信頼はずっと、挑戦はもっと。

お問い合わせ
TEL:03-3496-3888

BLOG コアテックの社員ブログ (毎週月曜~金曜更新中)

2020

15

7月

歌姫伝説

雑記

コロナ感染者数がどうとか、毎日雨だったりとかぱっとしないですね。

気の持ちようだ、とも言えますがなかなか難しいですよね。


そんな時は好きな音楽に包まれて現実逃避をする麦酒です、こんばんは。


歌手、ミュージシャン、アーティスト…呼び方はいろいろありますが、

誰にでも好きな歌い手さんは何人かいると思います。


では、あなたにとっての「歌姫」は誰ですか?


急に本題ですが、今私は「中森明菜」(敬称略)の一択です。


私は彼女の全盛期をリアルタイムで見ていましたし、

CDも数枚持ってますのでそもそも好きではありました。


当時の映像をYouTubeで見ることができるって、本当に素晴らしいです。

この自粛期間中にあらためて見て、鳥肌が立つほどの衝撃、感動でした。


何がって、

・CDより生歌の方が上手かもしれない圧倒的な歌唱力

・当時は生意気で不愛想な印象(で売っていた)だったが、

 実はとても楽しそうに歌う純粋さ

・10代とは思えない艶やかな表情、特に流し目

・存在感、オーラ


もう、全てにおいて次元が違います。


「中森明菜って誰?」とか、「知ってるけど曲は知らない」と言っている皆さん。


ハッキリ言います。騙されたと思ってYouTube見てください。


少しでも興味を持っていただいたあなたに、

名曲はたくさんありますが個人的に絶対に外せない4曲をご紹介します。


■禁区  1983年

それはちょーっとでーきないー相談ねー


18歳にしてこの目力。


■北ウイング  1984年

少し不安よ…       


19歳にしてこの憂い。


■サザン・ウインド   1984年

いたずらぎみに一瞬ウインクをー


こんなに笑顔で歌っていたなんて…



そしてそして、極めつきのこちら

■十戒(1984)   1984年

何も一人きりじゃできないー


19歳にしてこの流し目…刮目せよ!



これ以上の説明は野暮ってものでしょう。

ぜひ見ていただきたいです。


またまた余韻に浸っている麦酒です。

それでは!




この記事を書いた人

画像:投稿者アイコン

麦酒

所 属:
総務課
出身地:
山梨
仕事内容:
総務全般

RELATED ARTICLE

関連記事

記事一覧へ