えました。

誰かが「大人になるとゲームしなくなるよ」と言ってましたが、自分には全く当てはまりませんでした。





いやー今年は素晴らしいゲームが豊作なので新作ゲームのトレーラーを見て興奮しています。

Switchで発売予定の「ピクミン3」やPS4で発売予定の「cyber punk2077」など待ち遠しいですね!


今までもいろいろなゲームをプレイしてきましたが、楽しみにしていたゲーム発売日の前日はいつもワクワクしますし

社会人になった今でもゲーム発売日の前日は心躍ります。


そこで今回はこの記事を見ていただいた皆さんにコロナ疲れを打破できるプレイして欲しいゲームをご紹介していこうと思います。

PS4とSwitchからの紹介ですがよかったらご覧ください!


■PS4



・アンチャーテッドシリーズ


〜アクション映画好きなら間違えなくお勧めできる作品!〜

PS3から発売された「アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝」から始まりPS4最新作を合わせると全4作からなるアンチャーテッドシリーズ。

トレジャーハンターの主人公ネイトを操作して様々な秘宝を求め冒険していくアドベンチャーゲームです。ド派手なアクションは映画をプレイしているような気分に浸れます。PS4で全4作をプレイできるので気になる方はぜひ。




・The Last Of Us2


〜「許す」と言うことの意味とは?〜

こちらはPS3から発売された「The Last Of Us」というゲームの続編です。特殊なウイルスが蔓延し荒廃した世界で生きる闇市場の売人、主人公ジョエルを操作していくサバイバルゲームで全世界でも人気のあるゲームです。続編にあたる今作は「復讐」を題材にしておりプレイ後はなんともいえない気分になります。今まで様々なサバイバルゲームをプレイしてきましたが、このゲームは他と一線を画す重厚なストーリーです。ですが、続編にあたる今作のストーリーは賛否両論で思い入れのあるファンであるほど途中でゲームを投げ出す可能性が高いです。私もプレイ後は「シンドラーのリスト」を観た時と同じくらい複雑な気分になりました。気になる方はPS4でリマスター版として発売されている一作目の「The Last Of Us」をプレイしてみてください。かなりオススメです!!




・Fallout4


〜100時間プレイしても飽きないボリューム〜

核戦争後を舞台にしたこのゲームは核シェルターの唯一の生き残りのとして広大なマップを旅するオープンワールドゲームです。主となるストーリーがあるものの面白い登場人物、ヘンテコ武器、自分の基地を建設などやり始めたらキリがなく「時間泥棒」の異名を持つゲームです。ゲーム内で聴くことのできるラジオや音楽は非常に洒落ていて飽きのこないものとなっています。現在、拡張パックを同梱したコンプリート版が発売されています。現代に飽き飽きしてきた世紀末好きのあなたはぜひ!




・SEKIRO:SHADOW DIE TWICE


〜ライトユーザー完全無視〜

難易度が高すぎて何度もプレイしていくいわゆる「死にゲー」で有名なこちら。とにかく、ムズカシイ…これまで「死にゲー」で有名な「DARK SOUL」や「Blood borne」をクリアして「死にゲー」耐性があったのですが初めてクリアせず放置しようと思ったほどです。戦国時代末期を生きる主人公である忍の「狼」を操作して主のため復讐を果たす物語で、「狼」は様々な忍具を使って敵を倒していきます。

序盤に出てくる雑魚でも十分に強いのに中盤に出てくるボスはプレイヤーの心を完膚なきまでに打ちのめしてきます。様々なゲームをプレイしてゲームに飽きてきた人にオススメです。




・BIOHAZARD7


〜ホラーに極振り〜

サバイバルホラーゲームの金字塔、映画も人気なバイオハザードの第7弾です。PS3で発売されていたバイオハザード4,5,6ではサバイバルアクション色が強くコアなファンから批判的な声があったバイオシリーズをホラー要素を大量に盛り込んで発売したのが今作の「7」。不気味さと気色悪さは天下一品です。今作で初めてFPS(一人称視点)を導入しドキドキ感や臨場感をさらに楽しめるようになりました。個人的にバイオファンの私は年末発売のPS5から発売される続編「BIOHAZARD Villege」も楽しみで今夏に発表されたトレーラーを見てすでに興奮しています。少し脱線しましたが、今作は今までの作品をプレイしていなくても楽しめるのでホラー好きにオススメです。





■Switch



・Cuphead


〜レトロアニメーションにそぐわない高難易度〜

ティーカップ頭の少年カップヘッドが主人公の2Dアクションシューティングゲーム。BGMにJAZZを使用し某人気キャラクターアニメーションの雰囲気を施した本作は主人公がカジノで大損しオーナーのデビルのツケを返済するため債務者とバトルします。主にバトルはボス戦が主軸なんですが、ボスの多彩な攻撃やHPの多さに対して主人公は3回ダメージをうけるとGAME OVERの高難易度、いわゆる「死にゲー」となっています。私は本作自体ももちろん好きですが、特にBGMが大好きで良く聴いています。こちらソフト化されておらずダウンロード版のみなので注意が必要です。ちなみに2020年7月29日からPS4でもプレイできるのでどちらかお好きなハードでプレイしてみてください!






今回、6作品を紹介しましたが気になるゲームはあったでしょうか?

今度はレトロハードのオススメゲームをご紹介できればと思います。(SwitchからMotherとドンキーコング64出してくれー)


では、また!!

この記事を書いた人

画像:投稿者アイコン

よっしー

所 属:
WEBインテグレーション事業部
出身地:
神奈川県海老名市
仕事内容:
Webサイトの保守作業

RELATED ARTICLE

関連記事

記事一覧へ